電子ギフト券

【保存版】電子ギフト券とは?種類や使用方法、換金方法を解説

更新日:

この記事の目次

生活に必需の電子マネーや電子ギフト券

電子マネーの普及と共に人気を集めているアマゾンギフト券やiTunesカードといった電子ギフト券。

電子ギフト券には様々な種類があり、それぞれ使用できる場所や用途が異なります。

今回の記事では、人気電子ギフト券や定番の電子ギフト券の種類、電子ギフト券の一般的な購入方法、最高買取率で現金に出来る換金方法などを解説していきます。

電子ギフト券はたくさんの種類が販売されています。そのため、利用に積極的ではない方もいるかもしれませんが、基本的な使い方さえわかれば非常に便利です。

この記事を読んでいただいた方が少しでも電子ギフト券について興味を持っていただけたらと思います。

電子ギフト券??

  • 使い方がわからない
  • どれが一番人気なの?
  • 使わないから換金したい

そんな風にお考えの方はぜひ、参考になさってください。

関連記事
楽天カードの換金はこちら

電子マネーや電子ギフト券

まずは電子ギフト券とは一体どんなものなのでしょうか?電子ギフト券をご説明するならまずは、電子マネーについてご説明するのがわかりやすいと思います。

万が一電子マネーについてあまりご存知の方がいらっしゃらないようでしたらぜひ、最後までお読みください。。

まずは簡単に電子マネーについてご説明します。

電子マネーとは?


電子マネーは近年、日本でもどんどん身近になってきています。海外では現金が使えずに電子マネーのみ利用できるお店がどんどん増えてきています。

電子マネーを一言で表すと「ご自身のお金の情報を保存して利用できるカード」です。
(最近はアプリに記録することもできる)

わかりやすい例をあげると、テレホンカードやSUICA、PASMOを想像していただくと、良いかもしれません。

電子マネーはご自身の資産をカードやスマホアプリに記憶させて様々なお店やインターネット上で利用することが出来ます。

様々な種類が出ているのでわかりづらい面もありますが、実はほとんどの方がすでに利用されているのがこの電子マネーです。クレジットカード機能がついているものもたくさんあります。

電子マネーの種類

電子マネーとして使えるカードは様々な種類が存在しています。下記に例を挙げます。

電子マネーの種類とは?

  • SuicaやPASMO
    (JRなどの交通機関で発行)
  • デビットカード
    (銀行など金融機関が発行)
  • 楽天ポイントカード
    (楽天が発行)
  • Nanacoカード
    (セブンイレブンが発行)

御覧のように電子マネーは様々な会社が発行しているカードに現金を先払いで入金して様々な用途に利用することが出来ます。

提携している会社が多ければ多いほど使える場所も広がります。

デビットカードはクレジットカード会社と提携している場合が多いので海外に行く際には一枚くらい持っていると便利かもしれません。

Amazonギフト券やiTunesカード

amazonギフト券
これまでご紹介した電子マネーは実際のお店や交通機関、コンビニエンスストアで利用できるものでした。

続いては、Amazonギフト券やiTunesカードといったネット上のサービスで利用が出来る電子ギフト券についてご紹介していきます。

Amazonギフト券やiTunesカード、Googleplayカード、LINEプリペイドカードといった電子ギフト券は、そのままお店に持って行っても利用することが出来ません。

Amazonギフト券やiTunesカードといった電子ギフト券と呼ばれるものは、先払いのプリペイドカードです。

それぞれの会社が運営しているオンラインのショッピングサイトなどにアカウント登録を行い、そのアカウントに購入した代金分の電子ギフト券を登録(チャージ)して利用します。

電子ギフト券の種類

続いては、人気の電子ギフト券をご紹介します。電子ギフト券は非常に多くの種類が販売されていますが、特に有名なものをご紹介します。

電子ギフト券の種類

  • Amazonギフト券
  • iTunesギフトカード
  • Googleplayギフトカード
  • 楽天ポイントギフトカード
  • ニンテンドープリペイドカード
  • Lineプリペイドカード

上記のカードは電子ギフト券を語るうえで外せない有名な電子ギフトカードです。それぞれのカードの特徴は今回は割愛させていただきますが、ポイントは以下の通りになります。

電子ギフト券のポイント

  1. 前払いのチャージ式
  2. コード番号をアカウントに登録
  3. 現金で購入可能

電子ギフト券はそれぞれの会社がクレジットカードの代わりに決済できる手段として発行し、プレゼントや、景品などにも利用される大変便利なプリペイド方式の電子マネーです。

