Amazonギフト券換金

【要注意】Amazonギフト券を不当に騙しとる詐欺事件で逮捕者が出ました | アマゾン 詐欺の手口を徹底解剖します

更新日:

Amazonギフト券の詐欺被害にフォーカス

Amazonギフト券を不当に騙し取る アマゾン詐欺被害 が多発しています 詐欺グループの手口とは?

2018/12/1、新たに「Amazonギフト券を利用した詐欺事件」で家宅捜索が入ったようです。

新聞各社の報道内容を要約してお伝えします。

事件は関東在住の女性に対しておこなわれました。

「有料動画サイトの登録料が未払いになっている、今すぐAmazonギフト券を利用してお支払いが必要です

という嘘の連絡をして『Amazonギフト券<約30万円相当をだまし取った疑い』で逮捕されたとのことです。 今回逮捕されたのは、Amazonギフト券を利用した詐欺グループのリーダー格とみられる人物で、このグループによるAmazonギフト券を利用した詐欺の『被害総額は6,000万円』を超えると言われています。

Yahoo知恵袋で詳細を確認
新たな詐欺被害が発生しましたYahooニュース【公式】ページより

なぜ Amazonギフト券 を悪用する詐欺事件が多発してしまうのか? アマギフ 詐欺の手口とは?


Amazonギフト券やiTunes ギフトカード、Google Play ギフトカードや、楽天ギフトカードはネット上のショッピングに利用できる非常に便利なギフト券です。

なぜ、Amazonギフト券が今回のような詐欺事件に利用されるのでしょうか?

詐欺グループはどのような手口で、Amazonギフト券 詐欺をおこなっているのでしょうか?

Amazonギフト券を利用したこのような詐欺事件は、Amazonギフト券のギフトコードを聞き出しアカウントに登録したり、買取に出してしまったりすることでお金をだまし取る「ギフト券詐欺」の手口です。

ギフト券詐欺の最大の特徴は、現金を騙し取る手口と違い「犯人の氏名や住所、利用経路などの特定が非常に難しい」という点が挙げられます。

詐欺集団は、ギフト券を利用した詐欺の方が現金を利用した詐欺と比べると逮捕されにくいと考えているのです。

詐欺グループからすれば、すべての電子ギフト券についているギフトコードを「不正に取得したAmazonのアカウント」に登録してしまえば、誰にも見られることなくお金をだまし取る事が出来ます。

当然、Amazonに問い合わせても個人の特定は非常に困難で、いくら警察とはいえ、詐欺集団を特定して逮捕するのは非常に困難になります。

また、Amazonギフト券はギフト券 買取サイトのような高額で現金化してくれる買取業者もあるので、Amazonギフト券などのギフトコードを、自分と特定されないIPアドレスから送信して換金してしまえば、簡単に口座に振り込ませることが出来るので証拠を残さず、お金をだまし取ることが出来ます。

買取に出したAmazonギフト券 買取サイトなどで確認できないのか?と思われるかもしれませんが、Amazonギフト券のギフトコードを売買する際には、詐欺フループは他人の免許証を使うため、なかなか犯人の特定は難しいようです。

また、振り込め詐欺が多発したことにより、銀行口座を凍結出来る「振込詐欺救済法」が出来たため、詐欺グループは口座に入金させる手口が難しくなったという理由で、Amazonギフト券のような本人と特定されにくいギフトコードで詐欺を行うようになりました。

このような利用から現金を振り込ませる振り込め詐欺の手口からAmazonギフト券のギフトコードを利用する手口に切り替えている詐欺グループが増えています。

このような被害にあった場合は、先ほどもお伝えしましたが、犯人の特定はかなり難しいので、被害に遭わないように注意するしかありません。

詐欺にはLINEなどのSNSがよく使われている

最初にご紹介した手口はオレオレ詐欺をするグループがよく使う手段として有名です。

グループ全体でだまし取った金額の総額も大きくなるため、被害総額が大きくなり警察の介入もありますが、私たちが気を付けなくてはいけないのがツイッターやラインといったSNSを利用した詐欺の手口です。

