クレジットカード現金化

クレジットカード現金化はやばい? | リスクと違法性について

更新日:

クレジットカード現金化 保存版記事

この記事の目次

クレジットカード現金化とは? | 利用した場合の違法性や換金率

お金が足りない時には昔からクレジットカードを利用した現金化の方法が利用されます。

クレジットカード現金化とは、ショッピング枠を色々な方法で現金化する事です。

例えば金券を購入してチケットショップに換金してもらう方法などは有名な換金方法です。

しかしカード会社の規約違反にあたるクレジットカード現金化は、カード会社も規約違反として換金目的での使用には注意喚起しています。

クレジットカード現金化は専門店を利用するか、ご自身で換金性の高い商品を購入して転売する方法の2つがあります。

クレジットカード現金化は即日で現金が必要な方が利用しているサービスです。

キャッシングを利用する事でなんとかなる場合もあるでしょうが、限度額が足りない方も多いのです。

他社からの借り入れがたくさんある方や、返済ができなかった事がある方、正社員ではなく職を転々としている方などは新たにカードの審査が通りにくくなります。

クレジットカード現金化は既に持っているカードで現金が作れるということで利用する方も多いのです。

今回は『クレジットカード現金化』の現状と注目されている新たな方法についてもご紹介します。
解説

クレジットカードのショッピング枠の現金化は違法なのか?

この記事を読み進める前にショッピング枠を現金化すると、法律違反なのか?とお考えになる方もいらっしゃると思います。

結論から申し上げると、法律違反ではありません。

しかしカード会社では禁止事項なので出来ればやらないほう方が良いということです。

利用者側がクレジットカードの現金化をしたこことで逮捕された前例もありませんし、利用したからといって法律違反にはなりません。

クレジットカード現金化はなぜ規約違反なのか?

なぜクレジットカード現金化は規約違反になるのでしょうか?

クレジットカード会社はショッピング枠、キャッシング枠とそれぞれ利用者に適当と判断した限度額を審査の上でクレジットカードの発行を行なっています。

ショッピング枠を現金化したとしても債務を負う事には違いありません。

クレジットカード現金化をすれば利用者の負担が大きくなり、返済は大変になり最悪のケースの場合は返済出来なくなってしまうケースもでてくるかもしれません。

大前提として、ショッピング枠を現金化するのにも手数料がかかるわけですから、まずはショッピング枠の現金化以外に方法はないのかという事を考えてみる事をおすすめします。

現金化業者の利用はカード会社にバレにくい?

カード会社は、換金が目的のクレジット決済を認めていません

しかし、現金化業者がカード決済を利用して換金が出来るのはなんとなくおかしいと感じますよね?

クレジットカード会社は換金目的の利用を止めさせたいわけですから、現金化業者にカード決済の許可を与えていること自体に矛盾があります。

クレジットカードの決済が出来るようになるには、カード会社の承認が必要になりますが、現金化業者に利用の許可は下りません。

そこで現金化業者は、決済代行会社と呼ばれるクレジットカードの決済を代わりにしてくれる会社を通じておこないます。

カード会社は、決済代行会社を経由して現金化業者が決済をしていると調べるのが困難になります。

クレジットカード現金化をしたら家族にバレれてしまう?

クレジットカード現金化はご自身の名義のクレジットカードを使う事が大前提となります。

クレジットカード現金化が家族にバレてしまうケースは、カード会社から送られる購入履歴を見られてしまった場合です。

現金化業者でおこなう場合は、怪しい履歴が残らないように配慮しているので購入履歴から疑われる可能性は低いと言われています。

ご自身で商品を購入して転売することで現金化をする場合には、どこでなんの商品を購入したかによってご家族の方に怪しまれるかもしれません。

クレジットカード現金化の方法とは?

クレジットカード現金化は基本的には専門の業者を利用しておこないます。

現金化業者を利用すると、手数料は「15%〜25%」です。

また自分で商品を転売してカード現金化することもできます。

どちらの方法もカード会社にばれてしまう可能性は低いですが、規約違反ですから頻繁にやることは避けてください。

クレジットカード現金化にお勧めのアイテムは?

