GooglePlayカード換金

GooglePlayカードのベストな換金方法 最大95%の換金率で即日現金化できるお店 GooglePlay買取サイト

更新日:

GooglePlayカードの換金方法

この記事の目次

GooglePlayカード現金化 5つの換金方法と圧倒的な換金率を実現してくれるGooglePlay買取サイト

GooglePlayカードを現金に換金するはどうすれば良いのでしょうか?

Android携帯を使用している方々にはおなじみのGooglePlayカード。

万が一不要なGooglePlayカードをお持ちの場合、Amazonギフト券やiTunesギフトカードと同じように、高い換金率で現金化する事が出来ます。

Googleplayカードは、プリペイドカードタイプの電子マネーですが、使い道が限定されることから換金したいとお考えになるケースもあります。

Googleplayカードを間違えて購入してしまったり、チャージした残高に対して、購入先や運営元で返金対応はしてくれません。

Googleplayカードを換金して現金に戻したいとお考えの方はぜひ参考してください。

Googleplayカードの換金方法を1つづつご紹介して生きますので全て知りたいという方はどんどん読み進めていただき、ご自身の理想的な換金方法を見つけて下さい。まずはおすすめの換金方法からご紹介していきます。
解説

GooglePlayギフトカード 現金化 おすすめの5つの換金方法

Googleplayカードについて
GooglePlayギフトカードを現金化するなら換金方法は5つあります。

GooglePlayカードの換金方法
  1. GooglePlay買取サイトで現金化
  2. 売買サイトを利用して換金
  3. お知り合いの方に譲る
  4. 金券ショップで買取してもらう
  5. オークションサイトで現金化

それぞれの換金方法にメリット・デメリットがありますのでそれぞれの方法を詳しくご紹介します。

GooglePlay買取サイトなら圧倒的な換金率で現金化

ご紹介する5つの方法の中で特にお勧めしたいのが、Googleplayカードなどの電子マネーを専門に取り扱うGooglePlay買取サイトで換金する方法です。

結論から先に申し上げますが『GooglePlayカードをいちばん高い換金率で現金化するなら買取サイト』を利用して現金化してください。

手間をかけずに高い換金率で現金化を希望されるなら、ご紹介するGooglePlay買取サイトを利用して換金すれば、高い換金率での買取が実現します。

初めてギフトカードを換金する方や不安を感じている方は、GooglePlay買取サイトを利用することがおすすめです。

GooglePlay買取サイトと呼ばれている「古物商」の許可を受けた買取業者は、Google Play カードやiTunesギフトカード、Amazonギフト券などのギフトカードの高額買取に特化したネット上で営業する買取業者です。

こんな時は買取サイト
  • 高い買取率で換金したい
  • 即日現金化したい

GooglePlay買取サイトは、たくさんの業者が営業しており、来店不要で『いつでもどこからでも申込することが可能』です。

ネット上の多くのGooglePlay買取サイトでは、Amazonギフト券の買取のみ対応しているところが多いのですが、高い換金率でGoogle Play カードを買取してくれる買取業者も存在しています。

まずは『ベストな換金方法』GooglePlay買取サイト人気店のご紹介です。

買取マンボウ

買取マンボウ

買取マンボウ 店舗情報

換金率 最大98%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業
振込スピード 60分
振込手数料 振込手数料0円(買取マンボウが負担)
備考 古物商許可番号:東京都公安委員会 第308841707262号

買取マンボウ 換金率一覧

ギフトカード 初回 2回目以降
Amazonギフト券 最大95% 75%〜
iTunesカード 最大95% 80%〜
Googleplayカード 最大95% 80%〜
Nintendoプリペイド 最大92% 75%〜
プレイステーションストアカード 最大92% 75%〜
楽天ギフトカード 最大95% 85%〜
nanacoギフトカード 最大95% 85%〜
WebMoneyギフトカード 最大93% 77%〜
Lineプリペイドカード 最大88% 70%〜
※換金率は日々変動しています詳しくは買取サイトのHPをご覧ください

買取マンボウの店舗レビューはこちら


買取ヤイバ

ギフト券買取ヤイバ

買取ヤイバ 店舗情報

換金率 最大95%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業
振込スピード 最短15分
振込手数料 無料(買取ヤイバ負担)
備考 古物商許可番号:大阪府公安委員会 第621150153419号

買取ヤイバ 換金率一覧

ギフトカード 初回 2回目以降
Amazonギフト券 最大95% 87%〜
iTunesカード 最大93% 80%〜
Googleplayカード 最大92% 80%〜
楽天ギフトカード 最大92% 87%〜
nanacoギフト 最大95% 90%〜
WebMoneyギフト 最大85% 77%〜
プレイステーションカード 最大80% 70%〜
ニンテンドープリペイド 最大88% 76%〜
ビットキャッシュ 最大85% 75%〜
Apple(アップル) 最大85% 75%〜
mobage(モバゲー) 最大85% 75%〜
LINE(ライン) 最大80% 73%〜
hulu 最大85% 75%〜
DMM.com 最大80% 73%〜
NETFLIX 最大75% 68%〜
JCBプレモ 最大92% 88%〜
※換金率は日々変動しています詳しくはHPをご覧ください

買取ヤイバの店舗レビューはこちら

ギフトグレース

ギフトグレース GooglePlayカード買取

ギフトグレース 店舗情報

換金率 最大95%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業(定休:日曜日0時〜月曜日8時)
振込スピード 特急プラン:30分~60分
通常プラン:2時間から5時間
翌日プラン:翌日
振込手数料 総額1万円以上の利用は振込手数料0円(ギフトグレースが負担) 総額9,999円以下の場合、振込手数料は一律216円
備考 古物商許可番号:東京都公安委員会 第304361307130号

ギフトグレース 換金率一覧

ギフトカード 初回 2回目以降
Amazonギフト券 最大95% 75%〜
iTunesカード 最大95% 80%〜
Googleplayカード 最大95% 80%〜
楽天ギフトカード 最大95% 85%〜
nanacoギフト 最大95% 85%〜
WebMoneyギフト 最大90% 75%〜
JCBプレモカード 最大95% 80%〜
※換金率は日々変動しています詳しくはHPをご覧ください