なぜ、SNSを利用した手口に注意が必要なのかをまとめました。

SNSの詐欺の手口

  • 知人のアカウントを乗っ取って詐欺をしてくる
  • SNSは匿名性が高く手口が巧妙
  • 被害金額が少額なため、泣き寝入りがほとんど

ご存じのようにSNSは非常に匿名性も高く偽名やなりすましの被害もたくさん報告されています。

著者の周りでもSNSのアカウントを乗っ取られてしまい、身に覚えのない広告がシェアされたり、勝手に友達申請を送られたり、スパムメールを飛ばされたりという被害を受けています。

Amazonギフト券の詐欺の手口はこうした不正に乗っ取りをしたアカウントを使ってAmazonギフト券を贈ってほしいといったようなやり取りをする詐欺の手口も存在しています。

ほかにも懸賞に当選したので先に懸賞への申込費用をAmazonギフト券で送ってほしいといっ手だまし取るようなものから、商品を格安で購入できると嘘の案内を送り、Amazonギフト券のコード番号のみを盗み取るような詐欺被害も多発しています。

ご覧のような詐欺の手口もだいぶ広まったので安心されている方も多いと思いますが、詐欺集団は日々、新しい手口を模索し実行に移しています。

今後もどんどん巧妙な詐欺の手口が出てくるでしょうから、十分に注意したいですね。

Amazonギフト券詐欺に遭わないために注意することは?

ここからはどのようにすればAmazonギフト券を不正に搾取するような被害に遭わないのか?

以下にまとめてみました。

注意 詐欺に遭わないためには?

  1. 人にギフトコードを教えない
  2. 覚えのない請求があった場合は身内に相談する

基本的に、Amazonギフト券をはじめ、電子ギフト券は自分のためのものです。

「ギフトコードを教えてほしい」というのは、「お金を下さい」と言われているのと、同義です。

絶対に人に教えないで下さい。

また、架空請求といった詐欺の手口への対処方法については、未払いのお金があると連絡が来ても、支払の払込用紙が届くまで待つなどすぐに支払うことを控えることは有効かもしれません。

大抵、請求がある場合は、振込用紙が届くので、Amazonギフト券や他の方法での支払請求は絶対にないと考えて問題ありません。

アダルトサイトの架空請求は自分が画面を見てしまった、振込詐欺は家族を装うといったそれぞれ巧妙な手口にはなっていますが、焦ってお金を支払うことはやめてまずは、誰かに相談することが無難です。

Amazonギフト券詐欺についての相談先

残念ながら、Amazonギフト券詐欺に遭っても警察が捜査してくれるケースは限られます。

支払った金額が返ってくることもほとんどないでしょう。

そんな時には国民生活センターに相談してください。怪しいと思う電話が来たら、お金を支払う前に必ず相談してください。

国民生活センターはこちら

関連記事
Amazonギフト券の詐欺の実態

実際にあったAmazonギフト券の詐欺被害(口コミ)

ここからは実際に詐欺にあった方々のネットの書き込みをご紹介します。

このようにリアルに被害にあわれた方が素早く口コミ投稿をしてくれることで、二次被害、三次被害が少しでもなくなるはずです。

Amazonギフト詐欺被害の口コミ

投稿者Aさん
インスタでAmazonギフト券の詐欺にあってしまいました。ジャニーズグッズとAmazonギフト券を交換というお話でお互いの名前と住所を交換したうえでAmazonギフト券を送りました。少ししても連絡がなく住所はでたらめでした。やり取りをしていたSNSアカウントは削除されています。せめてお金を返してほしいと思います。
投稿者Bさん
ツイッターでゲームのアカウントを2万円で売ってくれるというのでAmazonギフト券を送りましたが詐欺でした。DMでAmazonギフト券を送るように指示されたのですが、ツイッターのアカウントはなくなっていました。Amazonに連絡したところ取り返せるとのことですが、無理でしょうね。

Amazonギフト券を換金する行為は危険なのか?