クレジットカード現金化を自分でやる場合、アイテムとして利用される商品は時代によって変わっていきます。

少し前はデパートの商品券やカード会社の発行するギフトカードが利用されていました。

しかし現在はクレジットカードで購入すると手数料が掛かるので現金化のアイテムとしては不向きな金券になりました。

平成の2010年以降、高く買取可能な商品として「新幹線の回数券」が注目されるようになりました。

ご存じのように「東京―大阪間」などの回数券は非常に高く買取してもらえる商品でした。

クレジットカード現金化の大口顧客である会社経営者などは法人カードで回数券を購入して金券ショップで現金化することで現金を用立てていました。

2021年にはついにJRが回数券の販売を中止することが決まり、回数券が現金化のアイテムとしては利用できなくなりました。

現在、注目を集める現金化のアイテムは2つあります。

現金化の注目アイテム
  1. 切手
  2. 電子ギフトカード

この2つのアイテムは非常に高く買取されていてクレジットカードで購入できます。

切手の場合は購入できる場所や決済方法に制限があるため、利用者によっては多少面倒に感じる方も多いと思います。

一方でプリペイドタイプの電子マネー、Amazonギフト券やiTunesギフトは、クレジットカードで購入出来て換金も簡単なので最近のクレジットカード現金化には電子ギフトカードがより注目を集めています。

参考記事
新幹線の回数券が廃止

Amazonギフト券は90%以上の換金率で買取されていた

この記事をご覧の方は、Amazonギフト券をご存知でしょうか?

ショッピングサイトAmazonで、現金と同じように決済手段として利用できるプリペイドタイプの電子マネーです。

Amazonギフト券はプレゼントにも人気で、日本でも多くのAmazonギフト券が利用されています。

そのため、高い買取率で現金化してくれる買取業者も存在していてその買取率は『90%』を超えてきます。

クレジットカード現金化業者とAmazonギフト券現金化を手元に残る金額だけで比較すると、Amazonギフト券の方が多くのお金に換金する事が出来ます。

Amazonギフト券などの電子マネーは、一般的な商品券と違って商品券自体の実物がなくても利用できるメリットがあります。

そのため買取してもらう際も、わざわざ足を運ぶ必要もなく、インターネットを利用して「ギフトコード」を送るだけで現金化する事ができるので、多くの方がクレジットカード現金化の手段の1つとして利用されています。

2021年、Amazonギフト券の換金率は80%前後に落ち込んでいます。
解説

Amazonギフト券現金化の6つのメリット

あらためて、Amazonギフト券を利用したクレジットカード現金化のメリットをご紹介します。

6つの安心
  • 自分でやるので安心
  • 高い換金率
  • 来店不要
  • 即日現金化が可能
  • どこからでも申込出来る
  • いつでも申込が出来る

これだけ好条件が揃っている現金化の方法は他に見当たらないのではないでしょうか?

もしどうしても現金が必要な場合、Amazonギフト券を利用した換金方法を利用する事がおすすめです。

Amazonギフト券現金化のデメリット

ご紹介しているAmazonギフト券の現金化ですが、当然デメリットもあります。

それは「カード停止のリスク」です。

現金化業者を利用する以外、自分で行う現金化の中では比較的カード会社に知られるリスクは低いようですが、利用頻度や利用の金額には注意が必要です。

まとまった金額を現金化したいとお考えの方は、現金化業者を利用した方が良いかもしれません。

Amazonギフト券買取サービスを利用した現金化の手順

ここからは『Amazonギフト券を利用したクレジットカード現金化の手順』をご紹介していきます。

Amazonギフト券の現金化にもいくつかの『注意点』があります。

手順通りに進めていただければ『90%の換金率は約束』されています。

是非参考にしてください。

手順1 Amazonギフト券を購入

まずはAmazonギフト券の購入からです。

Amazonギフト券は様々な場所で購入する事が出来ます。

Amazonギフト券を購入できる場所は大きく分けると以下の3つになります。

3つの購入場所
  1. Amazon公式サイト
  2. 小売店
  3. 売買サイト

身近なところだと、コンビニエンスストアでAmazonギフト券のカードタイプを見かけた事がある方も多いと思います。

Amazonギフト券は小売店のほかに、ショッピングサイトAmazonでの購入、電子マネーを中心に個人間売買を仲介している「ベテルギフト」などの売買サイトで購入する事が出来ます。

