GooglePlayカード ギフト券買取

【保存版】Google Playギフトカードの使用方法と5つの換金方法|高換金率で即日買取に対応した厳選買取サイトをご紹介

更新日:

googlplaygiftcard

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

この記事の目次

Google Playギフトカードを高い換金率で現金化する方法

「Googleplayギフトカードを高い換金率で現金化する方法を知りたい」

今そのようにお考えの方は是非この記事を参考にしてください。

Google Playギフトカードは、「Amazonギフト券」や「iTunesギフトカード」と同じように換金する事が出来ます。

Googleplayギフトカードは、auから発売しているAndroid携帯を使用している方は、非常に重宝する便利な電子ギフトカードです。しかし、全く必要のない方もいらっしゃいます。

「貰っちゃたけど使わないんだよな…」

「iTunesカードと間違えて買っちゃったよ…」

「現金が必要なんだよな…」

そんな時は、迷わずGooglePlayギフトカードを換金することをお勧めします。

この記事では、Google Playギフトカードを簡単に出来るだけ早く、出来れば今日中に換金出来る方法をご紹介していきたいと思います。

Google Playギフトカードを現金化したい

今すぐ、出来れば今日中にお金が欲しい

携帯キャリア決済を使って現金化したい

そんな風にお考えの方は是非とも最後までお読み下さい。

まずは早速、お勧めの換金方法のご紹介です。

「説明はいいから、換金方法を教えて」

という方のために、早速間違いない優良買取サイトをご紹介します。

余計な手間をかけずに高い換金率で現金化するならぜひ、これからご紹介する買取サイトで換金して下さい。

高換金率を実現できる優良買取サイト 3選

電子ギフト券を換金するなら「買取サイト」を使うのが最も簡単で交換率を実現する手段です。

その中でも特に高い換金率を実現できる買取サイトベスト3を発表します。

「電子ギフト券を換金したい」

「お金がないから電子ギフト券を使って現金化したい」

そんな風にお考えの方は是非、下記の買取サイトを使ってみると良いですよ。

私自身も実際に試した、安全で間違いないお店をご紹介しますので、是非参考にして下さい!

ギフトグレース

Amazonギフト券を92%以上の換金率で買い取る買取サイトのギフトグレース

電子ギフトカード買取サイト最大手の一角

換金率 82%〜93%(Amazonギフト券は初回90%以上保証)
営業時間 24時間営業(定休:日曜日0時〜月曜日8時)
振込みまでの時間

特急プラン:30分~60分

通常プラン:2時間から5時間

翌日プラン:翌日
振込手数料 総額1万円以上の利用は振込手数料0円(ギフトグレースが負担) 総額9,999円以下の場合、振込手数料は一律216円
24時間/土日もOK 即入金反映する銀行 ゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、三菱東京UFJ銀行
運営している企業 株式会社ノア商社がサービスを運営しています。 古物商許可番号:東京都公安委員会 第304361307130号

ギフトグレースは、その人気の高さから、多くの口コミやランキングで上位を獲得し続けリピート率も非常に高い電子ギフト券買取優良サイトです。

どんな時でも対応できる24時間営業ですので、急にお金が必要になっても安心です!

そして現在、ギフトグレースはあの楽天ギフトカード86.5%以上という業界最高換金率で買取してくれる唯一の買取サイトです。

転売業者とは違い自社買取なので、換金手続きも早く最短5分であなたの口座に振り込まれます。

初めての方、利用に不安がある方、「最高換金率」を求めている方にもおススメできる満足保証の買取優良サイトです。


買取ボブ

電子ギフト券 を買い取る買取サイトの買取ボブ

電子ギフト券買取サイト最大手の買取ボブ

換金率 83%〜93%(Amazonギフト券は初回90%以上保証)
営業時間 24時間営業

365日年中無休

振込みまでの時間 即日プラン20分~60分

ゆとりプラン1時間~6時間

振込手数料 0円(買取ボブが全て負担)
24時間/土日もOK 即入金反映する銀行 ゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行、じぶん銀行、りそな銀行、オリックス銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、新生銀行、東京スター銀行、イオン銀行、スルガ銀行
運営している企業 価格.comにも登録されている複合企業のお魚通販.com株式会社がサービス運営しています。 古物商許可番号:東京公安委員会許可店 第308870607704号

サルのキャラクターがイメージキャラクターの、電子ギフト券買取サイトの中で最も取引高が最も大きい電子ギフト券買取最大手のサイトです。

営業時間はうれしいことに24時間営業で休みなしです。

電子ギフト券買取サイト最大手なので利用に少しでも不安を覚えていたり、初めて利用する方、どこの買取サイトを利用しようか迷っている方には、絶対おすすめさせていただきたい、安全高換金が保証された買取優良サイトです。


金券買取EX

Googleplayカードを83%,amazonギフト券 を初回92%の買取率で買い取る買取サイトの金券買取EX

電子ギフト券買取サイト大手の金券買取EX

換金率 81%~91%(Amazonギフト券は初回90%以上保証)
営業時間 平日:朝9時から夜21時※初回利用のみ夜19時まで 土日祝祭日:朝9時から18時30分
振込みまでの時間 スピードプラン20分~60分

のんびりプラン1時間~8時間

振込手数料 総額1万円以上の利用は振込手数料は0円(金券買取EXが負担) 総額9,999円以下の場合は振込手数料は一律216円
24時間/土日もOK 即入金反映する銀行 ゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、三菱東京UFJ銀行
運営している企業 株式会社金券買取EXがサービスを運営しています。 古物商許可番号:東京公安委員会許可店 第304361804921号

ネットだけでなく来店も可能な、電子ギフト券買取サイト大手の金券買取EX。

GooglePlayギフトカードやiTunesギフトカード 、Amazonギフト券などのギフト券、VISAギフト、JCBギフト券、全国百貨店共通商品券などの商品券金券類、株主優待券など、様々な種類の金券類を買取っています。 他のギフト券や商品券とまとめて高換金率での現金化を実現してくれます。

使用しなければただのゴミとなってしまうので、換金して現金に換えてしまいましょう!


Google Playギフトカードとは

Google Playギフトカードとはどんなものなのか?