ギフトグレースの店舗レビューはこちら


GooglePlay買取サイトで換金するメリット

ギフトカードの売買サイトやオークションサイトと比べてGooglePlay買取サイトの利用には、多くのメリットがあります。

買取サイトのメリット
  • 買取の速さ
  • 安心と安全性
  • 換金率の高さ
  • 申込の簡単さ
  • 誰でも利用可能

しかしGoogleplayギフトカードの換金をする際に、買取店選びを間違ってはいけません。

優良店と呼ばれるGooglePlay買取サイトを選ばないと、約束していた金額と違う金額が振り込まれたり、振込手数料が意外と高かったりする業者も存在します。

ここからは優良店と呼ばれているGooglePlay買取サイトを利用するメリットをさらに具体的にご紹介していきます。

GooglePlay買取サイトなら1時間で現金化が実現

オークションサイトなどでは出品してから落札、入金までと実際に換金されるまでに少し時間がかかります。

GooglePlay買取サイトであれば、好きな時間に好きな場所からスマホやタブレットを通じて必要事項を入力して申込をするだけで簡単に現金化が可能です。

その後ギフトコードをメールで送信したらあとは入金を待つだけです。

ネットバンクの口座をお持ちであれば入金はいつでも確認することが出来ます。早くて1時間前後で現金の確認が出来るでしょう。

GooglePlay買取サイトは安心の古物商許可取得店

オークションや売買サイトで出品された電子ギフト券は、一般の方が購入しています。

個人間で売買をすると、不正ギフトカードの出品といったリスクもあり購入者が損害を被るような場合もあります。

落札者から「購入したギフトカードが使えなかった」とクレームをつけられ「返金を求められる」また、評価を下げられたり、マイナスの評価を書き込まれる事で「アカウントが凍結される」といったトラブルも過去にはありました。

そうなれば、時間のロスなどの「損害」は計り知れません。

GooglePlay買取サイトの人気店であれば、しっかりとした運営ポリシーの元、スムーズに換金してくれます。

GooglePlay買取サイトなら高い買取率で手数料も無料

人気のGooglePlay買取サイトでは手数料が無料である事がほとんどです。

GooglePlay買取サイトによっては「10,000円未満の額面だと手数料が発生」する事もあります。

もちろん、全ての手数料を無料にしている買取店舗もあります。

Googleplay買取サイト以外の換金方法では、手数料が発生します。

売買サイトやオークションサイトでは、落札された金額から手数料が『2%〜10%』の間で発生します。

Googleplay買取サイトの優良店では、10000円以上のギフトカードの換金の場合は「手数料無料」が多いので、額面に換金率をかけた金額が実際に手にすることの出来る「買取金額」となります。

そのため、他の換金方法より高い買取率でGoogle Play カードを現金化することが出来るのです。

GooglePlay買取サイトなら申込方法もとても簡単

続いてのメリットは、GooglePlay買取サイトで換金手続きをする際の手軽さです。

金券ショップで換金してもらう場合は、まず買取業者を探し、そのお店が『Googleplayカードの買取をしてくれるかどうかを確認』する必要があります。

電話での問い合わせも可能ですが、電話が得意ではない方は金券ショップのHPを確認することになります。

買取可能な金券や商品券、チケットの数が多いと、Google Play カードの項目を探すまでにかなりの時間がかかります。

Google Play カードを表記してくれていればまだいいですが、取り扱いがないとHP上の商品一覧にない可能性があります。

そうなるとかなり時間をロスしてしまいます。

GooglePlay買取サイトで換金する場合には、サイトの申込フォームに必要事項を記入るすだけなので「いつでもどこからでも申込をすることが可能」です。

パソコンやスマホ、タブレットを普段からお使いの方であれば、5分くらいで入力は終わります。

その後、GooglePlay買取サイトより連絡が入りますので申込内容を確認し、あとは振込を待つだけです。

GooglePlay買取サイトは誰でも利用することが出来ます

GooglePlay買取サイトは20才以上の方であればだれでも利用することが出来ます。

とうぜん審査もありませんから、すぐに利用することが出来ます。

GooglePlay買取サイトを利用するメリットはご理解頂けたでしょうか?

あらためて高い換金率で買取してくれるGoogleplay買取サイト人気店をご紹介します。

ぜひ参考にして下さい。

GooglePlay買取サイトの利用手順

利用したいGooglePlay買取サイトを見つけたら、いよいよ現金化の手続きです。

ここからは、GooglePlay買取サイトの申込方法や手順についてご紹介します。

STEP
買取サイトのHPへ
ご紹介した買取サイトのホームページから申し込みします
STEP
必要事項の入力
買取サイトによって異なりますが簡単な個人情報の入力が必要になります。買取サイトの申込フォームに記載する内容は以下の通りです。

  • 名前
  • 連絡先
  • Eメールアドレス
  • 買取希望総額
  • 住所
  • 振込先の口座

買取の申込が終わるとGooglePlay買取サイトより電話かメールで申込を受付したという内容の連絡が入ります。

申込内容の確認の後はGoogle Play カードのギフトコードを送信します。

初めての方は、気になることがあれば事前に確認をして下さい。

STEP
入金確認
申込内容の確認が終わりGoogle Play コードを送信したら手続きは全て終了です。

あとは指定した口座に入金されるのを待つだけです。

最近のGooglePlay買取サイトでは、換金後の振込に即日対応している店舗がほとんどです。

GooglePlay買取サイトによっては即日と翌日以降の振込で換金率が違う場合もありますので確認が必要です。※振込先に指定する口座は、できる限り「ネットバンクの利用」がおすすめです。

※初回の利用時には必ず身分証の提示を求められます。運転免許証や保険証、住民票などが必要となりますので事前に準備して下さい

注意事項
※万が一ギフトコードを送ってしまうとキャンセルは原則、出来ません。心配な方は、申込内容はギフトコードを送る前に確認してください。買取サイトでは、申し込みの段階でギフトコードを送るようになっている買取サイトもありますので注意して下さい。
解説

GooglePlay買取サイトで換金する場合の特徴 まとめ

GooglePlay買取サイトで現金化する際の特徴は、以下のようになります。

Googleplay買取サイトの特徴まとめ
  • 手続きが簡単で即日入金が可能
  • 高換金率で買取をしてくれる
  • 申込が簡単で安心で安全な取引が出来る

Google Play カードの換金は「GooglePlay買取サイト」がお勧めです。

GooglePlayギフトカードを高い換金率で現金化する買取業者ランキング
GooglePlayギフトカード買取サイト 優良店 徹底比較! 換金率90%を目指せるお店

GooglePlayカード現金化 売買サイトで換金

売買サイトで現金化
Amazonギフト券やGoogle Play カードや様々なギフトカードを売買できる仲介サイトをご存知でしょうか?

