クレジットカード現金化

クレジットカード現金化はお勧めできない理由があります

更新日:

この記事の目次

クレジットカード現金化は利用をお勧めできるサービスではありません

最初にお伝え致しますが、クレジットカード現金化というサービスはとてもお勧めできるサービスではありません。

なぜなら、手数料は非常に高く、インターネットにあるほとんどの情報は嘘だらけです。

しかし、急に現金が必要になった時、現金を用意するのは容易な事ではないですよね。

そんな時にクレジットカードのショッピング枠を現金化する事で現金を手にする事が出来ます。

今回の記事ではクレジットカード現金化の実態をご紹介します。

ハッピーチョイスは利用を推奨していません。

もし、利用を検討されている方がいらっしゃればよく考えてみる事をおすすめします。

お金がかかる行事

  • 冠婚葬祭
  • 旅行
  • 子供の習い事
  • 仕事の運転資金
  • 自宅の修繕費用
  • 車のメンテナンス
  • 趣味のギャンブルや投資
  • 家族での食事
  • デート
  • ローンの返済

などなど、日常にはお金のかかる事がたくさんあり、お金の悩みはなかなか解決されることはありません。

こんな時ありますよね?

  • 「今月は少し余裕がないな」
  • 「このままだと給料日前に支払いが出来ないかもしれない」

といった、どうしても急場を乗り越えなければならない時、キャッシングやクレジットカード現金化サービスを利用される方々がいらっしゃいます。

このサービスを利用する事で法外な金利の貸金業者に頼らずに即日で現金を手にする事が出来ますので、テレビでよく見るような不当な取り立てに苦しむことはありません。

もし、お持ちのクレジットカードのショッピング枠が限度額に達していないのならクレジットカード現金化業者に依頼する事で急場を凌ぐ事も可能になります。

ピンチの時の資金繰りの最終手段として考えておくのも1つの考え方です。

大半のクレジットカード現金化であれば、インターネットでの申込が可能です。

お金を借りに行くのに店舗に足を運ぶのは大変です。クレジットカード現金化業者はネットで手続きをすれば、早くて当日、指定の銀行口座に指定された金額の振込をしてくれます。

ここからは、クレジットカード現金化業者に対して様々なリサーチを行なった結果を元に業者をご紹介していきます。

“調査のポイント”

  • 現金化業者への取材
  • 実際の利用調査

以上の内容を元にクレジットカード現金化業者をご紹介します。

現在のところ、クレジットカード現金化業者を利用して、実際に手にできる現金は、ご自身の決済された利用額の70%〜85%前後となっています。

現金化業者の広告等で記載のある換金率は、あくまで換金率であり、そのほかに手数料として引かれる金額があることを認識して下さい。

相場を超えた金額が手元に残る可能性は、ほとんどないと認識した上での利用をおすすめします。

1店舗目あんしんクレジット

あんしんクレジット

長期間営業してる老舗

あんしんクレジットは数多くの「クレジットカード現金化業者」がいる中、長期間、安定して営業している老舗です。

土日祝日も振込み可能、最短10分で入金確認ができるクレジットカード現金化業者です。

今すぐ現金が必要な方には、要望に答えてくれる数少ないクレジットカード現金化業者です。

どこにしようか迷っている方は、長年営業してるあんしんクレジットに相談してみるといいでしょう。

あんしんクレジット現金化情報

  • 換金率:70%~85%
  • 入金速度:最短10分
  • 土日対応:年中無休
  • 15時以降:対応しています


2店舗目ゼロスタイル

ゼロスタイル

ゼロスタイルも長い営業期間を誇る現金化業者

実際の現金化までの申込手順も、スマートフォンからの手続きですべて完結します。どんな時でも、ご自身のタイミングで入金確認まで行うことができます。

振込速度も業界最速の5分を宣言しているのでとにかくすぐ現金が必要な方は相談してみると良いかもしれません。

ゼロスタイル現金化情報

  • 換金率:70%~85%
  • 入金速度:最短5分
  • 土日対応:年中無休
  • 15時以降の振込み:対応しています

クレジットカード現金化とは?

