睡眠

睡眠時無呼吸症候群とは?簡単にできるいびきの改善方法をご紹介します

更新日:

いびきをかく方は睡眠出来ている?詳しくご紹介

睡眠時無呼吸症候群は枕でも改善できます!

睡眠中にいびきを書いている方の多くが「睡眠時無呼吸症候群」の可能性があるそうです。

睡眠時無呼吸とは、寝ている間に一定期間呼吸が止まってしまうことを言います。

その原因は様々ですが、のどの気道が狭くなる状態になり、いびきをかいてしまいます。

十分な睡眠時間を取っていても、日中眠くなるような事が頻繁に起きている方は、快適な睡眠が取れていない可能性があるので、『睡眠時無呼吸症候群』を疑ってみる必要があるかもしれません。

この記事では、枕を利用した『いびきの改善方法』をご紹介します。

睡眠を妨げる原因の1ついびきは、適切な枕を利用することで大きく改善される可能性があります。

いびきに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

関連記事
睡眠無呼吸症候群 Wiki

睡眠時無呼吸症候群とは?

日中起きているときは、気道周辺の筋肉が活発になっているために無呼吸になったり呼吸が苦しくなるような症状が出ることはありませんが、睡眠時に、気道が様々な原因で閉塞して無呼吸になるのが『睡眠時無呼吸症候群』です。

大きないびきをしているからといって、全ての方が睡眠時無呼吸症候群とは言い切れず、適切な枕を利用することで症状がが改善されれば、睡眠無呼吸症候群の心配をする必要はありません。

睡眠中に睡眠時無呼吸症候群に襲われると、仕事中や、日中の活動の際に強い眠気に襲われ、集中力がなくなります。

よく報告されている症状は以下になります。

  • 目の痒み
  • 手足のだるさ
  • 指の震え

この睡眠時無呼吸症候群ですが、症状をお持ちの約9割の方が、閉塞性睡眠時無呼吸と言われるタイプです。

ダスキンお掃除カードの換金方法とは?
DUSKIN(ダスキン)ギフトカード 換金 | 利用方法・使い道・換金方法をご紹介

睡眠時無呼吸症候群を放置すると大変?

睡眠時無呼吸症候群の方が特に注意しなければならないのが寝ている時にいびきが苦しくて目を覚ますことがある方は、無意識に無呼吸状態になっていることがあり、放っておくと心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす危険性です。

呼吸が止まることは非常に危険な状態であることは説明の必要はないでしょう。

睡眠をしっかりとれていないと、判断力や記憶力が低下し、日常のパフォーマンスに影響がでて仕事の生産性が落ちてしまうこともあるでしょう。

しかし睡眠時無呼吸症候群は、症状が軽いうちは枕などを変えるだけで比較的簡単に改善することができるようです。

寝ている時の寝相によって、のどの気道が圧迫されているだけの場合は、枕を改善することで症状も改善できますが、枕で効果がない場合は、医者などで相談して詳しく知らベてもらう必要があります。

ころころ歯ブラシ
40年間以上、歯ブラシの開発に執念を燃やした人がいた! 累計出荷数60万本を超えた驚異の歯ブラシを開発した1人の男の物語!!

気道を確保し睡眠時無呼吸症候群を改善するなら枕が重要

気道を確保し睡眠時無呼吸症候群を改善したい方は、いびき専用枕を利用することです。

いびきを改善してくれる枕の特徴は、中央部分に頭がフイットする様にくぼみが作られていて、首を背後からサポートし、どんな寝相になっても気道を確保しやすくしてくれます。

最近、低反発枕が非常に良い枕として認知されていますが、高反発の枕でもウレタン素材を利用した枕も呼吸が確保されやすいものもあります。

抱き枕などで安眠効果を得るのも効果的?¥

寝つきの悪い人で、なかなかぐっすり寝る事が出来ないという方で精神的に不安定な方には『抱き枕』などを利用するのもおすすめです。

特にお勧めしたいのが、肌触りがよく、形状が抱き心地が良いと感じるサイズ感のものです。

枕に抱きつくことによって精神的な安心感が得られ、眠りにつきやすくなります。

脱毛おすすめサロン
脱毛サロンで人気のお店を更新!【つるつるお肌を実現】おすすめランキング

睡眠時無呼吸症候群とは?簡単にできるいびきの改善方法をご紹介します まとめ

今回の記事では、睡眠時無呼吸症候群の危険性や改善方法をご紹介しました。

人は、良質な睡眠がとれていると、毎日の仕事や勉強、家事がスムーズにはかどりますよね。

毎日のことなのでこの記事をご覧の方もお分かりだと思います。

慢性的に日中帯に眠くなったり、あくびが止まらないという方は、自分では睡眠をちゃんととっているつもりでも、実際は良い睡眠がとれていない可能性もあります。

自分のいびきで目が覚めるといった経験のある方は、いびきを改善する枕に替えてみたり、抱き枕を利用するなど、睡眠を見直す時期がきているのかもしれません。

太りすぎも大きな原因の1つと言われていますので適度な運動も心がけると良いかもしれません。

最後までご覧いただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッピーチョイス編集局

ハッピーチョイス編集局では暮らしに役立つ情報をなるべくわかりやすくご紹介しています。大手の既存メディアでは、なかなか取り上げることの少ないコアな情報をいち早くお届けすることをモットーにしています! ハッピーチョイスのツイッターもフォローお願いします!

-睡眠

Copyright© Happy Choice , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.