Google Playギフトカードは、AndroidのOSの開発元であるGoogle社が提供するデジタルコンテンツを利用する際に使えるプリペイド式の電子マネーです。

auから発売しているAndroid携帯を使用している方には非常に便利な電子ギフトカードです。

最近では、コンビニエンスストアや家電量販店でも購入が可能な事から、AmazonギフトカードやiTunesギフトカードなどと同じように高い知名度を誇っています。

コンテンツ豊富なGooglePlayサービス

>Google Playストアデジタルコンテンツは驚くほどたくさんあります。

デジタルコンテンツ購入する時には「Google Playストア」を利用します。

Androidのスマホ/タブレットには最初からGoogle Playストアのアプリがインストールされているのですぐに「Google Playストア」にアクセスする事が出来ます。

もちろん、パソコンからGoogle Playストアにアクセスする事も可能です。

PCからのアクセスはこちら

Google Playストア

Google Playギフトカードを購入できる場所

Google Playギフトカードは現在、多くの場所で購入が可能となっています。

  • コンビニエンスストア
  • 家電量販店
  • ドラッグストア
  • 本屋

などで購入が可能です。

さらに詳しく購入場所を知りたいという方はGoogle Playの公式ページをご確認下さい。

Google Playギフトカードが購入出来る場所

購入できるGoogle Playギフトカードの金額

Google Playギフトカードを、コンビニエンスストアや大手小売店などで購入するときは以下6種類の金額となります。

  • 1,500円
  • 3,000円
  • 5,000円
  • 10,000円
  • 15,000円
  • 20,000円

コンビニエンスストアで購入するときは、この額面通りの金額を払えば購入出来ます

Google Playギフトカード(バリアブルタイプ)

さらには、バリアブルタイプというものもあり、このタイプは1,500円〜50,000円の間で好きな金額を選んで購入することが出来ます。

すでに購入したいものが決まっている方などはこのバリアブルタイプを購入するといいかもしれません。

1度自分のアカウントに登録した金額はそのあとでお金に換金することは基本出来ませんのであまりGoogle Play内で買い物をしない方はバリアブルカードをお勧めします。

Google PlayギフトカードはAUのオンラインショップでも購入出来ます

auのONLINESHOP

Google Playギフトカードを利用する方法

「Google Playギフトカード」とはどのように利用するのでしょうか

今回は、換金する方法についての記事ですが、Google Playギフトカードを換金してしまうと"額面の金額より低い金額で換金される"ので使ってしまうのも1つの手段です。

せっかくなので使い道を再度確認しましょう。

Google Playギフトカードを使いGoogle Playストア内で購入できるものをご紹介します。

アプリ

Androidユーザー向けのアプリがたくさん用意されています。20種類近くのカテゴリがあり、そこからさらにゲームや親子向けといった小分類に分けられて、お好きなアプリをすぐに見つけられるようになっています。

特にSNSやゲーム、ニュース、ショッピングといった定番アプリはすぐにインストール出来るようになっています。

お使いのスマートフォン/タブレットにインストールすれば、すぐに利用可能です。

映画&テレビ

海外映画や国内映画、テレビドラマやアニメなどの映像コンテンツが用意されています。

ジャンルも細かく分かれており、レンタルビデオ店に行く必要なく好きな映画をすぐに視聴することが可能です。

新作から旧作まで幅広いジャンルの作品をレンタルまたは購入することが出来ます。

最近ではVODが一般的になっていて、月額制で好きな映画が見放題というサービスを提供している会社も多いですが、映画を観る頻度がそれほどない方はここでレンタル視聴することで十分ではないでしょうか。

再生方式はストリーミング再生となっているのでWifi環境が整っている場所での視聴がお勧めです。

書籍&マンガ

様々なジャンルの電子書籍を取り扱っています。大きく分けて3つのジャンル、電子書籍、オーディオブック、マンガとありさらにそこから10種類以上の小分類がそれぞれあります。

ほとんどのコンテンツには「無料サンプル」、本屋さんでいうところの立ち読みが出来るようになっています。

気になる作品は少し読んでから購入が可能です。

ご自身のデバイスで利用する際には専用の「Google Playブックスアプリ」をインストロールする必要があります。

インストールするとご自身のアカウントと自動で同期するので購入したコンテンツがすぐに読む事が可能となります。

Sony eReaderやBarnes& Noble Nookなどのデバイスをお使いの方はコンテンツをダウンロードした後にお使いのデバイスに転送する必要があるので下記のGoogle Playヘルプを参照して下さい。

電子書籍リーダーで読む場合の詳細

音楽

洋楽、邦楽あわせて数千万を超える楽曲が配信されています。

ランキング形式での検索やジャンルごとの検索、ユーザーの購入履歴に沿ってレコメンド表示、TPOに合わせたお勧めの楽曲の紹介など様々な方法でお好みの音楽を見つける事が可能です。

少し前まではCDショップなどに足を運びスタッフお勧めのポップやアルバムのジャケットを見て「ジャケ買い」という言葉が流行ったりしていました。現在では音楽配信サービスが一般的となり多くのユーザーが利用しています。

気になる音質ですが、ファイル形式はほとんどが圧縮形式を採用しています。ご自宅やカーステでの再生などリスニング用として購入する分にはまったく問題ありません。

レコードやCDに比べると、オーディオマニアやプロの視点からすると大音量になればなるほどその違いが出てきますが、一般的に音楽を再生する場所ならば気にする必要はありません。

ニューススタンド

読売新聞や、毎日新聞、日経、ロイターなどの電子版が視聴可能だったり10種類のカテゴリーから各ジャンルの専門誌が購入出来ます。

お気に入りのニュース提供元を登録しておけば最新のニュースがお使いのデバイスに届きます。

端末

ここではGoogleが販売している周辺機器の購入が可能です。

Googleが提供しているだけあってデザイン、機能も申し分ない商品ラインナップとなっています。

Google Playカードをアカウントに登録する方法

続いてはGoogle Playギフトカードをアカウントに登録する手順をご紹介します。

ここで注意点ですが

「Google Playギフト券をアカウントに登録したら換金は出来なくなります」

「使わなくなって残った残金も換金は出来ません」

Googleplayギフトカードや他の電子ギフト券も同様ですが、換金する際には、「アカウントに登録していないこと」が条件となります。

Googleplayギフトカードのタイプによっては、アカウントに直接チャージするタイプの購入方法もあるので、これからGoogleplayギフトカードを使って換金を考えている方は購入するGoogleplayギフトカードのタイプを間違えないようにして下さい。

チャージ方法

Google Playギフトカードの裏面に「削るとコード番号がご覧いただけます」となっている箇所があります。ここを削るとコード番号が確認出来ます

続いてはGoogle Play内のメニューバーに「コードを利用」という文字が表示されていますのでそこをクリックします。

最後に、Google Playギフトカードの裏面に記載してあったコード番号を入力します。
(入力は間違えやすい文字もありますので注意して入力してください)

入力が終わると「購入した金額が追加されました」と表示がでます。これで終了です。

Google Playストアの利用料金

GooglePlayストアは一般のお店と変わりませんので商品(コンテンツ)を購入しなければお金はかかりません。

GooglePlayストア内のコンテンツは有料のものと無料のものがあります。

無料のものだけでも十分に利用価値のあるものも非常に豊富に揃っています。

これからGoogle Playギフトカードを購入する方へ

Google Playギフトカードは携帯キャリアを使って購入する場合やコンビニコンビニエンスストアなどで購入する場合は、割引やキャンペーンなどを利用するお得に購入が可能です。

携帯電話のオンラインショップやコンビニエンスストアではGoogle Playギフトカードを格安で購入できる様々なキャンペーンを行なっています。

購入金額が割引になったりゲームの中のアイテムがもらえたりとそのキャンペーンの種類は様々です。

詳細はそのコンテンツのHPなどで確認したり、オンラインショップで紹介していたり、コンビニにポスターがあったり、最近ではTwitterやFacebookなどのSNS、またはメルマガなど告知方法は様々です。

