クレジットカード現金化

換金目的でクレジットカード決済するとカード停止や一括返済の可能性?

更新日:

クレジットカード現金化を利用する前に注意したいこと

クレジットカード現金化の注意点 | 換金目的のペナルティー

クレジットカードを換金目的で利用すると、お使いのクレジットカードの使用制限など、ペナルティーの対象になるかもしれません。

カード会社から連絡がなくクレジットカードが使えなくなる場合もあれば、不正利用等の確認も兼ねて連絡が入りクレジットカードが使えなくなる場合とあります。

利用停止が決まった段階で、持っているクレジットカードはショッピングもキャッシングも利用できなくなります。

もし、クレジットカード現金化の利用をなんども経験されている方が利用停止処分を受けた場合、『換金目的での利用』を疑われた可能性があります。

クレジットカード会社は、自動的にカードの利用履歴を認識するシステムを持っていて、買い物の履歴などを確認しながら、不正利用や換金目的での利用に対してチェックする機能があります。

換金目的や不正利用を疑われる原因は、金券などの換金性の高い商品の購入を頻繁に行っている場合、同じ商品の買い物ばかりを繰り返している場合、そして高額な買い物を続けている場合、海外などの利用履歴が急に増えた時などです。

システムで引っかかった段階で、クレジットカードの会社は利用停止の是非を判断し、カードが使えないことを説明しています。

一度カードが停止してしまうと、再度利用できるようになるかどうかはわかりません。

数年かけて利用ができるようになる場合もありますし、カードの更新の際に使えるようになる可能性もあります。

要約すると、クレジットカード現金化をしたからカードが停止になるのではなく、換金を目的とした利用が原因となるのです。

今回の記事では、クレジットカード現金化を利用した場合、利用者にどのような処分が課せられる可能性があるのか?ということに加えて、どうしてクレジットカードを発行している発行元は、クレジットカード現金化業者の利用を止められないのかについても説明します。
解説
お金に困ったら覚えておきたいクレカ現金化
クレジットカード現金化は自分でやる方が安全?

クレジットカード現金化が発覚した場合の処分の内容

仮に利用状況や利用場所などから、クレジットカード現金化をしていることが明確になった場合は、カード発行もとより利用の制限がかかるか、利用停止になります。

利用停止となった場合には、クレジットカードの支払いだけ続けることになります。

残金の支払が終わった後はカードの利用自体が停止されていますので、そのままカード会社との契約は破棄になることがほとんどです。

利用停止の処分は半永久的に継続する場合もありますので、改めて返済後にカード発行を新規で依頼し、承認されなければそのクレジットカードを使えなくなります。

他にも、クレジットカードの更新が認められないなど、処分内容は色々なものが用意されています。

どちらにしても、クレジットカードを発行している会社からすれば、現金化目的で利用するユーザーは歓迎されないので厳しいペナルティーを受けることもあります。

最悪のケースでは、クレジットカードの利用停止だけでなく、残金の一括返済するように求められる事もあります。

もし、クレジットカードの会社から何かしらの処分があった場合は、速やかに従うようにしてください。

現金化目的の利用で処分されても速やかに返済したり、現金化での利用をしないことを約束すれば処分が軽減される事もあるでしょう。

自分でやる安全なクレジットカード現金化
安心なクレジットカード現金化の方法とは?| 自分で出来る確実な現金化について 【保存版】

ペナルティーを受けやすい場合とは?

クレジットカードの利用に制限がかかりやすい方の特徴についてご紹介します。

3つのケース

  • 収入が少ない
  • 正社員ではない
  • 年齢が若い

ご覧のことからもおわかりのように、限度額が少ない方はカードの制限がかかりやすくなります。

収入が少ない状態でクレジットカードの発行をした方は、限度額が少額しか設定できないことが多くなります。

定職に就いていない方や収入が少ない方、カードの限度額が少額しか設定できなかった方はカード利用停止の処分を受けやすく、逆に利用限度額が大きいクレジットカードの場合、利用停止を避けることができます。

また、ある一定の規模感の会社の正社員は、社会的信用が高くクレジットカードの利用停止処分を受けづらいので、クレジットカード現金化を何回かしていたとしてもカード会社に指摘を受けるようなことも少ないでしょう。

一方でフリーランスの人やアルバイトの方は『収入が少ない=返済能力が低い』と見なされてしまうので、クレジットカードの現金化を1回しただけでも選ぶ商品や金額によっては換金目的を疑われてしまうでしょう。

クレジットカードを使わない現金化の方法
クレジットカードを使わない8つの現金化の方法とは?