この記事をご覧の方で、クレジットカード現金化という行為自体をご存知ないという方もいらっしゃるかもしれません。

ここからは、クレジットカード現金化と呼ばれる行為について、ご紹介していきたいと思います。

クレジットカード現金化とは、ご自身がお持ちのクレジットカードのショッピング枠を様々な方法で現金に換金する行為をいいます。

ハッピーチョイスが実際に現金化業者の方にお話を聞いたところ、利用者の傾向として、急にお金が必要となった場合などに現金を即日で用立てることの出来る手段の1つとして利用されているとの事でした。

クレジットカードショッピング枠の現金化を取り扱う現金化業者は多数存在しており、営業形態やそのやり方には、いくつかの種類があります。

便利さや安全面を考慮すると、オンラインや電話のみで取引が可能な無店舗型の買取業者を利用するのが一般的です。

クレジットカードのショッピング枠を現金化出来るということは、場合によってはありがたいことですが、リスクがないわけではありません。

必ずそうなるということではありませんが、特に現金化業者を使わずにご自身でショッピング枠を現金化しようとすると、クレジットカード会社の規約上、クレジットカードが使えなくなってしまう可能性もあります。

クレジットカード現金化を利用しようとお考えの方は、まずはショッピング枠を現金化するということについて、理解を深めていただき、リスクを減らし少しでも安全に利用できるに越したことはありません。

クレジットカードのショッピング枠の現金化は違法なのか

まずはクレジットカード現金化が違法性があるか、ということについてご紹介します。

ショッピング枠の現金化については特に審査もありませんので、現金化業者によっては短時間で現金を手にすることが可能です。

しかし、違法か合法かでいえば、現在の日本の法律では、現金化業者は違法に近いグレーゾーンです。

クレジットカード会社の約款等で、規約を確認すると、違反であると判断されることが多いため、ショッピング枠を現金化している事が分かってしまうと、何かしらのペナルティーがあるかもしれません。

また、利用者の方の中には、ショッピング枠で現金化をおこない、計画的に返済をせずに、債務整理をおこなう方もいらっしゃいます。

そうなれば、そのような方々の行為を助長するような存在である現金化業者をクレジットカード会社が放っておくはずがありません。

現に、様々なクレジットカード会社が、クレジットカード現金化の利用をしないようにと注意喚起を行なっています。

参考記事

日本クレジット協会HP

クレジットカード現金化を利用すると逮捕されるのか?


ショッピング枠現金化は限りなく違法に近い行為のため、利用者は

逮捕されるのでは?

と思われる方もいるかもしれません。

逮捕されることを考えて、クレジットカードショッピング枠を現金化したくても、ためらっている方はいらっしゃるかもしれません。

実際のところどうなんでしょうか?

これまでのところ、実際に逮捕者が出たのは、あくどいやり方をしていた現金化業者のみで、ショッピング枠現金化を使った利用者が逮捕されたケースはありません。

また、今後についても利用者側が、刑事罰を受けるような事は、よほどの法改正がない限りはないでしょう。

その理由としては以下の通りになります。

逮捕されない理由

  • 商品を購入している
  • 売却する事で現金化している

上記の流れがすべて現金化を目的としているとは判断できないからです。

これは、あくまで利用者側のことで、現金化業者は、様々な理由で逮捕や業務停止処分を受けるケースはあるでしょう。

クレジットカード利用停止のリスク

例をあげると、旅行にいく予定で、航空券を購入したが突然仕事が入ってしまい行けなくなってしまった。

当然、その航空券は必要のないものですから、勿体無いので、金券ショップ等で換金してしまう方も多いことでしょう。

この例だと、商品を買い、それを現金に変えるという、ショツピング枠現金化と同様の流れです。

クレジットカード使用時に、利用者がどのような意図でこの航空券を買ったのか?

