AmazonPay

大手ショッピングサイトAmazonが展開する【AmazonPay】についてご紹介

投稿日:2018年12月19日 更新日:

この記事の目次

Amazonが展開するAmazonPayって何?

世界最大のショッピングサイトAmazon。

利用者は世界全体で3億5千万人以上と言われています。

この記事をご覧の方でもAmazonを利用されている方はいらっしゃると思います。

そんなAmazonのサービスとしてたくさんの方に利用されているサービスが有料会員サービスAmazonプライムです。

Amazonプライムでは、今流行りのVOD(動画配信サービス)、プライムBook、プライムMusicなど、様々なデジタルコンテンツが毎月300円程度で利用できる非常にお得でお勧めのサービスです。

Amazonプライムについてはこちら

VODについてはこちら

これまでハッピーチョイスではAmazonギフト券の利用方法やAmazonギフト券をお得に換金できる買取サイトの記事を中心にお伝えしてきました。

今回は、Amazonが提供している「AmazonPay」についてご紹介します。

ぜひ最後までお付き合い下さい。

AmazonPayとは

AmazonPayとは、Amazonのアカウントに登録してあるクレジットカードの登録情報でAmazonPayに対応している他のショッピングサイトで商品の購入やサービスの決済に利用できるというものです。

日本の導入事例では、あの劇団四季のチケット販売などで使われたのが有名です。

Amazonのショッピングサイトにアカウントをお持ちでクレジットカード情報が登録されていれば提携しているAmazon以外のショッピングサイトで簡単に決済が出来るというサービスです。

AmazonPay利用のメリット

これまで、新しいECサイトでショッピングをする際には、毎回クレジットカードの情報を入力しなければなりませんでしたが、AmazonPayを利用すれば煩わしいクレジットカード登録の手間が省けて簡単にショッピングを楽しむことが可能となります。

そして利用者の方が最も懸念するクレジットカード決済はAmazonが提供する世界基準のセキュリティーで保護されているため

AmazonPayのメリット

  1. 個人情報の保護
  2. クレジット情報を入力する必要がない

といったメリットもあります。

Amazonのアカウントを利用して、他のECサイトに簡単に会員登録が出来る機能をソーシャルログインといいますが、AmazonPayはソーシャルログイン機能を利用しています。

ソーシャルログイン機能はFacebookなどでも利用することが出来ますので既にお使いの方も多いと思います。画面に「Facebookでログインしますか?」と表示されるのがこのソーシャルログイン機能です。

AmazonPayは利用者側だけにメリットがあるわけではありません。導入したECサイトは利用者の面倒な手続きを省くことで、購買までの手続きを短縮する事が出来るため、より快適なショッピングを提供することが可能となり

ユーザビリティ向上→コンバージョン率UP

に繋がります。

AmazonPayの歴史


AmazonPayの歴史はまだそれほど、古くありません。

AmazonPayは2013年に本国アメリカでスタートし、日本でスタートしたのは2015年です。

日本ではスタートしたばかりのサービスです。

しかし、その普及速度はとても早く、2017年には日本最大級のショッピングサイト、ZOZOTOWNで導入がスタートするなど、利用できるサイトも増え続けています。

AmazonPay導入サイト

お伝えしたように、AmazonPayは既に様々なECサイトに導入されています。下記に導入サイトをいくつかピックアップしました。

FREAKs Store

FREAKs Storeでは、他の決済手段に比べてAmazonPayのコンバージョン率は2倍を記録しました。

詳細記事はこちら

HPはこちら

KEYUKA(インテリアショップ)

KEYUKAでは、AmazonPayを導入後、売り上げが前月比2倍以上を達成したそうです。

詳細記事はこちら

HPはこちら

藤井大丸

藤井大丸ではAmazonPayを導入したことにより新規ユーザーの8割の方がAmazonPayでの支払いを選択し、コンバージョン率が昨年対比10%以上を達成したそうです。

詳細記事はこちら

HPはこちら

AmazonPayの今後


AmazonPayは2018年8月、AmazonPayスマートフォン決済を発表し、オンライン上の決済に利用できるだけでなく、QRコードを利用することにより、実店舗で利用できるようになりました。

その他、AmazonPay PlacesやAmazonGoのようにamazonのアカウントを利用した決済の方法がリリースされています。このようなサービスを利用することによりAIコンビニなど無人型のコンビニエンスストアもアメリカには誕生しています。

AmazonPay Placesに関する記事はこちら

Amazon Goに関する記事はこちら

アマゾンの決済手段AmazonPayについてご紹介 まとめ


いかがでしたでしょうか?

今回は、Amazonが提供している決済システムAmazonPayについてご紹介しました。

この決済システムを利用することで、未来型の新しいサービスがどんどん誕生しています。

2030年以降には、人間の手でおこなっていた仕事がどんどんなくなっていくことが予想されます。

関連記事
2030年以降なくなる仕事の記事はこちら

どんどん時代の変化のスピードは速くなっていく一方ですが、これを機に、ECサイトの決済をAmazonPayに変えてみるのはいかがでしょうか?