換金目的を疑われないために出来ることはある?

クレジットカードの利用停止などの処分を避けるためには、なんども換金目的の利用をしないことです。

頻繁にカードを使って商品券やブランド品などを限度額いっぱいまで購入していると、利用停止処分に繋がります。

クレジットカード現金化の場合、現金化業者がどのような商品を購入したのかという名目はすぐに見ただけでは換金目的とはわかりにくくしています。

換金目的での利用については、一定期間は間を開けるようにしたり、金額を一度に大きく利用しないことも大切です。

また、返済履歴も大切です。

クレジットカード会社への返済は遅れずにしっかりやることで信用が生まれます。

決められた金額以上の返済が可能な場合には、なるべく多くの金額を返済してクレジットカード会社に信頼してもらう事も有効な手段となります。

換金目的でクレジットカードを利用している可能性を疑われていたとしても、毎月きちんと返済している方であれば、カード会社はそう簡単に利用停止に踏み切れないのです。

その日のうちに現金を用立てたいなら

クレジットカードを作りたての場合や、限度額がそれほど多く残っていない場合は、換金目的の利用は危険です。

どうしても現金化したいとお考えの場合は、クレジットカード現金化は1つの手段になります。

自分で現金化をする場合もそうですが、リスクに注意して換金性の高い商品を見つけることが大切です。

現金化業者が使うショッピング枠をお金に変える方法
クレジットカード現金化の仕組みとは? | 専門店が使う2つの換金方法とは?
ショッピング枠現金化の手数料について
ショッピング枠現金化をするときの手数料について | 専門店の換金相場は?

クレジットカード現金化は利用者がたくさん?

クレジットカードの利用状況は、カード会社が把握しています。

しかし換金目的と判断する事は出来ないため、規約で禁止されていてもなくなることはないでしょう。

クレジットカード現金化も換金目的の利用の手段の1つなので、把握する方法が無く止めることができないのです。

もし不正利用の場合であれば、利用者に連絡を入れるなどしてクレジットカードの利用を取り消しますが、仮に連絡を入れたとしても、現金化目的で利用していた場合には不正利用ではないため、カード会社もそれ以上、確認しようがありません。

カード会社から連絡が連絡があり、不正利用や現金化目的を疑われたとしても、クレジットカードは自身で利用していることを明確に伝えれば、クレジットカード現金化の利用だったとしてもカード会社では止めることができません。

現金化目的のクレジットカードの利用は十分に注意してください | クレジットカード現金化をする前に まとめ

今回はクレジットカード現金化がカード発行元に知られてしまった場合のペナルティーについてご紹介しました。

ほとんどの場合、クレジットカードを現金化目的で利用しても発覚することはありませんし、連絡が来たとしても一般的な利用であることを伝えればほとんどの場合問題にはなりませんが、返済が遅れたりした場合には利用停止のスピードが早まる可能性もあるので、返済は計画的に行う事が大切です。

クレジットカード現金化は、様々な期間で注意喚起されています。

クレジットカード現金化を利用するときのリスクは十分に理解しておいてください。

参考記事
「クレジットカードを利用した現金化」は厳禁です

ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッピーチョイス編集局

ハッピーチョイス編集局では暮らしに役立つ情報をなるべくわかりやすくご紹介しています。大手の既存メディアでは、なかなか取り上げることの少ないコアな情報をいち早くお届けすることをモットーにしています!

-クレジットカード現金化

Copyright© ハッピーチョイス , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.