当然旅行に行くためですよね。

このように利用者側の目的がたとえ今回のケースのように旅行をキャンセルしたためなのか、換金目的なのかということは、クレジットカード会社にはわかりづらいので、これがクレジットカード会社の規約に違反してる行為である、または、違法行為だと決める事はほぼ不可能であるといえます。

ですが、換金性の高い商品を同じ頻度で繰り返した場合、購入履歴を確認した場合に疑われることはあるかもしれません。

しかし、購入した商品の売却をクレジットカードで行うわけではないので、問題にする事はクレジットカード会社としても難しいのではないと思います。

しかし、実際には換金目的で、クレジットカードのショッピング枠を利用するわけですから、万が一のことを考えても、適度な範囲に抑える事が必要となります。

しかし、せっかくご自身の信用の元、クレジットカードを持っているのですから、出来ることであればご自身で、換金目的の現金化を行うのも控えた方が良いのは間違いありません。

クレジットカード会社には注意が必要

繰り返しになりますが、クレジットショッピング枠の現金化は、クレジットカード会社の規約に違反しています。

万が一、ショッピング枠の現金化のための利用だと分かってしまった場合でも、クレジットカードを現金化した側が逮捕されるという事はまずないでしょう。

ですが、ショッピング枠を現金化しようとする目的で、商品を購入し現金化する行為はクレジットカード会社の規約違反です。

クレジットカード会社に知られてしまった場合は、クレジットカードの利用停止などのペナルティーが課せられる可能性があります。

では、なぜショッピング枠の現金化という行為が規約違反になるのでしょうか?

それは、審査もなく誰でも利用できる事が原因の1つです。

クレジットカードカード会社はショッピング枠、キャッシング枠とそれぞれ利用者に適当と判断した限度額を審査の上でクレジットカードの発行を行なっています。

ショッピング枠現金化したとしても債務を負う事には違いありません。

クレジットカード会社は利息が利益となりますから、現金化した事による手数料や金利は加味していません。

当然、換金率が低ければ、クレジットカード利用者の負担が大きくなり、返済は大変になりますから、、最悪のケースの場合、返済出来なくなってしまうケースもでてくるかもしれません。

このような事が考えられるため、クレジットカード会社はこのようなリスクを増やすような使い方は認めていないのだと考える事ができるでしょう。

大前提として、ショッピング枠を現金化するのにも手数料がかかるわけですから、まずはショッピング枠の現金化以外に方法はないのかという事を考えてみる事をおすすめします。

ですが、手段がない時の最後の手段として、この記事を参考にしていただき、急場を凌ぐ手段として検討してみてはいかがでしょうか。

悪徳な現金化業者には注意が必要です

クレジットカードショッピング枠現金化を利用するうえで、まず絶対に気をつけなければいけないのは、悪徳現金化業者の存在です。

慎重にどの現金化業者を利用するべきなのかをしっかりと見極める必要があります。

悪徳な現金化業者を利用してしまった被害事例

新聞やネットで調べると下記のような事例が出ています。

たくさんの被害例

  • 約束した金額より入金額が少ない、または入金されない
  • 個人情報が漏れ知らないところから勧誘の電話が増えた
  • 現金化ではなく高金利での貸付を勧められた
  • 高額の名目の手数料を取られた

過去には、被害者からの被害届で、現金化業者が営業停止になったり、逮捕者が出たケースもあります。

もともと、このような現金化業者への取り締まりは非常に厳しくなっていますので、そうそう悪質業者がたくさんあるわけではありません。

しかし、悪質なサイトが実際に存在しているという事は事実です。

しかし、残念ながら、非常に悪質な詐欺行為や、利用者からのたくさんのクレームがない限りは、警察側もすべてを取り締まる事は難しいのが現状のようです。

悪質な現金化業者を利用しないために

悪徳業者に出会わないためにどうするべきなのか、どのような事に注意が必要なのでしょうか?

まず基本となるのは情報収集です。

一例として国民生活センターでは、このようなショッピング枠の現金化業者について注意喚起しています。

要チェック!


国民生活センターのサイト

口コミサイトや情報サイトを確認する

クレジットカード現金化業者の情報を公開しているサイトや、利用者の口コミサイトや掲示板のようなサイトは検索すればすぐに出てくると思います。

現金化業者は比較的様々なサイトでもおすすめされていますので、やはり口コミサイト等で上位にいる現金化業者は利用者も多くなる傾向にあるようです。

クレジットカード現金化をお考えであれば、いくつかの情報サイトを、まずは検索してみる事をおすすめします。

現金化業者のホームページを確認する

評価を得ている現金化業者を見つけたら、早速ホームページを確認してみてください。

最低でもチェックするべき項目を挙げてみました。

確認すべきポイント

  1. 情報サイトでどんな内容が書かれているか
  2. 連絡先や所在地等がHPに書いてあるか(携帯番号だけなどは要注意)
  3. 現金化業者のHPは見やすいか(見た目も注意)

