ハッピーチョイス / Happy Choice

あなたの生活をOne Up!

Amazonギフト券換金 買取のコツ

法律では大丈夫? | Amazonギフト券現金化を利用するメリットとデメリットは?

更新日:

Amazonギフト券を換金目的で現金化したら違法?

Amazonギフト券の現金化は捕まる? 換金目的での購入や換金は大丈夫なのでしょうか?

  • クレジットカード現金化
  • 携帯キャリア決済現金化
  • アマゾンギフト券の現金化

ご覧のように、最近では「現金化」もたくさんの方法が登場してきています。

「現金化」をしたい方々は大抵、すぐにでもお金が必要です。

今回の記事の結論から申し上げますが、アマゾンギフト券の現金化は「違法」ではありません。

現金を用意しなくてはならない時や、不要なアマゾンギフト券を売却したい場合は、現金化をしても問題になりませんので、ご安心下さい。

しかし、何度も高額な代金を利用して現金化していると、クレジットカード会社やアマゾンの規約違反と判断される可能性があります。

利用規約を破ってしまえば、アマゾンを利用することが出来なくなることもあります。

法律に違反しなくても規約違反をしてしまうと、クレジットカードが利用出来なくなったりと影響が大きいので、現金化を行う場合は、返済の目途をつけて計画的に利用して下さいね。

クレジットカード現金化

お金を作るクレジットカード現金化
クレジットカード現金化」は、昔から金策の手段として多くの利用者がいます。

クレジットカードのショッピング枠を利用して、換金性の高い商品を購入し売却して現金化する方法の事をさします。

新幹線の乗車券や商品券を購入して現金化するというやり方が主流でした。

最近は、アマゾンギフト券をクレジットカードで購入して現金化する方々が増えています。

現金化を専門にしている業者を利用するか、ご自身で換金性の高い商品を購入して転売する方法が主な「クレジットカード現金化」の方法です。

現金化と聞くと「違法ではないか?」と、気になります。

現金化は今やネットを利用した方法が一般的に

以前は現金化といえば、大抵は店舗型の業者を利用して買取してもらうことが一般的でした。

現在ではインターネットでの買取がほとんどなのですが、理由は何なのでしょうか。

昔は、街中に「クレジットカード現金化」という看板やチラシが貼られていて、クレジットカードでチケットや商品券や切手などを購入すると、現金化業者がそれを買い取って換金していました。

しかし現在は、街中で営業している現金化業者はほとんど見かけません。

大きな理由の1つは、現金化業者が摘発されたことが1つの原因です。

昔は店頭で直接売買していたものが、今はネットで取引されるようになり現金化業者の店舗も街からどんどん消えていきました。

現金化業者もネットで営業する形態が、最近では一般的になっています。

アマゾンギフト券 現金化

Amazonギフト券 現金化
アマゾンギフト券の現金化が近年人気になっているのは、インターネットでいつでもどこでも換金が出来るところにあります。

アマゾンギフト券の裏に記載されている「ギフトコード」を買取してくれる業者にメールなどを利用して送付するだけなので簡単です。

ネットがつながれば、スマホやPCから1時間もあればアマゾンギフト券の買取をしてくれます。。

どこにいても換金可能ですから出かける必要もありません。

誰にも知られず、スマホ一つで簡単に現金化できるところがアマゾンギフト券現金化の人気の理由です。

アマゾンギフト券の現金化は法律に違反しているか

クレジットカード現金化はクレジットカード会社の契約には違反行為とされていますが、アマゾンギフト券を現金化するのは法律に違反しているのでしょうか。

アマゾンギフト券を売却したら逮捕されたということはこれまで1度もありません。

古物営業法に関係のないアマゾンギフト券

チケットや金券を取り扱う業者は、古物商許可証が必要です。

ほとんどの金券類は古物商に含まれるため、古物商許可証が無ければ法律違反となって摘発されてしまいます。

アマゾンギフト券は古物商は含まれません。

アマゾンギフト券は電子マネーです。

アマゾンギフト券は、コードを読み取ってアカウントにチャージして使う事から、電子マネーと定義できるのです。

今現在は電子マネーは古物商に含まれていないので問題はありません。

アマゾンギフト券現金化はアマゾンの規約違反行為

法律に違反した行為ではないですが、クレジットカード会社やアマゾンの規約違反と判断された場合には、どのような罰則が発生するのでしょうか。

また、どのような行為が違反行為とみなされるのでしょうか。

クレジットカードの規約違反

ショッピング枠の現金化は、クレジットカードの規約違反になります。

クレジットカードで1万円の商品を購入するという事は、クレジットカード会社が1万円を融資してくれたという事になります。

ショッピング枠とはつまり、クレジットカード会社の融資になります。

ショッピング枠で現金化したという事実が知られてしまったらどうなるのでしょうか。

そのようなことになれば、一括返済を迫られる可能性があります。

ショッピング枠の利用に、リボ払いの未払い分や返金の残高がある場合も大金であろうと一括返済を迫られる場合があります。

融資は信用のもとで成り立つと考えれば、規約違反は信用を損ねる行為ですから、残債を返済するよう迫られても文句は言えません。

そのほかにもクレジットカードができなくなり、強制的に退会の処分を受けることになる可能性もあります。

現金化が原因でブラックリスト入りしてしまうと、今後クレジットカードを新たに作成するには、相当の時間が必要になることもあるのです。

アマゾンギフト券のルール

アマゾンギフト券は、利用規約で転売行為や現金化を禁止しています。

アマゾンギフト券はそもそも、プレゼントしたり自分で使うものなので転売や現金化は考えられていません。

規約違反になれば、アマゾンギフト券は無効になります。

不正取得と見なされれば、アカウントは凍結されて利用出来なくなる可能性もあります。

アマゾンギフト券現金化やクレジットカード現金化が違法となる時もあります。

それは、返済の意思がなく現金化をした場合に適用される詐欺罪です。

出資法違反になった現金化業者

現金化業者が逮捕
2011年、現金化業者が逮捕されました。この業者のやり方は現金化を希望するお客さんにクレジットカードで指定した商品を購入させて、カード会社から業者に支払われた代金から業者の取り分を引いた残りをお客さんに支払っていました。

クレジットカード現金化業者はの手法はだいたいこのような営業方法ですが、利息が高額だったため、警察から目をつけられてしまったのでしょう。10倍から20倍の利息があったそうです。

現金化業者が出資法違反に該当して逮捕されたのが上記のケースです。しかし、利用者が処罰の対象になったという話はまだ聞いたことがありません。利用者が訴えられるケースは別にあります。

詐欺罪で訴えられる可能性

クレジットカード現金化は法律違反ではありませんが、カード会社の規約違反に当たります。

クレジットカードを利用して購入したものを転売して現金化するというのは、本来の目的とは違う使い方です。

何度も違反行為をすれば、詐欺罪で訴えられる恐れがあります。一度に数百万単位の利用をしたり、限度を超える使い方をしているのならば注意して下さい。現金化は借金になりますから気を付けて利用して下さい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッピーチョイス編集局

ハッピーチョイス編集局では暮らしに役立つ情報をなるべくわかりやすくご紹介しています。大手の既存メディアでは、なかなか取り上げることの少ないコアな情報をいち早くお届けすることをモットーにしています!

-Amazonギフト券換金, 買取のコツ

Copyright© ハッピーチョイス / Happy Choice , 2019 All Rights Reserved.