クレジットカード現金化

カード現金化の個人情報流出のリスクは?

更新日:

クレジットカード現金化は個人情報流出?

カード現金化を利用するときに個人情報の提出は必要ありません

必要な現金を手にするためにクレジットカード現金化というサービスを利用する方がいらっしゃいます。

結論から申し上げて換金率は『70%〜80%程度』なのでは計画を立てて利用する必要があります。

クレジットカード現金化業者を利用する場合、カード情報を伝えなくても使えるようになりました。

現金化業者に申し込みをする時に入力する個人情報には以下のような項目があります。

見出し(全角15文字)

  • 氏名
  • 連絡先
  • 住所
  • 必要な金額

これらの情報は、利用する現金化業者に伝える必要があります。

上記の情報を元に『クレジットカードの名義が本人であるかの確認を取るのが主な理由』です。

一部のクレジットカード現金化業者では、提供している個人情報を勝手に第三者の手に渡り、ダイレクトメールなどが大量に送られてくる場合もあります。

最近では一度利用したショッピンサイトから大量のメルマガ等が届くことは当たり前になりました。

有名なコミュニケーションアプリを利用しても交友関係やトーク内容は全て運営元に把握される設定になっています。(ご自身で変更可能)

クレジットカード現金化においても個人情報を入力しなければならないので、大量のメルマガや知らない業者からの連絡などは覚悟しなければならないでしょう。

個人情報の入力が少ない現金化業者は存在している?

個人情報の管理があまりしっかりできていない現金化業者の場合は、取得した個人情報をグループの現金化業者と共有したり売却して利益を得ようとするケースがあります。

売却された個人情報は、購入した関連業者で利用されダイレクトメールが届いたりすることが多くなります。

中には、提携している会社のダイレクトメールを勝手に送ってくるなど、グループの現金化業者全てからたくさんのメールが届いたりするケースもあるそうです。

利用した現金化業者からのキャンペーン情報やメルマガならまだしも、多くのグループ業者からのメールは歓迎できるものではありません。

現金化業者を利用する際に個人情報の入力がそれほど無い業者を選べば大丈夫?という考え方もあるでしょうが、ほとんどの現金化業者では利用者の個人情報の入力内容は変わりません。

どうしてもクレジットカード現金化を利用するのであれば、『勧誘のメールは送らないで欲しい』と伝えることが大切です。

勧誘のメールはどんどん送られてくるので、注意してください。

現金化業者の比較サイトでは、個人情報の扱いについては、あまり掲載されていないないようです。

『広告が送られる』のが困る方は、ご自身で現金化業者の担当者に伝えた方が効果はあります。

現金化後の対応も非常に重要に

クレジットカードの現金化を行った場合には、個人情報を相手業者に渡したまま、契約が完了します。

現金化業者は、個人情報をクレジットカードの確認作業のためだけに利用してすぐに削除するなど適切に管理しているところもあるようです。

ただ、一部の現金化業者がメルマガやキャンペーン内容の送信に利用します。

悪質な場合だと、ヤミ金業者から勧誘の電話がかかってくることもあります。

現金化が終わって、クレジットカードの返済の最中に「お金を借りませんか?」と変な電話がかかってきてもあまり相手にしない方が良いでしょう。

もしかしたら現金化業者がお金に困っている方々に向けて一斉にメール送信している場合もあります。

現金化業者はなんども利用してもらいたいと考えているため多くの勧誘がくる可能性があるので必要ない方はメルマガ配信停止や直接利用後の勧誘は必要ないとの旨をしっかり伝えておくことが大切です。

ショッピング枠現金化業者は営業年数で選ぶと比較的安心

ショッピング枠現金化業者は、年々増加傾向にあります。

現金化サービスに参入している業者が多い背景には、ショッピング枠を使って現金化を行う作業に、特に届け出などが必要ないからです。

多くの現金化業者が営業している中、ショッピング枠を使った現金化で安心感を得たいと思っている方は、まず最初に気にしていただきたいポイントがあります。

それは『営業年数の長いショッピング枠現金化業者を選ぶ』と比較的安心して取引出来るという点です。

新規参入の現金化業者よりも長く続けている現金化業者の方が安全

信頼性という部分を考えると、ショッピング枠現金化業界長く活動している現金化業者の方が安心できます。

ショッピング枠を現金化するサービスで多くの取引件数があり、健全に運営していることがわかるからです。

営業年数が短い場合は、トラブルが起きるのではないかと考えてしまいますが、長く経営をしている場合、トラブルの確率は下がりますから安心感が出てきます。

現金化業者によっては、ショッピング枠現金化で10年以上の運営実績を持っています。

長く実績を積んでいるということは利用している人の多さだけでなく、口コミによって高い評価を得ている可能性もあります。

信頼性で選ぶのであれば、なるべく新規参入のクレジットカード現金化業者よりも、多くの経験を持つ現金化業者の方が良いでしょう。

目安とされる営業年数はどれくらい?

まだ短期間の営業しかしていない現金化業者の場合は、何年この業界でショッピング枠現金化の営業をしているのかホームページに開示していない場合がほとんどです。ん。

目安として考えたい理想の営業年数は最低5年、長いところだと10年以上営業を続けている現金化業者も存在しています。

10年営業してれば、現金化業界では老舗と呼べます。

ただ『5年以上営業している現金化業者』であれば、問題なく利用できる現金化業者と判断できるでしょう。

3年未満の現金化業者は一度口コミや評判を確認した上で大丈夫そうだと判断した場合のみ利用すると良いかもしれません。

新規OPENから現在までの営業年数を計算できる現金化業者を探して、3年以上の実績がない場合には、どれだけ換金率の高くても初めての利用の場合は違う現金化業者を利用しても良いかもしれません。

長くショッピング枠現金化を行うと換金率も高くなる?

長くショッピング枠現金化業界で営業している業者は、換金率を高くしている傾向もあります。

換金率が高い現金化業者を利用することで多くの現金が手に入れられるので手数料などの悩みを抱えることもありません。

換金率を高くできる理由は、健全な運営を行っていることである程度余裕を持って営業できている点が挙げられます。

多くの資金を現金化業者が持っていることで、安定して経営が続けられるようになるので、手数料を多くとるようなリスクのある経営を続けていく必要がありません。

だからこそ、ショッピング枠現金化で高い換金率を実現しています。

急いでショッピング枠現金化業者を決めるなら絶対に意識したいポイントが1つだけあります まとめ

今回は、即日現金化が希望で、現金化業者をゆっくりと選べない方に、絶対に気にしたいポイントをご紹介しました。

営業年数の長い現金化業者を選ぶことで詐欺や無用なトラブルを避ける事ができますので、急いで現金化したいという方は、まずは『営業年数の長い現金化業者』を選んでみてはいかがでしょうか?

ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッピーチョイス編集局

ハッピーチョイス編集局では暮らしに役立つ情報をなるべくわかりやすくご紹介しています。大手の既存メディアでは、なかなか取り上げることの少ないコアな情報をいち早くお届けすることをモットーにしています!

-クレジットカード現金化

Copyright© ハッピーチョイス , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.