少しでもお得にGoogleplayカードを購入して下さいね。

Google Playギフトカードで購入したアプリは家族で共有できる

Google Playでは購入したアプリや音楽などのコンテンツを家族で共有することが出来ます。

ご家族で別々に購入したものが共有出来るので聴きたい音楽や動画などをいつでもみなさんで楽しむことが出来ます。

使い方はとても簡単です。

  1. Google Playアプリを起動させる
  2. アカウント情報をひらき
    「ファミリー」→「ファミリーライブラリに登録」に進む
  3. 共有したいメンバーを登録

以上です。

電子マネーの種類

電子マネーはいくつかに分類する事が出来ます。

贈り物や消費を目的とした電子マネー

これはAmazonギフト券やGoogle Playギフト券、iTunesギフトカードや楽天カード、LINEプリペードなどが該当します。

さらに細かく分類すると、コード式の電子マネーに分類され使用の目的は決済の手段として利用されます。

その他の電子マネーではSUICAやPASMO、nanacoやWAONも電子マネーとして有名です。

これまでご紹介した全ての電子マネーはプリペイド式と呼ばれていて先払いでチャージ、購入が可能です。

ポストペイ型(後払い)電子マネー

「iD」や「QUICPay」などが該当します。クレジットカードと同様に利用金額を後から請求するクレジット決済の1種です。少し上記のものとはタイプが違います。

これらは決して買った金額以上にプレミアがついたりする事はありません。

投資や資産運用を目的とした電子マネー

こちらは今流行りの仮想通貨などが当てはまります。

主要通貨としてはビットコイン、その他のコインはアルトコインと呼ばれていて有名な通貨は、イーサリアム、リップル、モナコインなどがあります。

これらの電子マネーは最近では投機目的での購入が多く、価格の高騰、下落を繰り返します。

人気が上がれば高騰し、人気が下がれば下落します。

仮想通貨はFXと呼ばれるトレード方式でのやりとりも盛んで現在では非常に多くの取引所が日本にも開設されています。

その中でもビットコインはいわゆる発行元という概念がありません。ブロックチェーンという技術を使い、取引の内容がブロックチェーンに記録される仕組みになっています。

そのため、Amazonギフト券やGoogle Playギフトカードなどの電子マネーとは違い限られた経済圏だけでなくどこでも利用する事が出来ます。

そのため通常の電子マネーとは少し趣が異なります。

電子ギフト券は消費をすることが目的

Google Playギフトカードなどの電子ギフト券は基本的には利用することで意味のあるものとなります。

需要のが高まれば発行元はどんどん発行しますので仮想通貨のようにその供給量が限定されて希少価値が上がるというようなことはありません。

また、サービスの決済を目的として作られていますのでコンテンツの利用者を増やすために発行元はキャンペーンなどを利用して額面から割引して販売することもあります。

そのため、価値が上がることはありません。

しかし、中国など諸外国ではGoogle Playギフト券が割引されて販売されているケースはほとんどありません。

そのため中国などから観光で訪れる人々からは安く購入出来るという事で大きなニーズとなっています。

しかし、Google Playギフト券はAmazonギフト券に比べるとその購入できる商品に限りがあります。

Amazonギフト券はオンラインサイト、Amazonで使用することが可能な電子マネーです。

Amazonで買物をしたことがある方ならご存知だと思いますがAmazonで購入できるものは多岐にわたります。

アマゾンで買えないものはもうほとんどないといっても過言ではありません。

銃器、アルコール、不動産、ペット、自動車、ガソリン、宝くじ、たばこ、度付き眼鏡、中古衣料はAmazonでは購入出来ませんが、それ以外のものはすべて購入出来ます。

そのため、同じ電子マネーでも使用用途の広さによって利用者数は違いますので換金をする際にはAmazonギフト券とでは換金率が異なります。

Google Playギフトカードを現金化する代表的な方法

Google Playギフトカードを現金化する方法は、5つあります。

  • 電子ギフト券買取専門の買取サイトで換金する
  • 売買サイトに出品して換金する
  • 家族、知人、友人に交換してもらう
  • 実店舗型の買取店(金券ショップやチケットショップ)で換金する
  • オークションサイトに出品して換金する

それぞれの方法はメリットもあればデメリットもあります

それぞれご紹介しますのでご自身に最適な換金方法を見つけて下さい。

電子ギフト券買取専門の買取サイトで換金する

ご紹介する5つの方法の中で特にお勧めしたいのが、

ギフト券専門の買取サイトで換金する方法です

「買取サイト」とはインターネット上にある、主に電子ギフト券の買取を行なっている業者の事を言います。

買取サイトは、たくさんのサイトが存在しており、来店不要でいつでもどこからでも申込することが可能です。

買取サイトによっては、申込から1時間以内には現金化が可能なサイトもあります。

数分で終わる簡単な申込や即日現金化が可能な事はもちろん、換金率も82%~92%と高い換金率での現金化が可能です。

これだけの好条件で現金化出来る方法は他にはありません

GooglePlayギフトカードを高い換金率で現金化したい場合、買取サイトを利用した現金化が現実的に最も良い方法です。

オンラインで電子ギフト券の買取をおこなう業者はたくさんあります。ですが多くはAmazonギフト券の買取のみの買取にしか対応していません。

数は少ないですが、高い換金率でGoogle Playギフトカードの買取サイトも存在しています。

電子ギフト券の買取ではAmazonギフト券が圧倒的な需要がありますがiTunesカードとGoogle Playギフトカードも需要はどんどん伸びています。

Google Playギフトカードを買取サイトで換金するメリット

電子ギフト券の売買サイトやオークションサイトと比べてギフト券買取サイトの利用には多くの良い点があります。

買取の速さ
安心と安全性
換金率の高さ
申込の簡単さ

しかし電子ギフト券の換金をする際には、買取サイト選びを間違ってはいけません。

優良な買取サイトを選ばないと約束していた金額と違う金額が振り込まれたり、個人情報をきちんと管理できないような買取サイトも存在します。

買取の速さ:Google Playギフトカードの申込から現金化までが早い

オークションサイトなどでは出品してから落札、入金までと実際に換金されるまでに少し時間がかかります。

買取サイトであれば好きな時間に好きな場所からスマホやタブレットを通じて必要事項を入力して申込をするだけで簡単に現金化が可能です。

その後Google Playギフトカードのコード番号をメールで送信したらあとは入金を待つだけです。

ネットバンクの口座をお持ちであれば入金はいつでも確認することが出来ます。早くて1時間前後で現金の確認が出来るでしょう。

安心と安全性:サイト選びをしっかりすれば最も安全に換金出来る

オークションや売買サイトで出品された電子ギフト券は一般の方が購入しています。

不正ギフト券の出品もあり購入者が損害を被るといったケースもあります。

落札者から「購入したギフト券が使えなかった」とクレームをつけられ、支払いをしてこないといったトラブルもあるそうです。

そうなれば時間のロスは計り知れません。

専門の買取サイトであればしっかりとした運営ポリシーの元、スムーズに換金してくれます。

換金率の高さ:高い換金率で手数料も安い

優良なギフト券買取サイトでは手数料が無料である事がほとんどです。

買取サイトによっては10,000円未満の額面だと手数料が発生する事もあります。もちろん無料の買取サイトもあります。

買取サイトで換金する以外の方法では手数料が発生します。

売買サイトやオークションサイトでは落札された金額から手数料が合計5%〜10%程度発生します。

優良なギフト券の買取サイトでは手数料無料のところが多いので換金率がそのまま実際の買取金額となります。

そのため、他の換金方法より高い買取率でGoogle Playギフトカードを現金化することが出来るのです。

申込の簡単さ

続いてのメリットは、買取サイトで換金を申し込む際の手続きの簡単さです。

金券ショップで換金してもらう場合はまず、金券ショップを探してそのお店が買取してくれるかどうかを確認する必要があります。

電話での問い合わせも可能ですが電話が得意ではない方は金券ショップのHPを確認することになりますが換金してくれる金券や商品券、チケットの数が多いとGoogle Playギフトカードの項目を探すまでにかなりの時間がかかります。