Google Play カードやAmazonギフト券、iTunes ギフトカードなどを買いたい人、売りたい人を繋ぐ役目を果たしている「売買サイト」と呼ばれるサイトです。

先ほどもご紹介しましたがメルカリやフリルといったようなフリマサイトをイメージして頂くとわかりやすいと思います。

売買サイトもやはり出品金額はご自身で設定して頂く事が出来ます。基本的な流れはオークションサイトと同様ですが、やはり落札されるまでに少し時間がかかってしまいます。

出品相場は額面の80%〜85%

Google Play カードの出品相場ですが現在は額面の80%〜85%くらいが多いようです。

売れるかどうかということに関しては設定した出品額次第です。

また利用時にはシステム利用料がかかります。利用するサイトによって手数料は差異がありますので注意してください。

出品手数料として2%程度、出金手数料として300円前後が最低かかる手数料だと認識しておくと良いでしょう。

売買サイトでの換金額を算出

Google Play カードを売買サイトで実際に出品した場合、どのくらいの金額で換金できるのか?試算しました。

Google Play カードの現金化の相場は大体85%前後です。実際のサイトでもこの価格帯の出品が多くやりとりされています。

今回の試算ではそれぞれ85%で、5,000円、10,000円、50,000円のGoogle Play カードを出品した場合の換金額を計算しています。

5,000円のGoogle Play カードを85%で出品した場合
5,000円×85%−85円(出品手数料2%)−300円(出金手数料)=3,865円(実質換金率77%)

10,000円のGoogle Play カードを85%で出品した場合
10,000円×85%−170円(出品手数料2%)−300円(出金手数料)=8,030円(実質換金率80.3%)

50000円のGoogle Play カードを85%で出品した場合
50000円×85%−850円(出品手数料2%)−300円(出品手数料)=41,350円(実質換金率82.7%)

優良な売買サイトで手にすることの出来る現金は大体77%〜80%前後です。

額面が50,000円以下のGoogle Play カードであれば買取率や申込の手間や時間などを考えるとこれからご紹介するGooglePlay買取サイトの方がおすすめです。

GooglePlayカードが換金できる おすすめ売買サイト

売買サイトではGooglePlayカード以外に多くの種類のギフトカードを取り扱っています。

1番取引が多いのはAmazonギフト券です。その次がiTunesギフトカードとGoogle Play カードとなります。

売買サイトでは出品者が自由に売値を決定できます。そのため金額をいくらに設定するのかが重要なポイントとなります。

売買サイトの最大のメリットは金額によってはGoogle Play カードを非常に高く換金できる可能性があるということです。

ただデメリット、手数料が高額な事と、時間と手間がかかってしまうというデメリットがあります。

少額なギフトカードだと手数料が換金率に大きく影響しますので目安としては50,000円以上のギフトカードを現金化するなら売買サイトを利用するのも良いかもしれません。

売買サイトで換金した場合の特徴 まとめ

売買サイトで現金化する際の特徴は以下になります。

売買サイト特徴まとめ
  • 出品に手間がかかる
  • 落札され入金までに数日かかる
  • 実際の換金率は80%程度が多い

Google Play カードの額面が大きい場合は、売買サイトで出品すると高い換金率での現金化が実現できるかもしれません。

売買サイトで不正に取得したギフト券が出回っています

ニュース等で話題になりましたが、不正に取得した電子ギフト券が、売買サイト(仲介サイト)を通じて出回り、特殊詐欺グループが現金化に利用しているとのことです。

電子ギフト券発行元は、不正に取得した電子ギフト券の無効化を積極的におこなっていて、売買サイトで購入したのに使えなくなったというトラブルが起きています。

売買サイトは大手の信用できるところを利用しないと、せっかく購入したのに使えないということも考えられます。

利用の際は十分に注意してください。

GooglePlayカード現金化 知人に転売

3つ目の換金方法は友人、知人にGoogle Play カードを売るという方法です。

この換金方法は、条件に合いさえすれば手軽に換金できる方法です。

必要としている友人がいたら等価、すなわち換金率100%を実現することも可能かもしれません。

しかし、お金のやり取りを友人同士でおこなうとろくなことにはなりません。

あまりお勧めできる方法ではありませんが、喜んでくれる友人がいればお互いにとってメリットがあります。

Googleplayカード現金化 金券ショップで換金する

金券ショップで換金
金券ショップでは、Googleplayカードの買取はしてくれるのでしょうか?

金券ショップでは下記のような商品券を換金してくれます。

買取可能なもの

  • 新幹線のチケット航空券
  • 商品券
  • 株主優待券
  • 遊園地のチケット
  • お食事券
  • 映画の鑑賞チケット
  • ホテルの宿泊優待券
  • お笑いライブのチケット
  • スポーツ観戦チケット
  • 音楽ライブのチケット

電子マネーであるGooglePlayギフトカードやAmazonギフト券、iTunesギフトカードは、ごくわずかなお店でしか取り扱いはしていないのですが、金券ショップで現金化することが出来ます。

しかし、換金率はあまりよくありません。

買取相場は「70%前後」まで行けばいい方だと思います。

さらには「購入時のレシートが必要」だったりと換金するにはいくつかの制約もあります。

なぜ、GooglePlayギフトカードなどのギフトカードは取り扱い出来ないお店が多いのでしょうか?