などが挙げられます。

そのほか確認するべき項目はたくさんありますが、まずはこの3つだけでもチェックしてみてください。

また、ホームページに過度に高い換金率や、利用者の使った感想を記載している現金化業者があれば疑ってみてください。

絶対に98%の換金率などありえません。

過大広告は多かれ少なかれどこの業界でもやっている事で特にクレジットカード現金化業者はほぼ全ての現金化業者が行なっています。

この換金率の表記は業者の良し悪しを見る上ではあまり重要ではありません。

それよりも重要なのは、クレジットカード現金化における実質の換金率相場である70%〜85%に近い現金化業者をいかに見つけることができるかというのが非常に重要です。

実際に電話してみる


利用する現金化業者をさらに絞ったところで、いよいよ現金化業者に直接連絡してみましょう。

電話して話した感じで好印象を持ったなら、そこはまともに仕事をしていると考えて良いかもしれません。

悪徳と言われる現金化業者の電話での対応は酷いものです。この記事をご覧の方であれば、慎重に現金化業者選びを考えている方々ですから、電話で話した印象で、感じるものはあると思います。

ですが、印象だけではなく、質問しておきたい内容はしっかりと聞いてみてください。

質問に答えてくれなかったり曖昧な返事をするような現金化業者であれば、他の現金化業者を考えて良いかもしれません。

すべての現金化業者がそうとは限りませんが、良心的に話を聞いてくれる現金化業者もありますので安心して色々相談してみてください。

クレジットカード現金化とは

クレジットカード現金化とは、クレジットカード買い物枠を利用し現金の代わりとなる商品を購入して、その商品を現金化業者に買取を依頼し現金化するというものです。

買取業者に依頼した際、手数料などを引かれ残りの金額が自身の口座に振り込まれるという仕組みです。

人生、まとまったお金が必要となる事は何度もあります。

“ポイント”

  • 病気や怪我で多額の費用がかかる
  • 仕事をやめてしまい生活費が必要となる

また、冠婚葬祭やどうしても欲しかったものを手に入れたい時など、人によりそれはさまざまです。

しかし、キャッシング枠がすでにいっぱいだったり、新しいクレジットカードを作るにも審査や手続きに時間がかかるし、そもそも審査に通るかわからないなど、思い通りに物事が進まないケースも多々あります。

ですが、残ったショッピング枠を現金化出来れば、今あるカードを使い短時間で現金を手にする事が可能です。

審査を行う必要がないので、現金を確実に手に入れたいという方には適しているのかもしれません。

キャッシング枠は審査が通らない

ご存知のようにクレジットカードには、キャッシング機能とショッピング機能があり、現金を借りるにはキャッシング機能を利用します。

当然借金をするわけですから、カード会社は信用調査、つまり返済能力があるかないかの判断をします。

クレジットカードの審査は以下のような情報が必要となります

  1. 勤務先
  2. 他社の借り入れ状況
  3. これまでの返済履歴

他社からの借り入れがたくさんある、返済ができなかった事がある、正社員ではなく職を転々としている、などの事実があれば当然審査が通りにくくなります。

カードの申し込みをして数日後、審査に通らなければ申込は時間の無駄ですしなんとなく嫌な気分にもなりがちです。

そんな時に役立つのがクレジットカード現金化、つまりショッピング枠を使った現金化です。

クレジットカードの買い物枠を現金にする

普段、クレジットカードをよく利用する方は、キャッシングよりもショッピング機能の方が聞き覚えがあるかもしれません。

クレジットカード現金化とは、このショッピング機能の限度額を使い現金化するという方法です。

クレジットカード現金化の方法は、買取方式とキャッシュバック方式があります。

  1. 買取型方式
    商品を購入し、それを売却する事で現金化する方式
  2. キャッシュバック方式
    商品を購入した特典として現金を受け取る方式

現在はほとんどの業者が買取方式を採用しています。

クレジットカード会社からすれば、キャッシング枠での買い物という扱いになりますので審査はありません。

また、大抵のクレジットカードはキャッシング枠より限度額が高く設定されていますので、大きな現金が必要な場合にはこのクレジットカード現金化が大いに役立つ可能性があります。