関連記事
電子ギフト券の換金はこちら

電子ギフト券の使用方法

続いては電子ギフト券の利用方法をご紹介します。今回は、電子ギフト券の中でも最も多くの方に利用されているアマゾンギフト券を例にとって、使用方法を解説していきます。

Amazonギフト券は正解最大のオンラインサイト、Amazonで利用できる電子ギフトカードです。

使用方法はオンラインサイトAmazonのアカウントに、ギフトコードと呼ばれるアマゾンギフト券を買うと必ず付いてくる16桁の番号を登録します。この ギフトコードは、Amazonギフト券を購入すると必ず付いてくる番号です。

この番号に購入した金額などが記憶されていて、アカウントに登録すると、購入した金額などが反映されるという仕組みになっています。

コンビニエンスストアや家電量販店で購入した場合はAmazonギフト券の裏面にスクラッチ、もしくはシールが貼られていてそこを剥がすとギフトコードがご覧いただけます。

Eメールタイプの場合は購入時に登録したメールアドレスにギフトコードが届きます。

チャージタイプの場合は直接アマゾンのアカウントにチャージされるようになっています。

基本的に電子ギフト券の使用方法は同じです。iTunesカードもGoogleplayカードも、それぞれのアカウントにギフトコードを入力することで利用できるようになります。

Amazonのアカウントにチャージする方法

購入したアマゾンギフト券をAmazonのアカウントに登録する方法は非常に簡単です。

ギフトコード登録方法

  1. AmazonのHPにアクセス
  2. アカウントにログイン
  3. 左上のメニューをくクリック
  4. アカウントサービスをクリック
  5. Amazonギフト券を登録するへ進む
  6. ギフトコードを入力

Amazonのサイトをスマホで利用する際はアマゾンのアプリをインストールすると操作しやすいのでお勧めです。

Amazongギフト券の種類

Amazonギフト券には7種類のタイプがあります。

アマギフのタイプ

  1. カードタイプ
  2. チャージタイプ
  3. Eメールタイプ
  4. シートタイプ
  5. 印刷タイプ
  6. ボックスタイプ
  7. グリーティングカードタイプ

上記7種類、どのタイプを購入してもアマゾンギフト券コード番号が必ず付いてきます。

Eメールタイプは、ギフトコードのみメールで届くので、現物がありません。

このような仕組みは電子ギフト券では多くみられます。iTunesギフトカードや、Googleplayギフトカードもギフトコードのみで販売されています。

iTunesギフトカードやGoogleplayカードなどは人気のスマートフォンやタブレットでゲームやアプリの購入などに利用するためのものなので、携帯電話会社のオンラインストで購入することが出来ます。

その際は、ギフトコードのみで購入出来るようになっているので、非常に便利です。

Amazonギフト券の購入方法


続いては、amazongギフト券の購入方法のご紹介です。

アマゾンギフト券に限らず、多くの電子ギフト券は様々な場所で購入することが可能になっています。

どのような場所で購入できるかは以下の通りです。

ギフト券の購入場所

  • コンビニエンストア
  • 家電量販店
  • ドラッグストア
  • 大型スーパー
  • オンライン上の電子ギフト券専門サイト

上記以外にも非常に多くの場所で見かけることが出来ます。

クレジットカードとの違い

クレジットカードもやはりカードを提示して利用できるという点では同じですが、下記が決定的に違います。

クレジットカードとの違い

  • 電子マネー→先払い
  • クレカ→後払い

クレジットカードはカード会社が一時的に支払いを代わりにしてくれるサービスなので借金に近いのですが、電子ギフト券はあくまで自身のお金を先に払ったり、記憶させることで利用します。

電子ギフト券が人気の理由


ここまでご紹介した電子ギフト券について、概要は理解していただけたでしょうか?

電子ギフト券は現在非常に多くの種類が発売されていますが、なぜ、ここまで人気になったのでしょうか?