Google Playギフトカードを表記してくれていればまだいいですが、取り扱いがないとHP上の商品一覧にそもそもない可能性があります。そうなるとかなり時間をロスしてしまいます。

買取サイトで換金する場合には優良サイトの申込フォームに必要事項を記入るすだけなのでいつでもどこからでも申込をすることが可能です。

パソコンを普段からお使いの方であれば5分くらいで入力は終わります。その後、買取サイトより連絡が入りますので申込内容を確認したらあとは振込を待つだけです。

高換金率を実現できる優良買取サイト 3選

電子ギフト券を換金するなら「買取サイト」を使うのが最も簡単で交換率を実現する手段です。

その中でも特に高い換金率を実現できる買取サイトベスト3を発表します。

「電子ギフト券を換金したい」

「お金がないから電子ギフト券を使って現金化したい」

そんな風にお考えの方は是非、下記の買取サイトを使ってみると良いですよ。

私自身も実際に試した、安全で間違いないお店をご紹介しますので、是非参考にして下さい!

ギフトグレース

Amazonギフト券を92%以上の換金率で買い取る買取サイトのギフトグレース

電子ギフトカード買取サイト最大手の一角

換金率 82%〜93%(Amazonギフト券は初回90%以上保証)
営業時間 24時間営業(定休:日曜日0時〜月曜日8時)
振込みまでの時間

特急プラン:30分~60分

通常プラン:2時間から5時間

翌日プラン:翌日
振込手数料 総額1万円以上の利用は振込手数料0円(ギフトグレースが負担) 総額9,999円以下の場合、振込手数料は一律216円
24時間/土日もOK 即入金反映する銀行 ゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、三菱東京UFJ銀行
運営している企業 株式会社ノア商社がサービスを運営しています。 古物商許可番号:東京都公安委員会 第304361307130号

ギフトグレースは、その人気の高さから、多くの口コミやランキングで上位を獲得し続けリピート率も非常に高い電子ギフト券買取優良サイトです。

どんな時でも対応できる24時間営業ですので、急にお金が必要になっても安心です!

そして現在、ギフトグレースはあの楽天ギフトカード86.5%以上という業界最高換金率で買取してくれる唯一の買取サイトです。

転売業者とは違い自社買取なので、換金手続きも早く最短5分であなたの口座に振り込まれます。

初めての方、利用に不安がある方、「最高換金率」を求めている方にもおススメできる満足保証の買取優良サイトです。


買取ボブ

電子ギフト券 を買い取る買取サイトの買取ボブ

電子ギフト券買取サイト最大手の買取ボブ

換金率 83%〜93%(Amazonギフト券は初回90%以上保証)
営業時間 24時間営業

365日年中無休

振込みまでの時間 即日プラン20分~60分

ゆとりプラン1時間~6時間

振込手数料 0円(買取ボブが全て負担)
24時間/土日もOK 即入金反映する銀行 ゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行、じぶん銀行、りそな銀行、オリックス銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、新生銀行、東京スター銀行、イオン銀行、スルガ銀行
運営している企業 価格.comにも登録されている複合企業のお魚通販.com株式会社がサービス運営しています。 古物商許可番号:東京公安委員会許可店 第308870607704号

サルのキャラクターがイメージキャラクターの、電子ギフト券買取サイトの中で最も取引高が最も大きい電子ギフト券買取最大手のサイトです。

営業時間はうれしいことに24時間営業で休みなしです。

電子ギフト券買取サイト最大手なので利用に少しでも不安を覚えていたり、初めて利用する方、どこの買取サイトを利用しようか迷っている方には、絶対おすすめさせていただきたい、安全高換金が保証された買取優良サイトです。


金券買取EX

Googleplayカードを83%,amazonギフト券 を初回92%の買取率で買い取る買取サイトの金券買取EX

電子ギフト券買取サイト大手の金券買取EX

換金率 81%~91%(Amazonギフト券は初回90%以上保証)
営業時間 平日:朝9時から夜21時※初回利用のみ夜19時まで 土日祝祭日:朝9時から18時30分
振込みまでの時間 スピードプラン20分~60分

のんびりプラン1時間~8時間

振込手数料 総額1万円以上の利用は振込手数料は0円(金券買取EXが負担) 総額9,999円以下の場合は振込手数料は一律216円
24時間/土日もOK 即入金反映する銀行 ゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、三菱東京UFJ銀行
運営している企業 株式会社金券買取EXがサービスを運営しています。 古物商許可番号:東京公安委員会許可店 第304361804921号

ネットだけでなく来店も可能な、電子ギフト券買取サイト大手の金券買取EX。

GooglePlayギフトカードやiTunesギフトカード 、Amazonギフト券などのギフト券、VISAギフト、JCBギフト券、全国百貨店共通商品券などの商品券金券類、株主優待券など、様々な種類の金券類を買取っています。 他のギフト券や商品券とまとめて高換金率での現金化を実現してくれます。

使用しなければただのゴミとなってしまうので、換金して現金に換えてしまいましょう!


買取サイトの選び方のポイント

Google Playギフトカード買取サイトの中には悪質な業者も存在していることはお伝えしました。

どうせ現金化するなら少しでも高い金額を安全に手に入れて頂きたいので、これから優良買取サイトの見分け方について少しご紹介していきたいと思います。

運営者情報の確認

まずはGoogle Playギフトカード買取サイトの運営者情報、こちらを確認すると良いでしょう。

法人が運営しているようであれば絶対ではありませんが少し安心できます。全く記載のないサイトも存在していますのでまずはチェックしてみてください。

悪質なサイトでは店舗名がそのまま運営者の会社名として記載してあるところがあります。

また、レイアウトを少し変えて店舗名を変更することで堂々とまた営業をしているところありますので注意してください。

所在地の確認

続いては、会社の所在地を明確に記載しているかの確認をしてみると良いでしょう。

買取サイトや会社の所在地を確認してみるとひどいところではそこが空き地になっていたり全く関係のないお店だったりと適当な住所を記載しているサイトもあります。

このような買取サイトは、当然ですが対応もいい加減な可能性は大いにあります。

店舗がないサイトが多いので訪問する事がないぶん、確認する事をお勧めします。

古物商の認可を得ているか

続いて重要な確認項目となるのが、古物商の免許を取得しているかどうかという点です。金券ショップやチケットショップでは金券の取り扱いをしているために古物商の許可が無ければ営業することは出来ません。