ありがとうございました。

Apple pay(アップルペイ)を詳しく解説 | 利用方法・使えるお店など まとめ

この記事の目次1 iPhoneで利用できる、電子決済アプリ【Apple Pay】のご紹介2 ApplePayとは2.1 対応している電子マネー2.2 QUICPay2.3 iD3 ApplePayの使 ...


Googleplayカードを高換金率で換金できる優良買取サイトのご紹介

Googleplayカードを換金するなら買取サイトを使うのが最も簡単で高い換金率を実現する方法です。

今回は数ある買取業者の中でも特に高い換金率を実現できる優良買取サイトをご紹介します。

不要なGoogleplayカードをお持ちの方は、今すぐ買取サイトに買取に出すことをお勧めします。

是非参考にして下さい!

ギフトグレース

Googleplayカードを買取するならギフトグレース

Googleplayカード買取サイト最大手の一角

【ギフトグレース】は買取可能な全てのギフトカードが業界最高値の換金率という優良店の名にふさわしい買取サイトです。

初めての方、利用に不安がある方や、最高換金率を求めている方、どんな方にもおすすめできる満足保証の買取優良サイトです。

ギフトグレース 店舗情報

換金率 90%〜93%(Amazonギフト券は初回90%以上保証)
営業時間 24時間営業(定休:日曜日0時〜月曜日8時)
振込みまでの時間 特急プラン:30分~60分 通常プラン:2時間から5時間 翌日プラン:翌日
振込手数料 総額1万円以上の利用は振込手数料0円(ギフトグレースが負担) 総額9,999円以下の場合、振込手数料は一律216円
24時間/土日もOK 即入金反映する銀行 ゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、三菱東京UFJ銀行
運営している企業 株式会社ノア商社がサービスを運営しています。 古物商許可番号:東京都公安委員会 第304361307130号

ギフトグレース 買取可能なギフト券

ギフトカード 初回 2回目以降
Amazonギフト券 90%~ 87%~
iTunesカード 82%~ 80.5%~
Googleplayカード 82%~ 80.5%~
楽天ギフトカード 89%~ 87.5%~
nanacoギフト 90.5%~ 89%~
WebMoneyギフト 85%~ 83.5%~
※換金率は日々変動しています詳しくはHPをご覧ください

買取ボブ

Googleplayカード買取なら買取ボブ

iTunesカード買取サイト最大手の買取ボブ

サルがイメージキャラクターの、Amazonギフト券買取サイトの老舗と言えば【買取ボブ】です。

営業時間はうれしいことに24時間営業で休みなしです。

長年の営業に裏付けされた、安全、高換金が保証された買取優良サイトです。

買取ボブ 店舗情報

換金率 90%〜93%(Amazonギフト券は初回90%以上保証)
営業時間 24時間営業 365日年中無休
振込みまでの時間 即日プラン20分~60分 ゆとりプラン1時間~6時間
振込手数料 0円(買取ボブが全て負担)
24時間/土日もOK 即入金反映する銀行 ゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行、じぶん銀行、りそな銀行、オリックス銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、新生銀行、東京スター銀行、イオン銀行、スルガ銀行
運営している企業 価格.comにも登録されている複合企業のお魚通販.com株式会社がサービス運営しています。 古物商許可番号:東京公安委員会許可店 第308870607704号

買取ボブ 買取可能なギフト券

ギフトカード 初回 2回目以降
Amazonギフト券 90%~ 87%~
iTunesカード 82%~ 80%~
Googleplayカード 82%~ 80%~
※換金率は日々変動しています詳しくはHPをご覧ください

Buyca(バイカ)

Amazonギフト券 高価買取 買取サイト Buyca

【Buyca(バイカ)】は買取可能なギフト券の種類は多くありませんが、Amazonギフト券の換金率が最大93%というその換金率の高さが魅力の買取サイトです。

最高換金率を求めている方や買取サイト上級者の方にもおすすめできる満足保証の買取優良サイトです。

買取サイト Buyca(バイカ) 店舗情報

換金率 最大93.5%(10,000円以下のAmazonギフト券は80%)
営業時間 24時間営業
振込みまでの時間 最速10分
振込手数料 無料
24時間/土日もOK 即入金反映する銀行 ゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行
運営者情報 七福堂

Buyca(バイカ) 買取可能なギフト券

ギフトカード 初回 2回目以降
Amazonギフト券 93%~ 89%~
iTunesカード 70%~ 70%~
Googleplayカード 70%~ 70%~
※換金率は日々変動しています詳しくはHPをご覧ください

金券買取EX

iTunesカード買取大手の金券買取EX

Googleplayカード買取サイト大手の金券買取EX

【金券買取EX】は換金率だけでなく、振込速度も業界トップクラスです。

GooglePlayギフトカードやiTunesギフトカード 、Amazonギフト券などのギフト券のほか、ANAやJALの株主優待券も高値で買取してくれます。

金券買取EXは、取り扱うすべての金券を業界最高換金率で現金化してくれます。

使用しなければただのゴミとなってしまうので、換金して現金に換えてしまいましょう!