金券ショップがGoogleplayギフトカードの買取を行わない理由

Google Play カードなどのプリペイドカードは、カードの裏面にあるギフトコードをアカウントに登録することで使えるようになります。

そしてこのギフトコードが使えるかどうかは、実際に登録する段階まではわかりません。

そのため、金券ショップなどでは使用済みのGoogle Play カードを買取してしまわないようにGoogle Play カードなどのギフトカードの取り扱いは控えているのです。

コンビニエンスストアや家電量販店で陳列されているギフトカードは、そのままでは使えません。

「アクティベイト」という処理を行う事で初めてギフトコードが有効化されて使えるようになるのです。

お店で陳列する際に商品がないと販売しづらいので、カード式にして販売しているのですが、ギフトカードは通常の商品でいうパッケージに過ぎません。

そのため、そのギフトカードが盗難品の場合、金券ショップでは判別は難しいのです。

以上の理由から残念ながら、ギフトカードを扱っている金券ショップはほとんどないので、探す手間などを考えてもあまりお勧めの現金化の方法とは言えないでしょう。

しかしメリットも当然あります。

やはり実店舗の買取業者ですと顔が見えますし安心感はありますね。

2019年2月2日 追記
近年、金券ショップと並んで買取してほしい商品を郵送で買取業者に送り、その商品の査定金額を振込してくれる郵送型の買取業者も増加しています。しかし、国民生活センターには、相場の査定よりも安く見積もられたり、買取をキャンセルすると返却送料と称して、多額のキャンセル料を請求する被害が後を絶ちません。十分に注意して下さい。

金券ショップで換金する場合の特徴 まとめ

金券ショップなどの実店舗で現金化する際の特徴は以下になります。

金券ショップの特徴まとめ
  • 換金率が70%前後と低くなる
  • 店舗を探すのに手間がかかる
  • 顔をみて取引できるので安心

金券ショップを使うと、換金率が低いといったデメリットの他にも買取してくれる金券ショップを探すのに苦労するかもしれません。

しかし、対面での取引なので安心感があります。

Google Playカード現金化 オークションサイトで換金

オークションサイトで現金化
続いてはオークションサイトに出品して現金化する方法です。

まずはヤフーオークション(以下ヤフオク)を例にとって進めていきます

ヤフオクでもGoogle Play カードは他の電子ギフト券と同様にたくさん出品されています。

実際の出品額を見ると額面の85%〜100%くらいが多いようです。ここ最近の落札金額を調べてみました。

ネットオークション ヤフオク!の相場

オークションサイトでの落札価格を調べてみました!

ヤフオクの落札相場

  • GooglePlayカード10,000円落札価格
    8,500円〜10,000円
  • GooglePlayカード5,000円落札価格
    4,100円〜5,000円
  • GooglePlayカード3,000円落札価格
    2,400円〜3,000円
  • GooglePlayカード1,000円落札価格
    850円 〜900円

出品された金額の通りに落札されればかなり高い換金率と言えますね。

ヤフオクなどのオークションサイトは、出品の手間や落札者が出るまで時間かかる事から、すぐには現金化することは出来ません。

また、多くの場合はシステム利用料や出品手数料といった費用が平均8~15%もかかるため、実際に落札者が決まりスムーズに取引が出来たとしても、落札金額がそのまま入金されるわけではないことを覚えておいてください。