売買サイトではAmazonギフト券が定価よりも安く販売されいるので「少しでも多くの現金を手にしたい」とお考えの方はぜひ一度売買サイトにアクセスしてみてください。

注意:最近では売買サイトに利用できないAmazonギフト券や不正取得したAmazonギフト券が多く出回るという被害が多発しています。Amazonギフト券を購入するのであれば公式サイトがおすすめです。
解説

今回は、Amazonの公式サイトで購入する手順をご紹介します。

Amazonギフト券 Eメールタイプを購入

Amazonギフト券現金化をするにあたり、まず最初の注意点です。

Amazonギフト券にはいくつかの種類がありますが、高い買取率で現金化できるのは、「Amazonギフト券 Eメールタイプ」です。

他のタイプのAmazonギフト券は買取率が下がったり、買取不可となるので注意してください。

購入手順は以下の通りです。

購入手順

  1. Amazonにアクセス
  2. アカウントにログイン
  3. Eメールタイプで検索
  4. 金額を指定して購入

支払いはご自身のアカウントに登録しているクレジットカード決済でおこないます。

購入が終わると、10分程度で「16桁のAmazonギフトコード」が指定したメールアドレスに届きます。

ギフトコードは『アカウントに登録してしまうと換金できなくなる』ので注意して下さい。

このギフトコードは、買取の際に必要になるので大切に保管しておいて下さい。

手順2 Amazonギフト券を換金

続いては購入したAmazonギフト券を現金化する手順です。

Amazonギフト券の買取は多くの買取業者がおこなっていますが、90%以上の買取率を実現してくれる買取業者はそれほど多くありません。

まずは90%以上の買取率を実現してくれる買取業者3社をご紹介します。

自分でクレジットカード現金化 Amazonギフト券換金 まとめ

Amazonギフト券を利用したクレジットカード現金化の方法はご理解頂けたでしょうか?

Amazonギフト券を購入して買取業者で現金化するまで早ければ1時間程度で終わります。

買取業者からの振込は混雑の状況により時間差があるので、少し、時間に余裕を持って手続きしていただく事がおすすめです。

クレジットカード現金化 専門店を利用する方法

続いては、現金化業者を利用してクレジットカード現金化をする方法についてご紹介します。

クレジットカード現金化というサービスについて危険なサービスで違法性が高いとお考えの方も多いようですが、現金を必要としている方にとっては非常に役に立つサービスです。

クレジットカード現金化業者を利用する方法でいちばん大事なのは『どこの現金化業者を選べば良いか?』という点です。

そのためにもまずは現金化業者がどのような形で私たちのクレジットカードのショッピン枠を現金化しているのかという仕組みについてご理解いただくと良いと思います。

クレジットカード現金化業者の概要

クレジットカード現金化業者の多くは古物買取の許可を得て営業しています。

理由は、利用したい人がクレジットカード決済した商品を買取して現金化するという仕組みをとっているからです。

近年のクレジットカード現金化業者は、買取方式キャッシュバック方式というどちらかの仕組みでクレジットカード現金化をおこないます。

両方のやり方に対応している現金化業者もありますが、大抵はどちらか一方の仕組みを使う事が多いようです。

クレジットカード現金化 買取方式とは?

買取方式は、三店方式とも呼ばれています。

現金化業者とクレジットカード決済代行会社、そして買取業者が関わり現金化を進めていく方法です。

利用者はまず、申し込みをした現金化業者が指定した商品をクレジットカードで購入します。

続いて購入した商品を現金化業者に指定された買取業者で現金化(買取)してもらいます。

この三店方式はパチンコの景品交換の仕組みと同じやり方です。

ご存知の方も多いとは思いますが、パチンコはギャンブルではなくあくまでもただの娯楽です。

そのため、出たパチンコ玉をお金に換金したり景品交換をパチンコ店が直接することは違法行為です。

直接現金に換えることが出来ないパチンコ店は、出玉を景品に交換して他の買取店で現金化してもらいます。

クレジットカード現金化の買取方式もこの仕組みを採用しています。

クレジットカード現金化 キャッシュバック方式とは?