Google Playギフトカードのような電子ギフト券は実物のない金券などで厳密には古物商の認可は必要ない可能性もあるのですが、きちんとしている買取サイトの多くが古物商の免許を取得して営業を行なっています。

古物商の認可を得ている買取サイトは許可番号を掲載していますので1つの判断基準として確認しておくことをお勧めします。

換金率の表記の確認

続いてお伝えするのは、HPの買取率の表記についてです。

優良な買取サイトの換金相場は80~85%前後とお伝えしましたがなかには95%以上の換金率と記載のあるサイトが散見されますがこのようなサイトはまず疑ってかかるべきです。

買取サイトは実際のところ非常に利益が少ない商売なので95%以上の換金率で商売を成り立たせることは困難です。

サイトの維持費や人件費などを考慮しても95%以上の買取率では成立しません。利用者を呼び込む過剰広告の可能性が高いので十分に注意してください。

換金率(買取率)については毎日変動しています。お勧めの方法は、3社ほどの買取サイトを見つけて買取申込の当日に買取サイトの換金率をチェックして一番高い換金率のサイトで換金する方法です。

手数料の確認

最後のチェック項目となります。それは手数料がどれくらいかかるのかを事前に確認することです。

優良な買取サイトならHPにきちんと手数料の明記がされています。

例えば換金したお金を振込する時の振込手数料などが一般的です。

ネットバンクを指定している買取サイトが多いのでネットバンクを利用した場合は手数料が無料になる買取サイトが多いようです。

悪質な買取サイトの場合、この手数料という名目で最終的には振込された金額が約束の換金率より大幅に低くしてくる事があります。

手数料が明確に明記されているサイトを選ぶようにしてくださいね。

ご紹介している買取サイトは口コミサイト等でも評価の高い優良な買取サイトです。安心してお問い合わせ下さい。

Google Playギフトカード買取サイトの申込から振込までの流れ

続いてここからは、Google Playギフトカードを実際に申込してから現金化されるまでの流れをご紹介していきたいと思います。

買取サイトはたくさんありますが、だいたいの現金化までの流れは以下のようになります。

  1. 買取サイトを探す
  2. 買取サイトHP上から申込
  3. 申込内容の確認(Amazonギフト券のコードを送信)
  4. 振込された金額の確認

順番にご説明していきますので初めて利用される方は参考にして下さい。

関連記事
買取サイトランキング GooglePlay ギフトカード 換金するならこの買取サイトがお勧め!

 

買取サイトを探す

買取サイトは悪徳なサイトも存在しているため、サイト選びは重要な項目となります。

くれぐれも適当に選ばずに、ご紹介したサイト、もしくはご自身でしっかりと情報収集を行なった後に選んでください。

この記事でご紹介している買取サイトは間違いなく安全で安心です。

買取サイトホームページ上より申込

申込をする買取サイトを見つけたら、いよいよ申込です。買取サイトには申込フォームがあることがほとんどです。

申込フォームに記載する内容は以下の通りです。

●名前
●連絡先
●Eメールアドレス
●買取してほしいギフト券の総額
●住所
●振込先の口座

※振込先の口座はできる限りネットバンクの利用をお勧めします。もし、まだお持ちでない方がいればぜひ作成してみてはいかがでしょうか。

※初回の利用時には必ず身分証の提示を求められます。運転免許証や保険証、住民票などが必要となりますので事前に準備して下さい。

申込内容の確認の後、Google Playギフトカードのコード番号を送信

申込が終わるとサイトより電話かメールで申込を受付したという内容の連絡が入ります。

換金され入金される金額、手数料の有無、振込予定日など最低限これだけは確認して下さい。

その上で、気になることがあれば事前に確認をして下さい。

※万が一コード番号を送ってしまうとキャンセルは原則、出来ません。心配な方は、申込内容はコード番号を送る前に確認してください。

指定した口座に換金された金額が入金

申込内容の確認が終わりGoogle Playギフトカードのコード番号を送信したら手続きは全て終了です。

あとは指定した口座に入金されるのを待つばかりです。

最近の買取サイトでは換金後の振込に即日対応しているサイトがほとんどです。

買取サイトによっては即日と翌日以降の振込で換金率が違う場合もありますので確認が必要です。

あらためて下記に納得の厳選した買取サイト4社をご紹介します。確実に高換金率で換金をしたいのなら利用するべき買取サイトです。

買取サイトで換金する場合の特徴

 

  1. 手続きが簡単で即日入金が可能
  2. 高換金率で買取をしてくれる
  3. 申込が簡単で安心で安全な取引が出来る

高換金率を実現できる優良買取サイト 6選

電子ギフト券を換金するなら「買取サイト」を使うのが最も簡単で交換率を実現する手段です。

その中でも特に高い換金率を実現できる買取サイトベスト6を発表します。

「電子ギフト券を換金したい」

「お金がないから電子ギフト券を使って現金化したい」

そんな風にお考えの方は是非、下記の買取サイトを使ってみると良いですよ。

私自身も実際に試した、安全で間違いないお店をご紹介しますので、是非参考にして下さい!

ギフトグレース

Amazonギフト券を92%以上の換金率で買い取る買取サイトのギフトグレース

電子ギフトカード買取サイト最大手の一角

換金率 82%〜93%(Amazonギフト券は初回90%以上保証)
営業時間 24時間営業(定休:日曜日0時〜月曜日8時)
振込みまでの時間

特急プラン:30分~60分

通常プラン:2時間から5時間

翌日プラン:翌日
振込手数料 総額1万円以上の利用は振込手数料0円(ギフトグレースが負担) 総額9,999円以下の場合、振込手数料は一律216円
24時間/土日もOK 即入金反映する銀行 ゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、三菱東京UFJ銀行
運営している企業 株式会社ノア商社がサービスを運営しています。 古物商許可番号:東京都公安委員会 第304361307130号

ギフトグレースは、その人気の高さから、多くの口コミやランキングで上位を獲得し続けリピート率も非常に高い電子ギフト券買取優良サイトです。

どんな時でも対応できる24時間営業ですので、急にお金が必要になっても安心です!