オークションサイトですでに出品経験がある方は、それほど大変な作業ではないかもしれません。

また、出品金額を高く設定する事で手数料を引いても十分な換金率になることもあります。

よほどの事がない限りは落札者と連絡が取れなくなる事もないのでオークションが好きな方であれば良いかもしれません。

デメリットについては落札したGoogle Play カードが使えない、使い方が分からないなど落札者の理解度が低かったりすると無駄なトラブルにになりかねません。

特に電子マネーのような類は使い方に慣れている人でないと不要な手間がかかる可能性もあります。

オークションで換金する場合の特徴 まとめ

オークションサイトで現金化した場合の特徴は以下になります。

オークションサイトの特徴まとめ
  • 出品に手間がかかる
  • 落札され入金まで数日かかる
  • 実際の換金率は80%前後となる

オークションサイトで換金する場合は、手数料に注意が必要です。

その他のオークションサイトのご紹介

メルカリ

メルカリは会員費が無料、出品時の手数料も無料で落札された時に10%の費用がかかります。

最大の問題はメルカリでは、ギフトカードなどの換金性の高い商品の出品を禁止しています。

メルカリのHPはこちら

フリル

フリルも登録料や月額使用料はかかりません。

落札られた時に手数料の3.5%が発生します。

また、振込手数料として1件210円が掛かります。

こちらのサイトも原則、ギフトカードの転売は認めていません。

フリルのHPはこちら

モバオク

モバオクでは月額324円の会員費が発生するだけでそれ以外の手数料は発生しません。

一見お得かな?とお考えになるかもしれませんが、モバオクは利用者数が若者が中心のためトラブルが多い傾向にあります。

決済などはモバオクが仲介していますが、モバオク自体に電話サポートがないため、金券などの販売の時には注意が必要です。

なにかトラブルになった時の対応は全て自身で行う必要があります。

モバオクのHPはこちら

オークションサイトを利用する注意点

オークションサイトを利用する際は、サイトの知名度も理解しておく必要があります。

利用するオークションサイトに利用者が少なければ当然ですが、落札者はなかなか現れません。

また、手数料が安いサイトもありますのでいくつかのオークションサイトを比較検討してみるのも良いでしょう。

GooglePlayギフトカードを安く手に入れる方法

ここまではGoogle Play カードの換金の方法について解説してきました。

今回は安く購入する方法をご紹介していきます。

Google Play カードを安く購入したいのであればギフトカードの売買サイトを使うことをおすすめします。

売買サイトではいくつかの注意点があります。

それは換金する時と同じように売買サイトの選定です。

売買サイトでは出品されている金額にそれほどの差はありません。

タイミングが合えば、どこのサイトでも定価よりも安く落札することが出来ます。

注意したいのは『購入したGoogle Play ギカードが使用出来るか』ということです。

売買サイトでは稀にすでに登録済みのギフトカードが出品されている可能性があります。

Google Play ギフトカードの出品数は調べたところ、アマテンがもっとも多いです。

アマテンがもっとも購入しやすい売買サイトだと思います。

購入して30分以内なら使えなかった場合のエラー報告をおこなえば支払いの必要はありません。

しかし、30分を超えてしまうと返金してもらえなくなりますので注意が必要です。

アマテンではギフトカードが使えなかった場合の保証はしていないので注意してください。

このような事情から購入は、ベテルギフトかギフティッシュがお勧めです。

どちらの売買サイトも運営元の会社がAmazonギフト券 買取サイトを運営しています。

そのため不正カードのチェック体制は他のサイトと比べると行き届いています。

特にベテルギフトはギフティッシュと比べて手数料も安いですし不正ギフトの出品件数も公表しています。

万が一不正ギフトカードを購入してしまった場合でも30日以内であれば返金保証もしているので安心ですね。

Google Play ギフトカードに限らず、Amazonギフト券やiTunes ギフトカードなど様々なギフトカードも同様に安く安全に購入できます。

キャリア決済現金化 スマホでGoogleplayコードを購入

AUの携帯電話をお持ちの方は、携帯キャリア決済を利用すれば、購入したギフトカードを換金することも出来ます。

『どうしても現金が必要な場合』や、お給料日までのつなぎにこれからご紹介する方法を覚えておくと良いかもしれません。

これからGooglePlayコードを購入して現金化を目指される方は、購入方法を参考にして頂き、買取サイト優良店の「ギフトグレース」または「買取マンボウ」で買取してもらう事をおすすめします。

GooglePlayコードをキャリア決済を利用して購入する際はAUの携帯電話をお持ちの方でないと出来ません。

その他のキャリアの場合は、直接アカウントにチャージする購入方法しか選ぶ事が出来ません。

未登録のGooglePlayコードを購入出来なければ、換金することは出来ません。

GooglePlayコードをキャリア決済で購入する方法

それでは携帯電話のキャリア決済を使ってGoogle Play ギフトカードを購入する手順をご紹介します。

購入手順

  1. auのOnline Shopにアクセス
  2. デジタルコード→GooglePlayコード
  3. GooglePlayコードの金額を選択
  4. 支払方法を確認
  5. GooglePlayコードの金額を確認
  6. 注文終了:ギフトコードが発行される

上記の手順でギフトコードの購入は完了です。

GooglePlayコードは、ご自身のアカウントにギフトコードを入力して登録してしまうと換金は出来なくなりますので注意して下さい。

auのOnline Shopで購入できるGooglePlayコードの金額は以下の通りです。

購入できる金額

  • 500円
  • 1,500円
  • 2,000円
  • 3,000円
  • 5,000円
  • 10,000円
  • 15,000円
  • 20,000円
  • バリアブル(500円〜50,000円)

のいずれかになっています。

バリアブルとはご自身で好きな額面の金額を購入できるサービスですがもし現金化をお考えの場合はなるべくキリのいい数字で購入してください。

(例:21,500円 22,500円 23,000円はNG 10,000円 20,000円 30,000円などキリのいい数字が理想)

支払い方法はもちろん『auかんたん決済』です。

確認画面をみて注文を完了させればその場でGooglePlayコードが発行されます。

購入した際にGooglePlayコードのギフトコードが表示されますが、アカウントにチャージだけは絶対にしないようにしてくだい。

ギフトコードは大切な番号ですので、画面をスクリーンショットなどでコピーして下さい。

また、GooglePlayコードには有効期限はないので好きな時に換金が可能です。

以前、1度販売中止をしていた時期があったようですが、今は購入可能です。いつ販売が中止されるかわかりませんので、もし購入を検討されている方がいらっしゃれば早めにご購入することをお勧めします。

Auの後払いサービス auかんたん決済の限度額

Auの提供している月々のケータイ料金と合算して支払える後払いサービスのことを「auかんたん決済」と言います。

このサービスの限度額は、年齢以外にも「過去の支払実績」によっても限度額が設定されます。

年齢 利用できる限度額
12歳以下の方 10,000円(月額)
13歳〜17歳の方 30,000円(月額)
18歳〜19歳の方 20,000円(月額)
20歳以上のの方 100,000円(月額)

※20歳以上の方が利用出来る10万円までの限度額ですが、「過去の支払状況」「料金の支払方法」によって決められています。

docomoのキャリア決済 docomo払いでもGoogle Playカードの購入が再開されました

最近までGoogle Playカードは。docomoが提供しているキャリア決済『ドコモ払い』では販売を中止していました。

docomoのオンラインショップでGoogle Playカードが購入できなかったからです。

しかし、2019年8月28日よりdocomoのオンラインショップで再びGoogle Playカードが購入できるようになりました。

キャリア決済の『ドコモ払い』も利用できるようになったので、キャリア決済を利用される方には朗報です。

Docomoの後払いサービス ドコモ払いの限度額

NTTドコモの提供している月々のケータイ料金と合算して支払える後払いサービスのことを、「ドコモ払い」と言います。

限度額は契約年数等で変わります。

契約期間 利用できる限度額
1〜3ヶ月 10,000円(月額)
4〜24ヶ月 30,000円(月額)
25ヶ月以上 100,000円(月額)

※19歳以下の方は10,000円(月額)

ご覧の通り契約年数が2年を超えている方は、「月額利用が100,000円まで可能」となります。

支払い方法は「一括払い」のみとなります。

この後払いでの決済は、Dポイントが貯まるのでお得です。

貯まっていくDポイントも、もちろん現金化することも出来ます。

アカウントに登録した Google Playカードの残高は現金化できる?

amazonギフト券の場合、アカウントに残った残高は、ギフト券 買取サイトで現金化してもらったり、Amazonで換金率の高い商品を購入して転売することでお金に換金する事が出来ます。

では、アカウントに残ったGoogle Playカードの残高は現金化する事が出来るのでしょうか?