キャッシュバック方式とは、現金化業者の関係するお店ででクレジット決済をします。

キャッシュバックキャンペーンのある商品』を購入しキャッシュバックされる金額から手数料を引かれて振り込まれるという仕組みです。

この仕組みを利用すれば商品の転売などの手間が省け、決済の確認が取れ次第、現金が受け取れます。

現金化業者が指定する商品は、利用価値のない安価な商品ですがあくまで形式的なものになります。

買取方式とキャッシュバック方式はどちらがおすすめ?

結論から申し上げると、どちらも変わりません。

利用者側から見ると、どちらの方式を使っていても換金率を高くしてくれて簡単に現金が受け取れる現金化業者を選びたいですよね。

利便性という観点で見るとキャッシュバック方式の方が手間がかからないのでおすすめです。

ただし、オンラインだけの取引はどの業界にも悪質な行為をする業者は存在しているので注意が必要です。

クレジットカード現金化業者を使うメリットとデメリット

お金が必要となった時、キャッシング枠がいっぱいだったり、新しいカードの審査が通りにくく手続きに不安がある方なもいらっしゃるでしょう。

そんな時、今あるクレジットカードのショッピング枠の現金化は、審査不要でだれでもすぐに現金を手に入れる事が可能です。

しかしこれまでもお伝えした通り、最大のリスクはクレジットカードが利用できなくなる恐れがあるという事と、手数料が非常に高額になる可能性がある点です。

クレジットカード現金化を使うメリット

クレジットカードのショッピング枠がある方は、誰でも審査なしで利用ができるため、定職に就いていない方でも利用可能です

分割払いを選べば返済方法を選択できるので、一括での支払いが困難な場合でも返済可能(ただし、リボ払いや分割の支払いには利息が発生します)です。

インターネット上にあるクレジット現金化業者であれば、24時間申し込みが可能なため時間や場所を選ばずに申し込みできます。

このように急場ですぐに現金が欲しいけど、他に借りるあてもないし手段もないといった方には多くのメリットがあります。

他の方法に比べると「カード停止のリスクを軽減できる」点も魅力です。

クレジットカード現金化業者を使うデメリット

クレジットカード現金化業者を利用するデメリットは、悪質業者の存在です。

悪質店の恐怖
  1. カード情報の流出
  2. 法外な手数料

上記のような事が発生しているようです。

この記事をご覧の方も是非注意して下さい。

現金化業者でおこなうクレジットカード現金化の換金相場はどのくらい?

クレジットカード現金化業者を利用した際の換金相場ですが、一般的には『70%〜85%』です。

年利に換算すると、とんでもない金利となります。

金利として計算した場合は、明らかに出資法違反となります。

カード現金化業者は、貸金業の認可はありません。

現金化業者は古物商の認可を受けて行う古物の買取や商品の販売(キャッシュバック方式)であり、貸金業者ではないのです。

利用するときの返済計画は、きちんと事前に立てることをおすすめします。

いくら審査不要とはいえ、結局返済するのはご自身です。

返済のあてがない時には違う方法をさがすのも1つかもしれません。

クレジットカードを使わない方法

クレジットカード現金化を使わずに現金を用立てる方法はこちらの記事をご覧ください。

現金化業者の広告やホームページに記載している換金率通りに現金化することは難しいです。

そのほかに手数料として引かれる金額があることを認識して下さい。

相場(80%前後)を超えた金額が手元に残る可能性は、ほとんどないと認識した上での利用をおすすめします。

悪徳な現金化業者には注意が必要です

クレジットカードショッピング枠現金化を利用するうえで、まず絶対に気をつけなければいけないのは、悪徳現金化業者の存在です。

慎重にどの現金化業者を利用するべきなのかをしっかりと見極める必要があります。

悪徳な現金化業者を利用してしまった被害の口コミ投稿

新聞やネットで調べると下記のような事例が出ています。

投稿者Bさん
ある現金化業者を利用した時に、約束していた金額より入金額が少ないことがありました。その後連絡しましたが「手数料分を引いておきました」と、何の説明もなく振込されました。ほんとにがっかりです。

投稿者Bさん
クレジットカード現金化を利用してから個人情報が漏れたんだと思います、変な勧誘の電話が増えて困っています。

投稿者Aさん
ある業者を利用したところ、アメックスは使えないので知り合いのサラ金を紹介しますといわれましたが怖くて断りました。

過去には被害届が出て現金化業者が営業停止になったり、逮捕者が出たケースもあります。

もともと、このような現金化業者への取り締まりは非常に厳しくなっていますので、そうそう悪質業者がたくさんあるわけではありません。

しかし、悪質な現金化業者が実際に存在しているという事は事実です。

しかし、残念ながら、非常に悪質な詐欺行為や、利用者からのたくさんのクレームがない限りは、警察側もすべてを取り締まる事は難しいのが現状のようです。

悪質な現金化業者を利用しないために

悪徳業者に出会わないためにどうするべきなのか、どのような事に注意が必要なのでしょうか?