いくつかポイントを挙げてみました。

ギフト券人気の秘密

  • プレゼントや景品に使える
  • クレジットカードの代わりに使える
  • 使いすぎを防げる
  • 現金やクレカよりお得に購入できる

以上のような点が、人気の秘訣となっています。

NanacoカードやWaonカードはポイントがどんどん貯めることが出来るのでポイントを集めて他の電子ギフトカードに交換したり、ほしい商品に交換したりと様々な利用方法があるのも電子マネーの魅力の一つです。

電子ギフトカードの換金方法

先ほど、Amazonギフト券などの電子ギフト券はプレゼントや景品などで使い勝手が多いというご説明をさせていただきました。

電子ギフト券は、使える場所が限定されているので、自分では全く利用する事のない電子ギフト券をもらったりすることもあります。

例えば、iPhoneユーザーの方が、Googleplayギフトカードをもらっても利用する機会はありませんし、ポイントがたまるという理由で楽天のショッピングサイトを利用している方が、Amazonギフト券をプレゼントされても利用する機会はないと思います。

そのような時には、現金に換金することが出来ます。

換金方法は大きく分けて3つの方法になります。

ギフト券の3つの換金方法

  1. 金券ショップで換金
  2. 買取サイトで換金
  3. オークションサイトで換金

ハッピーチョイスがお勧めする換金方法は、電子ギフト券の買取を専門としている「買取サイト」というネット上の金券ショップで買取してもらう方法がお勧めです。

関連記事
Amazonギフト券を換金したい方はこちらをご覧ください

買取サイトを利用する


買取サイトは電子ギフト券の人気と共に、ここ最近、多くのサイトが誕生しています。

金券ショップと違い、ネット上のみで営業しているサイトがほとんどです。

買取サイトも換金率が非常に高いところから、安いところまでたくさんあり、中には評判の良くないサイトもあります。安心して買取に出せる買取サイトは限られます。

買取サイトのメリットは以下の通りです。

買取サイトの魅力

  1. 高い換金率
  2. 即日現金化が可能
  3. 申込が比較的簡単

以上の点が買取サイトを使う上でのメリットです。

お手元に不要な電子ギフト券がある方は、この機会に現金に換金してみてはいかがでしょうか?

ハッピーチョイスがお勧めする買取サイトをご紹介します。

関連記事
おすすめ買取サイト ギフトグレース


高換金率を実現できる優良買取サイト 7選

電子ギフト券を換金するなら「買取サイト」を使うのが最も簡単で高い換金率を実現する手段です。

その中でも特に高い換金率を実現できる買取サイトをご紹介します。

こんな時は買取サイト!

  • 「電子ギフト券を換金したい」
  • 「ギフト券を使って現金化したい」

私自身も実際に試した、優良買取サイトをご紹介しますので、是非参考にして下さい!

ギフトグレース

Amazonギフト券を92%以上の換金率で買い取る買取サイトのギフトグレース

電子ギフトカード買取サイト最大手の一角

換金率 82%〜93%(Amazonギフト券は初回90%以上保証)
営業時間 24時間営業(定休:日曜日0時〜月曜日8時)
振込みまでの時間 特急プラン:30分~60分
通常プラン:2時間から5時間
翌日プラン:翌日
振込手数料 総額1万円以上の利用は振込手数料0円(ギフトグレースが負担) 総額9,999円以下の場合、振込手数料は一律216円
24時間/土日もOK 即入金反映する銀行 ゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、三菱東京UFJ銀行
運営している企業 株式会社ノア商社がサービスを運営しています。 古物商許可番号:東京都公安委員会 第304361307130号

ギフトグレースは、その人気の高さから、多くの口コミやランキングで上位を獲得し続けリピート率も非常に高い電子ギフト券買取優良サイトです。

どんな時でも対応できる24時間営業ですので、急にお金が必要になっても安心です!

そして現在、ギフトグレースはあの楽天ギフトカードを86.5%以上という業界最高換金率で買取してくれる唯一の買取サイトです。

転売業者とは違い自社買取なので、換金手続きも早く、最短5分であなたの口座に振り込まれます。

初めての方、利用に不安がある方や最高換金率を求めている方にもおススメできる満足保証の買取優良サイトです。


買取ボブ

電子ギフト券 を買い取る買取サイトの買取ボブ

電子ギフト券買取サイト最大手の買取ボブ

換金率 83%〜93%(Amazonギフト券は初回90%以上保証)
営業時間 24時間営業
365日年中無休

振込みまでの時間 即日プラン20分~60分
ゆとりプラン1時間~6時間

振込手数料 0円(買取ボブが全て負担)
24時間/土日もOK 即入金反映する銀行 ゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行、じぶん銀行、りそな銀行、オリックス銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、新生銀行、東京スター銀行、イオン銀行、スルガ銀行
運営している企業 価格.comにも登録されている複合企業のお魚通販.com株式会社がサービス運営しています。 古物商許可番号:東京公安委員会許可店 第308870607704号