そして現在、ギフトグレースはあの楽天ギフトカード86.5%以上という業界最高換金率で買取してくれる唯一の買取サイトです。

転売業者とは違い自社買取なので、換金手続きも早く最短5分であなたの口座に振り込まれます。

初めての方、利用に不安がある方、「最高換金率」を求めている方にもおススメできる満足保証の買取優良サイトです。


買取ボブ

電子ギフト券 を買い取る買取サイトの買取ボブ

電子ギフト券買取サイト最大手の買取ボブ

換金率 83%〜93%(Amazonギフト券は初回90%以上保証)
営業時間 24時間営業

365日年中無休

振込みまでの時間 即日プラン20分~60分

ゆとりプラン1時間~6時間

振込手数料 0円(買取ボブが全て負担)
24時間/土日もOK 即入金反映する銀行 ゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行、じぶん銀行、りそな銀行、オリックス銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、新生銀行、東京スター銀行、イオン銀行、スルガ銀行
運営している企業 価格.comにも登録されている複合企業のお魚通販.com株式会社がサービス運営しています。 古物商許可番号:東京公安委員会許可店 第308870607704号

サルのキャラクターがイメージキャラクターの、電子ギフト券買取サイトの中で最も取引高が最も大きい電子ギフト券買取最大手のサイトです。

営業時間はうれしいことに24時間営業で休みなしです。

電子ギフト券買取サイト最大手なので利用に少しでも不安を覚えていたり、初めて利用する方、どこの買取サイトを利用しようか迷っている方には、絶対おすすめさせていただきたい、安全高換金が保証された買取優良サイトです。


金券買取EX

Googleplayカードを83%,amazonギフト券 を初回92%の買取率で買い取る買取サイトの金券買取EX

電子ギフト券買取サイト大手の金券買取EX

換金率 81%~91%(Amazonギフト券は初回90%以上保証)
営業時間 平日:朝9時から夜21時※初回利用のみ夜19時まで 土日祝祭日:朝9時から18時30分
振込みまでの時間 スピードプラン20分~60分

のんびりプラン1時間~8時間

振込手数料 総額1万円以上の利用は振込手数料は0円(金券買取EXが負担) 総額9,999円以下の場合は振込手数料は一律216円
24時間/土日もOK 即入金反映する銀行 ゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、三菱東京UFJ銀行
運営している企業 株式会社金券買取EXがサービスを運営しています。 古物商許可番号:東京公安委員会許可店 第304361804921号

ネットだけでなく来店も可能な、電子ギフト券買取サイト大手の金券買取EX。

GooglePlayギフトカードやiTunesギフトカード 、Amazonギフト券などのギフト券、VISAギフト、JCBギフト券、全国百貨店共通商品券などの商品券金券類、株主優待券など、様々な種類の金券類を買取っています。 他のギフト券や商品券とまとめて高換金率での現金化を実現してくれます。

使用しなければただのゴミとなってしまうので、換金して現金に換えてしまいましょう!


安心ギフト

amazonギフトカード 買取サイトを運営する安心ギフト

バリアブルカードも買取可能なAmazonギフト券買取サイトの安心ギフト

換金率 88%~95%
営業時間 365日年中無休 9時~21時
振込みまでの時間 15分~60分
振込手数料 0円~500円
24時間/土日もOK 即入金反映する銀行 ゆうちょ銀行、楽天銀行 ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行
運営している企業 株式会社DICEがサービスを運営しています。

安心ギフトの大きな特徴は、やはり最高95%(平均90%)を実現する>非常に高い換金率でしょう。

Amazonギフト券専門の買取サイトを標榜しているだけあって、買取サイトでは珍しく、任意の額面のバリアブルカードも買い取り可能なので、どんなAmazonギフト券でも売却可能です。

最近では、利用者から多くの要望があったため、Amazonギフト券以外にも「iTunesカードの買取」も行っているので、併せてお得に現金化することができます。


ギフト買取KING

Amazonギフトカード 買取サイトを運営するギフト買取KING

Amazonギフト券の種類によって変化しない買取サイトのギフト買取KING

換金 90%保証
営業時間 365日年中無休9時~21時
振込みまでの時間 20分~60分
振込手数料 500円
24時間/土日もOK 即入金反映する銀行 ゆうちょ銀行、楽天銀行 ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行
運営している企業 ギフト買い取りKINGがサービスを運営しています。

「買取KING」はKINGの名に恥じない、非常に高い換金率で当日の現金化を実現します。

Amazonギフト券の種類(E-mail、カードタイプ、印刷)によって換金率の変化がない

のが嬉しいところ。

ギフト券の買取単位は1万円~500万円、気になる買取率は90%保証と高換金率です。

1万円以上の換金をしたい方にオススメできる優良買取サイトです。

ギフト買い取りKINGでは、交渉可能を明言しています。

自信がある方は、ダメもとで一度交渉してみてはいかがでしょうか?


ギフト買取トーマス

Amazonギフトカード 買取サイトを運営するギフト買取トーマス

ギフト買取トーマスは、即日換金可能なamazonギフト券買取サイト

換金率 88%~92%(Amazonギフト券は初回90%以上保証)
営業時間 365日年中無休 9時~21時
振込みまでの時間 30分~180分
振込手数料 0円(買取本舗が全て負担)
24時間/土日もOK 即入金反映する銀行 楽天銀行、ゆうちょ、ジャパンネット銀行
運営している企業 ギフト買取トーマスがサービスを運営しています。

90%以上の換金率を実現するギフト買取トーマスの特徴は、当日入金が可能で全タイプ(E-mail、印刷、カードタイプ)の買取を行っている買取サイトです。

買取単位は1万円~500万円ですので、1万円以上の利用をお考えの方にオススメです。

初回の方は最低90%以上の買取率を保証しています。

売買サイトを利用して換金する

Amazonギフト券やGoogle Playギフトカードや様々な電子ギフト券を売買できる仲介サイトをご存知でしょうか?

GooglePlayギフトカードやAmazonギフト券、iTunesカードなどを買いたい人、売りたい人を繋ぐ役目を果たしている「売買サイト」と呼ばれるサイトです。

先ほどもご紹介しましたがメルカリやフリルといったようなフリマサイトをイメージして頂くとわかりやすいと思います。

売買サイトもやはり出品金額はご自身で設定して頂く事が出来ます。基本的な流れはオークションサイトと同様ですが、やはり落札されるまでに少し時間がかかってしまいます。

出品相場は額面の80%〜85%

Google Playギフトカードの出品相場ですが現在は額面の80%〜85%くらいが多いようです。

売れるかどうかということに関しては設定した出品額次第です。

また利用時にはシステム利用料がかかります。利用するサイトによって手数料は差異がありますので注意してください。

出品手数料として2%程度、出金手数料として300円前後が最低かかる手数料だと認識しておくと良いでしょう。

ギフト券売買サイトでの換金額を算出してみました

Google Playギフトカードを売買サイトで実際に出品した場合、どのくらいの金額で換金できるのか?試算しました。

Google Playギフトカードの現金化の相場は大体85%前後です。実際のサイトでもこの価格帯の出品が多くやりとりされています。

今回の試算ではそれぞれ85%で、5,000円、10,000円、50,000円のGoogle Playギフトカードを出品した場合の換金額を計算しています。

  • 5,000円のGoogle Playギフトカードを85%で出品した場合
    5,000円×85%−85円(出品手数料2%)−300円(出金手数料)=3,865円(実質換金率77%)
  • 10,000円のGoogle Playギフトカードを85%で出品した場合
    10,000円×85%−170円(出品手数料2%)−300円(出金手数料)=8,030円(実質換金率80.3%)
  • 50000円のGoogle Playギフトカードを85%で出品した場合
    50000円×85%−850円(出品手数料2%)−300円(出品手数料)=41,350円(実質換金率82.7%)

優良な売買サイトで手にすることの出来る現金は大体77%〜80%前後です

額面が50,000円以下のGoogle Playギフトカードであれば買取率や申込の手間 時間などを考えるとこれからご紹介する買取サイトの方がお勧めです。

Google Playギフトカードが売れるギフト券売買サイトおすすめ!