まず基本となるのは情報収集です。

口コミサイトや情報サイトを確認する

クレジットカード現金化業者の情報を公開しているサイトや、利用者の口コミサイトや掲示板のようなサイトは検索すればすぐに出てくると思います。

現金化業者は比較的様々なサイトでもおすすめされていますので、やはり口コミサイト等で上位にいる現金化業者は利用者も多くなる傾向にあるようです。

クレジットカード現金化をお考えであれば、いくつかの情報サイトを、まずは検索してみる事をおすすめします。

現金化業者のホームページを確認する

評価を得ている現金化業者を見つけたら、早速ホームページを確認してみてください。

最低でもチェックするべき項目を挙げてみました。

確認すべきポイント

  1. 情報サイトでどんな内容が書かれているか
  2. 連絡先や所在地等がHPに書いてあるか(携帯番号だけなどは要注意)
  3. 現金化業者のHPは見やすいか(見た目も注意)

などが挙げられます。

そのほか確認するべき項目はたくさんありますが、まずはこの3つだけでもチェックしてみてください。

また、ホームページに過度に高い換金率や、利用者の使った感想を記載している現金化業者があれば疑ってみてください。

過大広告は多かれ少なかれどこの業界でもやっている事で特にクレジットカード現金化業者はほぼ全ての現金化業者が行なっています。

この換金率の表記は業者の良し悪しを見る上ではあまり重要ではありません。

それよりも重要なのは、クレジットカード現金化における実質の換金率相場である70%〜85%に近い現金化業者をいかに見つけることができるかというのが非常に重要です。

実際に電話してみる

利用する現金化業者をさらに絞ったところで、いよいよ現金化業者に直接連絡してみましょう。

電話して話した感じで好印象を持ったなら、そこはまともに仕事をしていると考えて良いかもしれません。

悪徳と言われる現金化業者の電話での対応は酷いものです。この記事をご覧の方であれば、慎重に現金化業者選びを考えている方々ですから、電話で話した印象で、感じるものはあると思います。

ですが、印象だけではなく、質問しておきたい内容はしっかりと聞いてみてください。

質問に答えてくれなかったり曖昧な返事をするような現金化業者であれば、他の現金化業者を考えて良いかもしれません。

すべての現金化業者がそうとは限りませんが、良心的に話を聞いてくれる現金化業者もありますので安心して色々相談してみてください。

クレジットカード現金化を利用する前に注意したいこと
換金目的でクレジットカード決済するとカード停止や一括返済の可能性?

クレジットカード現金化がカード会社に分かってしまった場合

クレジットカードの現金化は、急場な時の有効策であるとご紹介しましたが、クレジットカード会社では認められていない行為です。

ハッピーチョイスでも、ご紹介はしますが、推奨はしていません。

カード会社に利用目的がわかってしまうと、ペナルティーが課せられることもありますので十分に理解と注意が必要です。

クレジットカードが利用できなくなる

クレジットカードの現金化が分かってしまうと、かなりの高い確率でカードが利用できなくなると考えておいた方が良いでしょう。

他にカードをもっていれば、そのカード会社ですら利用できなくなるケースがあります。

また、今後新たなカードを作ろうとした時に審査が通りにくくなることもあるでしょう。

残債の全額決済を求められる

カードが使えなくなると同時に、これまでの利用残高をまとめて決済するように要求されるケースもあります。

債務整理や自己破産が認められなくなることもある

借金が大きくなり、自分で返済することができなくなった場合の最後の手段が自己破産手続きです。

出来ればこのような事にはなりたくないものです。

しかし、万が一申請しか方法がなくなった場合、クレジットカードの現金化の過去があると知られてしまった場合、自己破産が認められないケースがあります。

ショッピング枠現金化の手数料について
ショッピング枠現金化をするときの手数料について | 専門店の換金相場は?