サルがイメージキャラクターの、電子ギフト券買取サイトの中で取引高が最も大きい電子ギフト券買取最大手のサイトです。

営業時間はうれしいことに24時間営業で休みなしです。

電子ギフト券買取サイト最大手なので利用に少しでも不安を覚えていたり、初めて利用する方、どこの買取サイトを利用しようか迷っている方には、絶対おすすめです。

安全、高換金が保証された買取優良サイトです。


金券買取EX

Googleplayカードを83%,amazonギフト券 を初回92%の買取率で買い取る買取サイトの金券買取EX

電子ギフト券買取サイト大手の金券買取EX

換金率 81%~91%(Amazonギフト券は初回90%以上保証)
営業時間 平日:朝9時から夜21時※初回利用のみ夜19時まで
土日祝祭日:朝9時から18時30分
振込みまでの時間 スピードプラン20分~60分
のんびりプラン1時間~8時間
振込手数料 総額1万円以上の利用は振込手数料は0円(金券買取EXが負担) 総額9,999円以下の場合は振込手数料は一律216円
24時間/土日もOK 即入金反映する銀行 ゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、三菱東京UFJ銀行
運営している企業 株式会社金券買取EXがサービスを運営しています。 古物商許可番号:東京公安委員会許可店 第304361804921号

換金率や振込速度も業界トップクラスの金券買取EX。

GooglePlayギフトカードやiTunesギフトカード 、Amazonギフト券などのギフト券、のほか、ANA、JAL、ソラシドエア、スターフライヤーなどの株主優待券も高値で買取してくれます。

金券買取EXは取り扱うすべての金券を業界最高換金率で現金化してくれます。

使用しなければただのゴミとなってしまうので、換金して現金に換えてしまいましょう!


買取本舗

amazonギフトカード 買取サイトを運営する買取本舗

電子ギフトカード買取、安心優良サイトの買取本舗

換金率 76%~92%(Amazonギフト券は初回90%以上保証)
営業時間 24時間営業 365日年中無休
振込みまでの時間 20分~60分
振込手数料 0円(買取本舗が全て負担)
24時間/土日もOK 即入金反映する銀行 ゆうちょ銀行、楽天銀行 ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行
運営している企業 Gifthonpo Co. Ltd.がサービスを運営しています。

電子ギフトカードを高換金率で換金できる買取本舗は、数少ない、優良電子ギフトカード買取サイトです。

どこよりも高い買取を実現すると業界最高換金率を掲げているところも、利用者にとっては嬉しいことです。

便利な24時間年中無休、あなたが欲しいと思うその場で高換金率の現金化を実現します。

安心ギフト

amazonギフトカード 買取サイトを運営する安心ギフト

バリアブルカードも買取可能なAmazonギフト券買取サイトの安心ギフト

換金率 88%~95%
営業時間 365日年中無休 9時~21時
振込みまでの時間 15分~60分
振込手数料 0円~500円
24時間/土日もOK 即入金反映する銀行 ゆうちょ銀行、楽天銀行 ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行
運営している企業 株式会社DICEがサービスを運営しています。

安心ギフトの大きな特徴は、やはり最高95%(平均90%)を実現する非常に高い換金率でしょう。

最近では、利用者から多くの要望があったため、Amazonギフト券以外にも「 iTunesカードの買取」も行っているので、併せてお得に現金化することができます。


ギフト買取KING

Amazonギフトカード 買取サイトを運営するギフト買取KING

Amazonギフト券の種類によって変化しない買取サイトのギフト買取KING

換金 90%保証
営業時間 365日年中無休9時~21時
振込みまでの時間 20分~60分
振込手数料 500円
24時間/土日もOK 即入金反映する銀行 ゆうちょ銀行、楽天銀行 ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行
運営している企業 ギフト買い取りKINGがサービスを運営しています。

「買取KING」はKINGの名に恥じない非常に高い換金率で当日の現金化を実現します。

Amazonギフト券の種類(E-mail、カードタイプ、印刷)によって換金率の変化がないのが嬉しいところ。

ギフト券の買取単位は1万円~500万円気になる買取率は90%保証と高換金率です。

1万円以上の換金をしたい方にオススメできる優良買取サイトです。

ギフト買い取りKINGでは交渉可能を明言しています。

自信がある方は、ダメもとで一度交渉してみてはいかがでしょうか?