ギフト券売買サイトではGoogle Playギフトカード以外に多くの種類の電子ギフト券を取り扱っています。

1番取引が多いのはAmazonギフト券です。その次がiTunesギフトカードとGoogle Playギフトカードとなります。

売買サイトでは出品者が自由に売値を決定できます。そのため金額をいくらに設定するのかが重要なポイントとなります。

ギフト券売買サイトの最大のメリットは金額によってはGoogle Playギフトカードを非常に高く換金できる可能性があるということです。

ただデメリット、手数料が高額な事と、時間と手間がかかってしまうというデメリットがあります。

少額なギフト券だと手数料が換金率に大きく影響しますので目安としては50,000円以上のギフト券を現金化するなら売買サイトを利用するのも良いかもしれません。

今回は、電子ギフト券の購入者が多く、売買がさかんに行われている人気の売買サイトを集めました

今後もし利用を検討される場合はぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

売買サイトで換金する場合の特徴

  1. 出品に手間がかかる
  2. 落札されても入金までには数日かかる
  3. 手数料がかかるため実際の換金率は80%前後となる場合が多い

最大30%安く購入できる売買サイト

売買サイトを利用すれば、最大30%も安く購入することができます。

もし購入したいと思っている方は、コンビニや他の量販店で買うよりお得に入手できるので、ぜひ利用してみるといいでしょう。

売買サイト1社目は、ギフティシュー / Giftissue

ギフティシューは金券や商品券を出品できる

日本最大級のギフト券売買プラットフォームを展開

ギフティシューの大きな特徴は、ヤフーオークションやメルカリの様に、お手持ちのiTunesギフトカード、GooglePlayギフトカード、アマゾンギフト券、楽天ギフトカード、商品券、株主優待券を出品して、落札されたら初めてお金を手にできる仕組みを採用しています。

利用者は非常に多く日本最大数の利用者を誇ります。

多くのギフト券に対応

iTunesギフトカード 、GooglePlayギフトカード 、 amazonギフト券 、楽天ギフトカード 、LINEカード、Webmoney レコチョク、はてはANAやJALの株主優待券など、さまざまなギフトカードをとてもお得に購入することができます。


売買サイト2社目は、べテルギフト

ベテルギフトはGooglePlayギフトカードを出品できる

返金保証も充実した、安全なギフト券売買サイト

ベテルギフトの大きな特徴は、ギフティシューと同様に、出品後落札されたら初めてお金を手にできる ギフト券売買サイト の仕組みを採用しています。

多くのギフト券に対応

GooglePlayギフトカード 、 iTunesギフトカード 、 amazonギフト券 、楽天スーパーポイントギフトカード、LINEカード、Webmoney レコチョク、はてはANAやJALの株主優待券など、さまざまなギフトカードを安く購入することができます。

【ギフト券現金化】買取サイトVS売買サイトを徹底比較 | どちらが最もお得に現金化できるの?

家族、知人、友人に交換してもらう

条件に合いさえすれば手軽に換金できる方法です。

必要としている友人がいたら等価、すなわち換金率100%を実現することも可能でしょう。

利害が関係ない家族や友人などですから信用力も抜群でしょう。

もし条件が合う方がいれば、最も手軽な換金方法と言えましょう。

しかし、お金のやり取りを友人同士でおこなうとろくなことにはなりません。

あまりお勧めできる方法ではありませんが、喜んでくれる友人がいればお互いにとってメリットがありますね。

実店舗型の買取店で換金する

金券ショップ」はご存知でしょうか。

東京都内だと東京駅を中心としたJR線駅周辺の駅ビルや近くの雑居ビル、渋谷、新宿など東京ではあらゆる場所に店舗があります。首都圏以外では新幹線の停車駅の周辺には大抵あります。

金券買取店では「大黒屋」が有名です。

大黒屋ではどのようなチケットを買取してくれるかといいますと、

  • 新幹線のチケット航空券
  • 商品券
  • 株主優待券
  • 遊園地のチケット
  • お食事券
  • 映画の鑑賞チケット
  • ホテルの宿泊優待券
  • 演劇・ミュージカルのチケット
  • お笑いライブのチケット
  • スポーツ観戦チケット
  • 音楽ライブのチケット

など、ほとんどの種類のチケットの買取を行なってくれます。

電子マネーであるGoogle PlayギフトカードやAmazonギフト券、iTunesギフト券はわずかな金券ショップでしか取り扱いはしていないのですが、金券ショップで現金化することが出来ます

しかし、換金率はあまりよくありません。

だいたい70%前後だと思ってください。

それも購入時のレシートが必要だったりと換金するには様々な制約もあります。

なぜ、Google Playギフトカードなどの電子ギフト券は取り扱い出来ないお店が多いのでしょうか?

金券ショップが電子ギフト券の買取を行わない理由

GooglePlayギフトカードなどの電子プリペイドカードはカードの裏面にあるコード番号をアカウントに登録することで使えるようになります。

そしてこのコードが使えるかどうかは、実際に登録する段階まではわかりません。

そのため、金券ショップなどでは使用済みのGooglePlayギフトカードを買取してしまわないようにGooglePlayギフトカードなどの電子ギフト券の取り扱いは控えているのです。

コンビニエンスストアや家電量販店で陳列されている電子ギフト券は実はそのままでは使えません。

「アクティベイト」という処理を行う事で初めてコード番号が有効化されて使えるようになるのです。

お店で陳列する際に商品がないと販売しづらいので、カード式にして販売しているのですが、カードは通常の商品でいうパッケージに過ぎません。

そのため、その電子ギフトカードが盗難品の場合、金券ショップでは判別は難しいのです。

以上の理由から残念ながら、電子ギフト券を扱っている金券ショップはほとんどないので、探す手間などを考えてもあまりお勧めの現金化の方法とは言えないでしょう。

しかしメリットも当然あります。やはり実店舗の買取業者ですと顔が見えますし安心感はありますね。

金券ショップで換金する場合の特徴

  • 換金率が70%前後と低い換金率である
  • 買取可能な店舗を探すのに手間がかかる
  • 顔をみて取引できるので安心

オークションサイトに出品して換金する

続いてはオークションサイトに出品して現金化する方法です。

まずはヤフーオークション(以下ヤフオク)を例にとって進めていきます

ヤフオクでもGoogle Playギフトカードは他の電子ギフト券と同様にたくさん出品されています

実際の出品額を見ると額面の85%〜100%くらいが多いようです。ここ最近の落札金額を調べてみました。

ネットオークション(ヤフオク)の相場

  • Google Playギフトカード:10000円 
    落札価格:8500〜10000円
  • Google Playギフトカード:5000円
    落札価格:4100〜5000円
  • Google Playギフトカード:3000円
    落札価格:2400〜3000円
  • Google Playギフトカード:1000円
    落札価格:850 〜900円