残念ながら、現在のところアカウントにあるGoogle Playカードの残高は、お金に戻す事が出来ません。

Googleplayを利用する頻度があまりない方は、バリアブルカードで利用したい金額だけ購入するか、少額の額面のGoogle Playカードを利用する方が良いかもしれません。

Google Play カードの購入方法や使い道

Googleplayカードの使い方
Googleplay ギフトカードは、AndroidのOSの開発元であるGoogleが提供するデジタルコンテンツを購入/レンタルする際に使えるプリペイド式のギフトカードです。

Android携帯でGooglePlayを使用している方には便利なギフトカードです。

最近では、コンビニエンスストアや家電量販店でも購入が可能な事から、Amazonギフト券やiTunesギフトカードと同じように高い知名度を誇っています。

デジタルコンテンツが豊富なGooglePlayストア

Google Playストアのデジタルコンテンツは驚くほどたくさんあります。

Androidのスマホ/タブレットには最初からGooglePlayストアのアプリがインストールされているのですぐに「GooglePlayストア」にアクセスする事が出来ます。

もちろんパソコンからGooglePlayストアにアクセスする事も可能です。

Google Play カードを購入できる場所

Google Play カードは、現在、多くの場所で購入が可能となっています。

購入場所

  • コンビニエンスストア
  • 家電量販店
  • ドラッグストア
  • 本屋

ご覧のように全国の小売店で購入が可能です。

またGoolge Playカードはオンラインストアでも購入が可能です。

さらに詳しく購入場所を知りたいという方はGooglePlayの公式ページをご確認下さい。

購入できるGoogle Play カードの額面

Google Play カードを、コンビニエンスストアや大手小売店などで購入するときは、以下6種類の額面が購入可能です。

購入できる金額

  • 1,500円
  • 3,000円
  • 5,000円
  • 10,000円
  • 15,000円

コンビニエンスストアで購入するときは、この額面通りの金額を払えば購入出来ます。消費税はありません。

Google Play カード(バリアブルタイプ)

Google Play カードには、バリアブルタイプという、1,500円〜50,000円の間で好きな金額を選んで購入することが出来るタイプもあります。

すでに購入したいものが決まっている方は、バリアブルタイプを購入するといいかもしれません。

1度自分のアカウントに登録したGoogle Play カードは、お金に換金することは出来ませんので、あまりGooglePlay内で買い物をしない方は、バリアブルカードをお勧めします。

Google Play カードは非課税

Google Play カードは、消費税はかかりません。

Google Play カードを購入して、Googleのアカウントに登録すれば、購入した額面が利用できます。

Google Play カードを キャリア決済 で購入

Google Play カードは「キャリア決済」という翌月の携帯電話の料金とまとめて支払うという決済方法を利用して購入することが出来ます。

Google Play カードは、AUのオンラインストアで購入できます。

「NTTdocomo」と「Softbank」のオンラインストアでは、Google Play コードの販売は行っておらず、直接アカウントにチャージ出来るやり方のみ対応しています。

auのキャリア決済は【auかんたん決済】といいます。

auのオンラインストアでは、以下のギフトコードが講入可能です。

ポイント

  • iTunesコード
  • Googleplayコード
  • ニンテンドープリペイドカード
  • プレイステーションストアコード
  • XBOXプリペイドコード
  • WINDOWSプリペイドコード

2019年8月28日より、docomoのオンラインストアでGoogleplayカードの販売が再開されました。
解説

Google Play カードを利用する方法

今回はGoogle Play カードを換金する方法についての記事ですが、GooglePlayギフトカードを換金してしまうと「額面より低い金額で換金される」ので使ってしまうのも1つの方法です。

せっかくなので、使い道についてもご紹介させていただきたいと思います。

Google Play カードを使いGoogle Playストア内で購入できるものをご紹介します。

Google Playストアで購入できるもの アプリ

Google PlayストアにはAndroidユーザー向けのアプリがたくさん用意されています。

20種類近いカテゴリがあり、そこからさらに「ゲーム」や「親子向け」といったように小分類に分けられ、好みのジャンルのアプリをすぐに見つけられるようになっています。

特にSNSやゲーム、ニュース、ショッピングといった「定番アプリ」は、すぐにインストール出来るようになっています。

お使いのスマートフォン/タブレットにインストールすれば、すぐに利用可能です。

Google Playストアで購入できるもの 映画&テレビ

Google Playストアでは海外映画や国内映画、テレビドラマやアニメなどの「映像コンテンツ」が非常にたくさん用意されています。

ジャンルも細かく分かれており、レンタルビデオ店に行く必要なく「好きな映画」をすぐに視聴することが可能です。

新作から旧作まで、幅広いジャンルの作品を「レンタル/購入」することが出来ます。

最近ではVOD(ビデオオンデマンド)が一般的になっていて、月額制で好きな映画やドラマが見放題というサービスを提供している会社も多いですが、映画を観る頻度がそれほどない方は、ここでレンタル視聴することで十分にニーズを満たせるラインナップとなっています。

再生方式は、「ストリーミング再生」がほとんどなので「Wifi環境が整っている場所での視聴」がお勧めです。

Google Playストアで購入できるもの 書籍&マンガ

様々なジャンルの電子書籍を取り扱っています。大きく分けて3つのジャンル、電子書籍、オーディオブック、マンガとありさらにそこから10種類以上の小分類がそれぞれあります。

ほとんどのコンテンツには「無料サンプル」本屋さんでいうところの立ち読みが出来るようになっています。

気になる作品は少し読んでから購入が可能です。

ご自身のデバイスで利用する際には専用の「GooglePlayブックスアプリ」をインストロールする必要があります。

インストールするとご自身のアカウントと自動で同期するので、購入したコンテンツがすぐに読む事が可能となります。

Sony eReaderやBarnes & Noble Nookなどのデバイスをお使いの方はコンテンツをダウンロードした後にお使いのデバイスに転送する必要があるので下記「Google Playヘルプ」を参照して下さい。

電子書籍リーダーで読む場合の詳細

Google Playストアで購入できるもの 音楽

Google Playストアでは洋楽、邦楽あわせて数千万を超える楽曲が配信されています。

ランキング形式の検索やジャンルごとの検索、ユーザーの購入履歴に沿ってレコメンド表示、TPOに合わせたお勧めの楽曲の紹介など様々な方法で「好みの音楽」を見つける事が可能です。