クレジットカード現金化の良い点・悪い点

お金が必要となった時、キャッシング枠がいっぱいだったり、新しいカードの審査が通りにくく手続きに不安がある方なもいらっしゃるでしょう。

そんな時、今あるクレジットカードのショッピング枠の現金化は、審査不要でだれでもすぐに現金を手に入れる事が可能です。

しかしこれまでもお伝えした通り、最大のリスクはクレジットカードが利用できなくなる恐れがあるという事と、手数料が非常に高額な点です。

クレジットカード現金化のメリット

クレジットカードのショッピング枠がある方は、誰でも審査なしで利用ができるため、定職に就いていない方でも利用可能です

分割払いを選べば返済方法を選択できるので、一括での支払いが困難な場合でも返済可能(ただし、リボ払いや分割の支払いには利息が発生します)です。

インターネット上にあるクレジット現金化業者であれば、24時間申し込みが可能なため時間や場所を選ばずに申し込みできます。

クレジットカード現金化のデメリット

デメリットは悪質業者による詐欺行為に注意が必要です。

  1. 個人情報の流出
  2. 手数料が極端に高い

上記のような事は、頻繁に発生しているようです。

どのくらいの換金率がクレジットカード現金化業者を利用した際の換金相場かというと、70%〜85%です。

年利に換算するととんでもない金利となります

このように金利として計算した場合は明らかに違法行為です。

カード現金化業者は、貸金業の認可はありません。

古物商の認可を得ているため、現金化業者の主張は、このクレジットカード現金化を行うのは、古物商の認可を受けて行う、換金行為や、商品の販売(キャッシュバック方式)であり、貸金業者ではないとの主張です。

クレジットカード現金化業者の選定はしっかりとして注意することが大切です。

利用するときの返済計画は、きちんと事前に立てることをおすすめします。

いくら審査不要とはいえ、結局返済するのはご自身です。

返済のあてがない時には違う方法をさがすのも1つかもしれません。

クレジットカード現金化がカード会社に分かってしまった場合

クレジットカードの現金化は、急場な時の有効策であるとご紹介しましたが、クレジットカード会社では認められていない行為です。

ハッピーチョイスでも、ご紹介はしますが、推奨はしていません。

カード会社に利用目的がわかってしまうと、ペナルティーが課せられることもありますので十分に理解と注意が必要です。

クレジットカードが利用できなくなる

クレジットカードの現金化が分かってしまうと、かなりの高い確率でカードが利用できなくなると考えておいた方が良いでしょう。

他にカードをもっていれば、そのカード会社ですら利用できなくなるケースがあります。

また、今後新たなカードを作ろうとした時に審査が通りにくくなることもあるでしょう。

残債の全額決済を求められる

カードが使えなくなると同時に、これまでの利用残高をまとめて決済するように要求されるケースもあります。

債務整理や自己破産が認められなくなることもある

借金が大きくなり、自分で返済することができなくなった場合の最後の手段が自己破産手続きです。

出来ればこのような事にはなりたくないものです。

しかし、万が一申請しか方法がなくなった場合、クレジットカードの現金化の過去があると知られてしまった場合、自己破産が認められないケースがあります。

安全にクレジットカード現金化をする方法とは?

ここからはさらに具体的に、クレジットカード現金化の方法などをご紹介していきます。

まず、クレジットカードの現金化をするにはどうすれば良いのでしょうか?

  1. 現金化業者を見つけて依頼する
  2. 換金率の高い商品を自分で探し出し自分で現金化をする

おもにはこの2つがあげられます。

それぞれに良い点、悪い点とありますが、なるべく手間をかけず即日現金化したい、誰にも知られる事なく、カード会社になるべく知られる事なく現金化を行いたいなら、現金化業者を選ぶしかありません。