出品された金額の通りに落札されればかなり高い換金率と言えますね。

ヤフオクなどのオークションサイトは、出品の手間や落札者が出るまで時間かかる事から、すぐには現金化することは出来ません。

また、多くの場合はシステム利用料や出品手数料といった費用が平均8~15%もかかるため、実際に落札者が決まりスムーズに取引が出来たとしても、落札金額がそのまま入金されるわけではないことを覚えておいてください。

オークションサイトですでに出品経験がある方は、それほど大変な作業ではないかもしれません。

また、出品金額を高く設定する事で手数料を引いても十分な換金率になることもあります。

よほどの事がない限りは落札者と連絡が取れなくなる事もないのでオークションが好きな方であれば良いかもしれません。

デメリットについては落札したGoogle Playギフトカードが使えない、使い方が分からないなど落札者の理解度が低かったりすると無駄なトラブルにになりかねません。

特に電子マネーのような類は使い方に慣れている人でないと不要な手間がかかる可能性もあります。

オークションで換金する場合の特徴

  • 出品に手間がかかる
  • 落札されても入金までには数日かかる
  • 手数料がかかるため実際の換金率は80%前後となる場合が多い

その他のオークションサイトのご紹介

メルカリ

メルカリは会員費が無料、出品時の手数料も無料で落札された時に10%の費用がかかります。

最大の問題はメルカリでは電子ギフト券などの換金性の高い商品の出品を禁止しています。

メルカリのHPはこちら

フリル

フリルも登録料や月額使用料はかかりません。

落札られた時に手数料の3.5%が発生します。

また、振込手数料として1件210円が掛かります。

こちらのサイトも原則電子ギフト券の転売は認めていません。

フリルのHPはこちら

モバオク

モバオクは月額324円の会員費が発生しますがそれ以外の手数料は発生しません

一見お得かな?とお考えになるかもしれませんが、モバオクは利用者数が若者が中心のためトラブルが多い傾向にあります。

決済などはモバオクが仲介していますが、モバオク自体に電話サポートがないため、金券などの販売の時には注意が必要です。

なにかトラブルになった時の対応は全て自身で行う必要があります。

モバオクのHPはこちら

オークションサイトを利用する注意点

オークションサイトを利用する際はそのサイトの知名度も理解しておく必要があります。

サイト自体に集客力がなければ当然落札者は現れません。

また、手数料が安いサイトもありますのでいくつかのオークションサイトを比較検討してみるのも良いでしょう。

Google Playギフトカードを安く手に入れる方法

ここまではGoogle Playギフトカードの換金の方法について解説してきました。

今回は安く購入する方法をご紹介していきます。

Google Playギフトカードを安く購入したいのであればギフト券の売買サイトを使うことをおすすめします。

売買サイトではいくつかの注意点があります。

それは換金する時と同じように売買サイトの選定です。

売買サイトでは出品されている金額にそれほどの差はありません。

タイミングが合えばどこのサイトでも定価よりも安く落札することが出来ます。

注意したいのは購入したGoogle Playギフトカードが使用出来るかどうかということです。

売買サイトでは稀にすでに登録済みの電子ギフト券が出品されている可能性があります。

Google Playギフトカードの出品数は調べたところ、アマテンがもっとも多いです。

アマテンがもっとも購入しやすい売買サイトだと思います。

購入して30分以内なら使えなかった場合のエラー報告をおこなえば支払いの必要はありません。

しかし、30分を超えてしまうと返金してもらえなくなりますので注意が必要です。

アマテンでは電子ギフトカードが使えなかった場合の保証はしていないので注意してください。

このような事情から購入は、ベテルギフトかギフテッシュがお勧めです。

どちらのギフト券売買サイトも運営元の会社がAmazonギフト券買取サイトを運営しています。

そのため不正カードのチェック体制は他のサイトと比べると行き届いています。

特にベテルギフトはギフテッシュと比べて手数料も安いですし不正ギフトの出品件数も公表しています。

万が一不正ギフト券を購入してしまった場合でも30日以内であれば返金保証もしているので安心ですね。

Google Playギフトカードに限らず、アマゾンギフト券やiTunesカードなど様々な電子ギフト券も同様に安く安全に購入できます。

【au限定】auキャリア決済を利用してGooglePlayギフトカードを現金化する方法

AUの携帯電話をお持ちの方は、携帯キャリアの後払い決済を利用すれば購入した電子ギフト券を上記の方法で換金することが出来ます。

どうしても現金が必要な場合やお給料日までのつなぎにこれからご紹介する方法を覚えておくと良いかもしれません。

これかららGooglePlayコードを購入して現金化を目指されるかたは購入方法を参考にして頂き、「ギフトグレース」または「買取ボブ」を利用すると良いでしょう。

GooglePlayコードをキャリア決済を利用して購入する際はAUの携帯電話をお持ちの方でないと出来ません。

その他のキャリアの場合は直接アカウントにチャージされてしまします。

未登録のGooglePlayコードを購入出来なければ換金することは出来ません。

GooglePlayコードをキャリア決済で購入する方法

それでは携帯電話のキャリア決済を使ってGoogle Playギフトカードを購入する手順をご紹介します。

  1. auのOnline Shopにアクセスしデジタルコード→GooglePlayコードをクリック
  2. 購入したいGooglePlayコードこ金額を選択
  3. 支払方法を確認
  4. 注文したGooglePlayコードの額面の金額を確認
  5. 注文終了:ギフトコードが発行される

上記の手順でギフトコードの購入は完了です。

GooglePlayコードは、ご自身のアカウントにコード番号を入力して登録してしまうと換金は出来なくなりますので注意して下さい。

auのOnline Shopで購入できるGooglePlayコードの金額は

  1. 500円
  2. 1,500円
  3. 3,000円
  4. 5,000円
  5. 10,000円
  6. 15,000円
  7. 20,000円
  8. バリアブル(500円〜50,000円

のいずれかになっています。

バリアブルとはご自身で好きな額面の金額を購入できるサービスですがもし現金化をお考えの場合はなるべくキリのいい数字で購入してください。

(例:21,500円 22,500円 23,000円はNG 10,000円 20,000円 30,000円などキリのいい数字が理想)

支払い方法はもちろん「auかんたん決済」です。

確認画面をみて注文を完了させればその場でGooglePlayコードが発行されます。

購入した際にGooglePlayコードのコード番号が表示されますが、アカウントにチャージだけは絶対にしないようにしてくだい。

コード番号は大切な番号ですので、画面をスクリーンショットなどでコピーして下さい。

また、GooglePlayコードには有効期限はないので好きな時に換金が可能です。

以前、1度販売中止をしていた時期があったようですが、今は購入可能です。

いつ販売が中止されるかわかりませんので、もし購入を検討されている方がいらっしゃれば早めにご購入することをお勧めします。

【保存版】Google Playギフトカードの使用方法と5つの換金方法|高換金率で即日買取に対応した厳選買取サイトをご紹介 まとめ

今回はGoogle Playギフトカードの換金方法のまとめという事でお伝えしてきました。

今後、Googleplayギフトカードを換金する機会があれば、ぜひ参考にして下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました。

-GooglePlayカード, ギフト券買取
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ハッピーチョイス / Happy Choice , 2018 All Rights Reserved.