10年前までは、「タワレコ」や「HMV」といったCD/レコードSHOPに足を運び、スタッフのおすすめやアルバムのジャケットを見て「ジャケ買い」などが当たり前でした。

いまでは、「オンライン配信サービス」が一般的となり、多くの方が利用しています。

気になる音源の音質ですが、ファイル形式はほとんどが圧縮形式を採用しています。

ご自宅やカーステでの再生などリスニング用として購入する分にはまったく問題ありません。

レコードやCDに比べると、オーディオマニアやプロの視点からすると、大音量になればなるほどその違いが出てきますが、一般的に音楽を再生する場所ならば気にする必要はありません。

Google Playストアで購入できるもの ニューススタンド

読売新聞や、毎日新聞、日経、ロイターなどの電子版が視聴可能だったり10種類のカテゴリーから各ジャンルの専門誌が購入出来ます。

お気に入りのニュース提供元を登録しておけば、最新のニュースがお使いのデバイスに届きます。

Google Playストアで購入できるもの 端末

ここではGoogleが販売している「周辺機器」の購入が可能です。

Googleが提供しているだけあってデザイン、機能も申し分ない商品ラインナップとなっています。

ぜひ、チェックしてみてください。

Google Play ギフトカードの使い方をご紹介します

続いてはGoogle Play カードをアカウントに登録する手順をご紹介します。

参考サイト
Googleplayの公式ページはこちら

ここで「注意」です。

  • 1度登録したら換金は出来なくなります
  • 使わなくなって残った残金も換金は出来ません

Google Play カードや他のギフトカードも同様ですが、換金する際には「アカウントに登録していないこと」が条件となります。

Google Play カードは、アカウントに直接チャージするタイプの購入も可能となっています。

これからGoogle Play カードを使って換金・現金化をお考えの方は購入するGoogle Play カードのタイプを間違えないようにして下さい。

Google Play カードのチャージ方法

Google Play カードには裏面に「PINコード(ギフトコード)」が付いています。

このギフトコードをアカウントに入力して利用します。

手順は以下の通りです。

チャージ方法

  1. Googleplayコードを確認
  2. GooglePlayにアクセス
  3. 「コードを利用」をクリック
  4. ギフトコードを入力
    (入力を間違えないよう注意)
  5. 「購入した金額が追加されました」を確認

これで終了です。

GooglePlayストアは一般のお店と変わりませんので、商品(コンテンツ)を購入しなければお金はかかりません。

GooglePlayストア内のコンテンツは有料のものと無料のものがあります。

無料のものだけでも十分に利用価値のあるものも非常に豊富に揃っています。

これからGoogle Play カードを購入する方へ

Google Play カードは、キャリア決済を使って購入する場合やコンビニコンビニエンスストアなどで購入する場合は「キャンペーンを利用する事でお得に購入が可能」です。

携帯電話のオンラインショップやコンビニエンスストアでは、Google Play カードを格安で購入できる様々なキャンペーンを行なっています。

購入金額が割引になったり、ゲームの中のアイテムがもらえたりと、そのキャンペーンの種類は様々です。

詳細はそのコンテンツのHPなどで確認したり、オンラインショップで紹介していたり、コンビニにポスターがあったり、最近ではTwitterやFacebookなどのSNS、またはメルマガなど告知方法は様々です。

少しでも「お得に」Google Play カードを購入して下さい。

Google Play カードで購入したアプリは家族で共有できる

GooglePlayでは購入したアプリや音楽などのコンテンツを家族で共有することが出来ます。

ご家族で別々に購入したものが共有出来るので聴きたい音楽や動画などをいつでもみなさんで楽しむことが出来ます。

使い方はとても簡単です。

ご家族での共有方法

  1. Google Playアプリを起動
  2. アカウント情報をひらく
  3. ファミリーライブラリに登録
  4. 共有したいメンバーを登録

ご家族で一緒にゲームをしたり、それぞれで見たいTVドラマを観たり、たくさんの利用方法があります。

自分では買わないジャンル、レンタルしないというジャンルのものでも、ご家族で共有できれば、たくさんの動画やゲームを楽しむことが出来るので非常に便利ですよね。

電子マネーの種類

電子マネーはいくつかに分類する事が出来ます。

たくさんの電子マネーが登場しているので利用者からすると少し分かりづらい面もあると思いますので、わかりやすくご紹介したいと思います。

贈り物や消費を目的とした電子マネー

これの贈り物や消費を目的とした電子マネーは以下がが該当します。

消費目的の電子マネー

  • Amazonギフト券
  • GooglePlayカード
  • iTunesギフトカード
  • 楽天ポイントギフトカード
  • LINEプリペードカード
  • nanacoギフトカード
  • DMMプリペイドカード
  • プレイステーションストアカード
  • ニンテンドープリペイドカード

さらに細かく分類すると、コード式の電子マネーに分類され使用の目的は「決済の手段」として利用されます。

その他の電子マネーではSUICAやPASMO、WAONも電子マネーとして有名です。

これまでご紹介した全ての電子マネーはプリペイドタイプのギフト券で、利用したい金額だけ購入することで利用することが可能です。

Google Play カードなどの電子ギフト券は、基本的に利用することで意味のあるものとなります。

需要が高まれば、発行元はどんどん発行しますので、仮想通貨のようにその供給量が限定されて希少価値が上がるというようなことはありません。

また、サービスの決済を目的として作られていますので、コンテンツの利用者を増やすために発行元はキャンペーンなどを利用して額面から割引して販売することもあります。

そのような理由から、Google Play カードのような電子マネーは、価値が上がることはありません。

しかし、中国など諸外国では、Google Play カードが割引されて販売されているケースはほとんどありません。(それぞれの国ごとにギフトコードは管理されているので他の国で購入したGoogle Play カードは、日本では使用できません)