クレジットカード現金化業者に依頼した場合

クレジットカード現金化の業者に依頼する事のメリットは、スピーディーに現金化できる点にあります。

手続きは簡単です。

現金化業者選びは重要です。

手数料が60%以下になったり非常に横柄な態度をとる現金化業者は絶対に選ばないようにして下さい。

現金化までの時間が早い

クレジットカード現金化を利用したいと考えている大半の方が、なるべく早く現金化したいとお考えています。

まともな現金化業者であれば、申込から現金化までがスムーズですぐに現金化する事が可能です。

はじめて利用する現金化業者では本人確認等が必要となりますが、早い方ですと30分前後、2回目以降は15分前後で現金化ができてしまう現金化業者もあるようです。

どうしても現金が必要な場合は、20%〜30%の手数料に納得できるなら、必要な金額が即日現金化できるので急場の時にはおおいに役立つでしょう。

クレジットカードの利用停止を防ぐためにも

クレジットカード現金化は、カード会社では認められていない行為です。

分かってしまうとカード停止の恐れもあります。

金券などの購入があまりに多いと、カード会社に分かってしまう危険があります

ですが、クレジットカード現金化の業者を利用すると、怪しい購入履歴が残らないように商品を購入する事が可能となります。

理由は、決済代行会社や自社の決済システムを使うからです。

頻繁にご自身のカードで現金化の利用を考えている場合は、個人で行うとカード停止になる可能性は非常に高くなります。

クレジットカード現金化をおこなっている業者を使うしかありません。

クレジットカード現金化 | 優良店ランキング | 困った時に助かる現金化業者ご紹介します! まとめ


最後に、クレジットカードのショッピング枠をお金に変えるという行為はクレジットカード会社の規約では認められていない行為です。

だからと言って、「クレジットカードショッピング枠現金化」を使い、利用者が違法行為として逮捕されるようなことは現在のところはありません。

それでも、クレジットカードのショッピング枠を現金化してくれる業者は年々増加傾向にあります。

しかしクレジットカード現金化業者選びを間違えると、非常に低い換金率となります。

広告に出ているような高い換金率で現金化してくれるクレジット現金化業者は、90%以上の確率でないと考えて下さい。

色々な調査をした結果、実際に利用者が手にできる金額は、クレジットカードで決済した金額の70%〜85程度です。

それでも、悪質な現金化業者を使えばさらに還元率・換金率はさらに低くなります。

そのため、ハッピーチョイスでは、クレジットカード現金化業者の利用は、なるべく利用は控えていただくことをおすすめしています。

現金化業者に頼らない現金化の方法、ギフト券の換金や家電を買取業者に買い取ってもらう現金化の方法は、金額が大きくなればなるほど頻繁に行えば行うほど、クレジットカードの利用停止のリスクが高くなります。

事業資金などまとまった現金が必要な時には、多少手数料が高くても現金を手にする方法があるに越したことはありません。

また、重要な個人情報の管理が適切でない現金化業者も多く存在しています。

もし、クレジットカード現金化業者に頼らなければならない時には、相談が可能な「クレジットカード優良業者」を選んで下さい。

手数料は多少高いですが、現金化に関する相談等には真摯に対応してくれる業者も少なからずありました。

しっかりとした情報収集をしてクレジットカード現金化業者選びをすることが、クレジットカードショッピング枠現金化という行為では、何よりも重要です。

今回ご紹介した「クレジットカード現金化優良店」を利用する事で、そんな心配が少しでもなくなり、安心して取引が出来る手助けになれば幸いです。

おすすめ! 高換金率で買取してくれる 買取サイト 3選!

ギフトカード 買取サイト 【ギフトグレース】

ギフトグレースでAmazonギフト券を最高換金率で換金
換金率 最大94%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業(定休:日曜日0時〜月曜日8時)
振込みまでの時間 特急プラン:30分~60分
通常プラン:2〜5時間
翌日プラン:翌日

ギフトカード 買取サイト 【買取ボブ】

Amazonギフト券買取サイト最大手買取ボブ
換金率 最大94%
営業時間 24時間営業(365日年中無休)
振込みまでの時間 即日プラン20分~60分 ゆとりプラン1時間~6時間

ギフトカード 買取サイト 【ソクフリ】

換金率 最大94%(初回利用は買取率優遇)
営業時間 24時間営業
振込みまでの時間 5分〜40分
(繁忙期や月初は1時間程度かかる場合もあります)
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッピーチョイス編集局

ハッピーチョイス編集局では暮らしに役立つ情報をなるべくわかりやすくご紹介しています。大手の既存メディアでは、なかなか取り上げることの少ないコアな情報をいち早くお届けすることをモットーにしています!

-クレジットカード現金化

Copyright© ハッピーチョイス / Happy Choice , 2019 All Rights Reserved.