金券買取EX 店舗情報

換金率 90%~93%(Amazonギフト券は初回90%以上保証)
営業時間 平日:朝9時から夜21時※初回利用のみ夜19時まで 土日祝祭日:朝9時から18時30分
振込みまでの時間 スピードプラン20分~60分 のんびりプラン1時間~8時間
振込手数料 総額1万円以上の利用は振込手数料は0円(金券買取EXが負担) 総額9,999円以下の場合は振込手数料は一律216円
24時間/土日もOK 即入金反映する銀行 ゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、三菱東京UFJ銀行
運営している企業 株式会社金券買取EXがサービスを運営しています。 古物商許可番号:東京公安委員会許可店 第304361804921号

金券買取EX 買取可能なギフト券

ギフトカード 初回 2回目以降
Amazonギフト券 90%~ 87%~
iTunesカード 82%~ 80.5%~
Googleplayカード 82%~ 80.5%~
楽天ギフトカード 89%~ 87.5%~
WebMoneyギフト 85%~ 83.%~
nanacoギフト 90.5%~ 90%~
※換金率は日々変動しています詳しくはHPをご覧ください

買取本舗

Goolgeplayカード 買取サイトを運営する買取本舗

Goolgeplayカード 優良サイトの買取本舗

Amazonギフト券を高換金率で換金する事の出来る【買取本舗】は、数少ない優良買取サイトです。

どこよりも高い買取を実現すると業界最高換金率を掲げているところも、利用者にとっては嬉しいことです。

便利な24時間年中無休、あなたが欲しいと思うその場で高換金率の現金化を実現します。

買取本舗 店舗情報

換金率 87%~92%(Amazonギフト券は初回90%以上保証)
営業時間 24時間営業 365日年中無休
振込みまでの時間 20分~60分
振込手数料 0円(買取本舗が全て負担)
24時間/土日もOK 即入金反映する銀行 ゆうちょ銀行、楽天銀行 ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行
運営している企業 Gifthonpo Co. Ltd.がサービスを運営しています。

買取本舗 買取可能なギフト券

ギフトカード 初回 2回目以降
Amazonギフト券 90%~ 87.5%~
iTunesカード 70%~ 70%~
Googleplayカード 70%~ 70%~
※換金率は日々変動しています詳しくはHPをご覧ください

Amazonギフト券を利用した詐欺事件に注意

ハッピーチョイスの記事の中でもこれまで、詐欺グループによる、Amazonギフト券を利用した詐欺行為が行われいることはご紹介させていただきました。

近年では、Amazonギフト券以外、iTunes ギフトカードやgoogle play ギフトカードといった様々な電子ギフトカードを不当に入手しようとする詐欺被害が多く警察に届けらています。

詐欺グループの手口は、料金未払いがあり、今すぐに支払いをしなければいけないというように、切羽詰まった状況に言葉巧みに誘導し、コンビニエンスストアや家電量販店でAmazonギフト券を利用して支払いするように要求してくるといった手口が多いようです。

このような詐欺行為に引っかからないためにも、Amazonギフト券をはじめとする電子ギフトカードのギフトコードは絶対に人に教えないように注意して下さい。

Amazonギフト券のギフトコードを教えてしまった後に、被害に気付き、警察に被害届を出した後では、詐欺グループに教えてしまったギフト券は使われてしまっている可能性が非常に高いので、被害額が戻ってくる可能性は非常に低くなります。

現在のところ、Amazonギフト券を利用した詐欺被害の総額は20億円以上と言われています。

このような状況から、不正に入手された、Amazonギフト券のカードタイプの買取を控える買取業者も出てきています。

Amazonギフト券は換金性の高い商品券なので、詐欺グループに取っても非常に詐欺を行いやすいアイテムのようです。

このような被害に遭わないためにも、普段からご家族の方との連絡方法を工夫し、他人のなりすましに気をつけたり、公共料金や支払いに関しては、把握していないものについては支払いの用紙が届くまではすぐに支払わないなど、対策を取ることで未然に防ぐことが出来ます。

この記事をご覧の方も、ご自身は大丈夫だと思っていても、周りの方であまり知識のない方がそのような被害に逢う可能性は全くないとは言い切れません。

十分に注意して下さい。

詳しくはこちらをご覧ください。

  • この記事を書いた人

ハッピーチョイス編集局

ハッピーチョイス編集局では暮らしに役立つ情報をなるべくわかりやすくご紹介しています。大手の既存メディアでは、なかなか取り上げることの少ないコアな情報をいち早くお届けすることをモットーにしています!

-AmazonPay
-,

Copyright© ハッピーチョイス / Happy Choice , 2019 All Rights Reserved.