しかし、Google Play カードは、Amazonギフト券に比べるとその購入できる商品に限りがあります。

Amazonギフト券はオンラインサイト「Amazon」で使用することが可能な電子マネーです。

Amazonで買物をしたことがある方ならご存知だと思いますが、Amazonで購入できるものは多岐にわたります。

Amazonで買えないものはもうほとんどないといっても過言ではありません。

銃器、アルコール、不動産、ペット、自動車、ガソリン、宝くじ、たばこ、度付き眼鏡、中古衣料はAmazonでは購入出来ませんが、それ以外のものはすべて購入出来ます。

同じ電子マネーでも使用用途よって利用できる人数は限られるので、換金をする際には、Amazonギフト券とGoogle Play ギフトカードとでは買取してもらう換金率には差がでます。

ポストペイ型(後払い)電子マネー

iDやQUICPayが該当します。

クレジットカードと同様に利用金額を後から請求するクレジット決済の1種です。

先ほどご紹介したプリペイド式のものとはタイプが違います。

これまでご紹介した電子マネーの共通点として、買った金額以上にプレミアがついたりする事がありません

投資や資産運用を目的とした電子マネー

投資目的で使われている電子マネーで代表的なのがbitcoin(ビットコイン)で有名な仮想通貨などが当てはまります。

ビットコイン以外はアルトコインや草コインと呼ばれ、イーサリアム、リップル、モナコインなどが有名で、2021年以降では、DOGEコインやビットコインキャッシュも一時値を釣り上げました。

これらの電子マネーは最近では投機目的での購入が多く、価格の高騰、下落を繰り返します。

人気が上がれば高騰し、人気が下がれば下落します。

仮想通貨はFXと呼ばれるトレード方式でのやりとりも盛んで現在では非常に多くの取引所が日本にも開設されています。

その中でもビットコインはいわゆる発行元という概念がありません。

ブロックチェーンという技術を使い、取引の内容がブロックチェーンに記録される仕組みになっています。

そのため、Amazonギフト券やGoogle Play カードなどの電子マネーとは違い限られた経済圏だけでなくどこでも利用する事が出来ます。

そのため通常の電子マネーとは少し趣が異なります。

2021年以降、Googleplayカードの換金率はAmazonギフト券と同じ水準まで上がっています。
解説

【保存版】Google Play カード 換金 | 90%以上の換金率で現金化できる換金方法と即日買取に対応した 厳選 買取サイトをご紹介 まとめ

今回はGoogle Play カードの換金方法をご紹介させていただきました。

Googleplayカードを簡単に高い換金率で現金化するなら以下の2つの換金方法がおすすめです。

  • 買取サイトで換金
  • 売買サイトで現金化

どちらかの換金方法を利用すると高い換金率で換金することが出来るのでおすすめです。

その中でも手続きが簡単で、即日納得の買取率で現金化できる「GooglePlayカード買取サイト」に買取に出す換金方法をハッピーチョイスではお勧めしています。

「GooglePlay買取サイト」を利用するメリットは、ご紹介する3つが特にメリットになっています。

  • 高い換金率
  • 申込が簡単
  • 即日買取が可能

GooglePlay買取サイトには、優良なサイトもあれば、悪質な買取サイトも存在しています。

GooglePlay買取サイトを選ぶために確認したいポイントは以下の通りです。

  1. 運営者情報
  2. HPの換金率の対比
  3. 手数料の有無

これから、Googleplayギフトカードを利用して現金化を考えていらっしゃる方は、携帯キャリアが行なっているキャンペーンを利用すると最大「10%OFF」で購入できるタイミングもあるので活用すると良いでしょう。

今後、Google Play ギフトカードを換金する機会があれば、ぜひ参考にして下さい。

おすすめ電子ギフト券買取サイト優良店 一覧

最後におすすめの電子ギフト券買取サイトを一覧にしました。

是非参考にして下さい。

店舗名 営業時間 おすすめ度
ギフトグレース 24時間営業
買取マンボウ 24時間営業
買取DX 21時迄
どの店舗を利用しても換金率はそれほど変わりませんが、たくさんのキャンペーンを利用してさらにお得にGoogleplayカードを換金してください。
解説

グーグル プレイ カードを利用した詐欺にご注意ください

Googleでは、グーグル プレイ カードを利用した詐欺事件に対して注意喚起を行っています。要約してお伝えしますので、この記事をご覧の方も十分に注意して下さい。

詐欺グループの手口は税金、保釈金、債権回収などの支払いと引き換えにグーグル プレイ カードを要求してきます。

グーグル プレイ カードは、Googleplay内でのコンテンツの購入のみ使用が可能です。

グーグル プレイ カードは基本的に払い戻しを受ける事は出来ません。

このような詐欺に遭わないためにも以下の事は知っておいてください。

  • Googleplayストア以外の支払に使えない
  • 16桁のコードを他人に教えない

詐欺の疑いがある場合にはどうすれば良いのでしょうか?

次のような場合、詐欺のターゲットになっている可能性があります。

Googleplayストア以外での支払いにGoogle Play ギフトカードを利用するように求めらるケース

このようなグーグル プレイ カードの利用は利用規約違反となります。

ギフトカードの裏面のギフトコードを教えるように求められた場合

ギフトコードは基本的には他人に教えるようなことは控えて下さい。

このような場合は、すぐにお近くの警察に届け出るようにしてください。

よくあるケースでは、詐欺グループがターゲットに対して、最寄りの小売店で購入するように要求してきます。

ターゲットがギフトカードを購入すると、カードの裏面にあるギフトコードを教えるか、写真で送るように指示してきます。

ギフトコードを教えてしまうと、ギフトカードをアカウントにチャージされてしまい、詐欺グループがチャージ金額分を自由に利用できるようになってしまいます。

こうなると手遅れで、警察に通報している間に全額使われてしまいます。

十分に注意してください。

詳しくはこちらをご覧ください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッピーチョイス編集局

ハッピーチョイス編集局では暮らしに役立つ情報をなるべくわかりやすくご紹介しています。大手の既存メディアでは、なかなか取り上げることの少ないコアな情報をいち早くお届けすることをモットーにしています! ハッピーチョイスのツイッターもフォローお願いします!

-GooglePlayカード換金
-

Copyright© Happy Choice , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.