安全にクレジットカード現金化をする方法とは?

ここからはさらに具体的に、クレジットカード現金化の方法などをご紹介していきます。

まず、クレジットカードの現金化をするにはどうすれば良いのでしょうか?

  1. 現金化業者を見つけて依頼する
  2. 換金率の高い商品を自分で探し出し自分で現金化をする

おもにはこの2つがあげられます。

それぞれに良い点、悪い点とありますが、なるべく手間をかけず即日現金化したい、誰にも知られる事なく、カード会社になるべく知られる事なく現金化を行いたいなら、現金化業者を選ぶしかありません。

クレジットカード現金化業者に依頼した場合

クレジットカード現金化の業者に依頼する事のメリットは、スピーディーに現金化できる点にあります。

手続きは簡単です。

現金化業者選びは重要です。

手数料が60%以下になったり非常に横柄な態度をとる現金化業者は絶対に選ばないようにして下さい。

現金化までの時間が早い

クレジットカード現金化を利用したいと考えている大半の方が、なるべく早く現金化したいとお考えています。

まともな現金化業者であれば、申込から現金化までがスムーズですぐに現金化する事が可能です。

はじめて利用する現金化業者では本人確認等が必要となりますが、早い方ですと30分前後、2回目以降は15分前後で現金化ができてしまう現金化業者もあるようです。

どうしても現金が必要な場合は、20%〜30%の手数料に納得できるなら、必要な金額が即日現金化できるので急場の時にはおおいに役立つでしょう。

クレジットカードを使わない現金化の方法
クレジットカードを使わなくても出来る!今すぐお金が必要な方へ8つの現金化の方法をご紹介します!

クレジットカードの利用停止を防ぐためにも

クレジットカード現金化は、カード会社では認められていない行為です。

分かってしまうとカード停止の恐れもあります。

金券などの購入があまりに多いと、カード会社に分かってしまう危険があります

ですが、クレジットカード現金化の業者を利用すると、怪しい購入履歴が残らないように商品を購入する事が可能となります。

理由は、決済代行会社や自社の決済システムを使うからです。

頻繁にご自身のカードで現金化の利用を考えている場合は、個人で行うとカード停止になる可能性は非常に高くなります。

クレジットカード現金化をおこなっている業者を使うしかありません。

【保存版】クレジットカード現金化の違法性 | ショッピング枠現金化でつきまとうリスクと安全性についてご紹介します まとめ

最後に、クレジットカードのショッピング枠をお金に変えるという行為はクレジットカード会社の規約では認められていない行為です。

だからと言って、「クレジットカードショッピング枠現金化」を使い、利用者が違法行為として逮捕されるようなことは現在のところはありません。

それでも、クレジットカードのショッピング枠を現金化してくれる業者は年々増加傾向にあります。

しかしクレジットカード現金化業者選びを間違えると、非常に低い換金率となります。

広告に出ているような高い換金率で現金化してくれるクレジット現金化業者は、90%以上の確率でないと考えて下さい。

色々な調査をした結果、実際に利用者が手にできる金額は、クレジットカードで決済した金額の70%〜85程度です。

それでも、悪質な現金化業者を使えばさらに還元率・換金率はさらに低くなります。

そのため、ハッピーチョイスでは、クレジットカード現金化業者の利用は、なるべく利用は控えていただくことをおすすめしています。

金などまとまった現金が必要な時には、多少手数料が高くても現金を手にする方法があるに越したことはありません。

また、重要な個人情報の管理が適切でない現金化業者も多く存在しています。

もし、クレジットカード現金化業者に頼らなければならない時には、相談が可能な「クレジットカード優良業者」を選んで下さい。

手数料は多少高いですが、現金化に関する相談等には真摯に対応してくれる業者も少なからずありました。

しっかりとした情報収集をしてクレジットカード現金化業者選びをすることが、クレジットカードショッピング枠現金化という行為では、何よりも重要です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッピーチョイス編集局

ハッピーチョイス編集局では暮らしに役立つ情報をなるべくわかりやすくご紹介しています。大手の既存メディアでは、なかなか取り上げることの少ないコアな情報をいち早くお届けすることをモットーにしています! ハッピーチョイスのツイッターもフォローお願いします!

-クレジットカード現金化

Copyright© Happy Choice , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.