ギフト買取トーマス

Amazonギフトカード 買取サイトを運営するギフト買取トーマス

ギフト買取トーマスは、即日換金可能なamazonギフト券買取サイト

換金率 88%~92%(Amazonギフト券は初回90%以上保証)
営業時間 365日年中無休 9時~21時
振込みまでの時間 30分~180分
振込手数料 0円(買取本舗が全て負担)
24時間/土日もOK 即入金反映する銀行 楽天銀行、ゆうちょ、ジャパンネット銀行
運営している企業 ギフト買取トーマスがサービスを運営しています。

90%以上の換金率を実現するギフト買取トーマスの特徴は、当日入金が可能で全タイプ(E-mail、印刷、カードタイプ)の買取を行っている買取サイトです。

買取単位は1万円~500万円ですので、1万円以上の利用をお考えの方にオススメです。

初回の方は最低90%以上の買取率を保証しています。


関連記事
iTunesカードを換金したい方はこちらをご覧ください

金券ショップで換金

金券ショップを利用する方法は、電子ギフト券を扱う金券ショップが非常に少ない事、大黒屋さんなどの大手の金券ショップでは取り扱いがないことから、あまりお勧めできる方法ではありあません。

関連記事
アマゾンプライムビデオの魅力を解説

オークションサイトで換金する

オークションサイトを利用する方法は、非常に高い換金率で売却できる可能性はあるものの、手間が掛かるうえに、いつ売れるかわからないといったデメリットもあります。電子ギフト券の売買サイトと呼ばれる、電子ギフト券専門の、オークションサイトがあるのでもし、興味がある方はチェックして下さい。

クレサポがお勧めする売買サイトをご紹介します。クレサポがお勧めする売買サイトは2社、ギフティッシュとベテルギフトです。お勧めしたい理由は以下の通りです。

売買サイトお勧めのポイント

  1. 出品しているギフト券が多い
  2. サイトが非常に見やすい
  3. 使えないギフト券を購入した場合は返金対応が可能

売買サイトでは、個人間売買の仲介サイトなので、すでにアカウントに登録済み、つまり利用できないギフト券が出品されているケースがあります。ギフティッシュとベテルギフトはもしそのようなギフト券を購入してしまった場合には30日間の返金対応に応じてくれるのです。

他のサイトでは、諦めるか、30分以内であれば返金に応じるなど、非常に利用者にとっては厳しい条件ですが、お勧めする2サイトは非常にユーザー目線の対応をしてくれます。


売りたい人と買いたい人をつなぐ売買サイト

売買サイトを利用すれば、最大20%も安く購入することができます。

もし購入したいと思っている方は、コンビニや他の量販店で買うよりお得に入手できるので、ぜひ利用してみるといいでしょう。

売買サイト1社目は、ギフティシュー / Giftissue

ギフティシューは金券や商品券を出品できる

日本最大級のギフト券売買プラットフォームを展開

ギフティシューの大きな特徴は、ヤフーオークションやメルカリの様に、お手持ちのiTunesギフトカード、GooglePlayギフトカード、アマゾンギフト券、楽天ギフトカード、商品券、株主優待券を出品して、落札されたら初めてお金を手にできる仕組みを採用しています。

利用者は非常に多く日本最大数の利用者を誇ります。

多くのギフト券に対応

iTunesギフトカード 、GooglePlayギフトカード 、 amazonギフト券 、楽天ギフトカード 、LINEカード、Webmoney レコチョク、はてはANAやJALの株主優待券など、さまざまなギフトカードをとてもお得に購入することができます。


売買サイト2社目は、べテルギフト

ベテルギフトはGooglePlayギフトカードを出品できる

返金保証も充実した、安全なギフト券売買サイト

ベテルギフトの大きな特徴は、ギフティシューと同様に、出品後落札されたら初めてお金を手にできる ギフト券売買サイト の仕組みを採用しています。

多くのギフト券に対応

GooglePlayギフトカード 、 iTunesギフトカード 、 amazonギフト券 、楽天スーパーポイントギフトカード、LINEカード、Webmoney レコチョク、はてはANAやJALの株主優待券など、さまざまなギフトカードを安く購入することができます。


【保存版】電子ギフト券とは?種類や使用方法、換金方法を解説


今回は電子ギフト券についてご紹介させていただきました。いかがでしたでしょうか?

今後も、電子マネーの需要はますます増えていくことは間違いありません。これを機に色々な電子マネーに触れる機会を増やしてみてはいかがでしょうか?

ありがとうございました。

-電子ギフト券
-

Copyright© ハッピーチョイス / Happy Choice , 2019 All Rights Reserved.