詐欺をおこないAmazonギフト券を騙しとり換金するのはもちろん言語道断な行為です。

不正に取得されたAmazonギフト券は詐欺グループが直接転売したり、利用することもありますが、買取業者を通じて現金化されてました。

インターネット上には使わないAmazonギフト券を換金してくれるギフト券買取サイトという古物商の免許を取得した金券ショップがあります。

この記事をご覧の方でAmazonギフト券の換金をお考えの方もいらっしゃるかも知れません。

ギフト券買取サイトを利用すれば、確実に高い換金率で現金化することが出来ます。

詐欺グループがAmazonギフト券を不正に搾取しようとするもう1つの理由が、Amazonギフト券は高い買取率で換金できるからです。

Amazonギフト券の換金はネット買取を専門にしているAmazonギフト買取サイトを利用すると95%近い買取率でお金に換金することが出来ます。

万が一不要な電子ギフト券があれば金券ショップではなく買取サイトを利用すれば安全に換金することが出来ます。

そのため、一部の買取業者と詐欺グループが結託して不正取得したAmazonギフト券を買取して現金化していたのです。

Amazonギフト買取サイトは古物商の認可を受けた正規の店舗です。

Amazonギフト買取サイトの中には、詐欺グループのマネーロンダリングの片棒を担ぐような業者も存在しています。

しかし、Amazonギフト券を利用しなくなり、換金することは何ら違法性はありません。

Amazonギフト券を利用した詐欺行為が多発したことにより、Amazonギフト買取業者も対策をはじめ、カードタイプのAmazonギフト券のコードの買取をストップするなど、詐欺グループの資金源になるような行為を極力減らすような取り組みをしているお店もあります。

ご紹介する買取サイトは優良店ばかりですのでもし、Amazonギフト券を換金することに法的に疑問を感じていた方は安心してご利用いただいて問題ありません。

買取マンボウ

買取マンボウ

買取マンボウ 店舗情報

換金率 最大98%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業
振込スピード 60分
振込手数料 振込手数料0円(買取マンボウが負担)
備考 古物商許可番号:東京都公安委員会 第308841707262号

買取マンボウ 換金率一覧

ギフトカード 初回 2回目以降
Amazonギフト券 最大95% 75%〜
iTunesカード 最大95% 80%〜
Googleplayカード 最大95% 80%〜
Nintendoプリペイド 最大92% 75%〜
プレイステーションストアカード 最大92% 75%〜
楽天ギフトカード 最大95% 85%〜
nanacoギフトカード 最大95% 85%〜
WebMoneyギフトカード 最大93% 77%〜
Lineプリペイドカード 最大88% 70%〜
※換金率は日々変動しています詳しくは買取サイトのHPをご覧ください

買取マンボウの店舗レビューはこちら


ソクフリ

ソクフリ Amazonギフト券買取

ソクフリ 店舗情報

換金率 最大95%
営業時間 24時間営業
振込スピード 5分〜40分
振込手数料 振込手数料:無料〜最大154円
備考 古物商許可番号:大阪府公安委員会 第621150153419号

ソクフリ 換金率一覧

ギフトカード 初回 2回目以降
Amazonギフト券 最大95% 75%〜
iTunesカード 最大95% 80%〜
Googleplayカード 最大95% 80%〜
Nintendoプリペイド 最大92% 75%〜
プレイステーションストアカード 最大92% 75%〜
楽天ギフトカード 最大95% 85%〜
※換金率は日々変動しています詳しくはHPをご覧ください

ソクフリの店舗レビューはこちら


買取デラックス

買取デラックス Amazonギフト券換金

買取デラックス 店舗情報

換金率 最大95%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業
振込スピード 60分
振込手数料 振込手数料0円(買取デラックスが負担)
備考 古物商許可番号:東京都公安委員会 第308841707262号

買取デラックス 換金率一覧

ギフトカード 初回 2回目以降
Amazonギフト券 最大95% 75%〜
iTunesカード 最大95% 80%〜
Googleplayカード 最大94% 80%〜
Nintendoプリペイド 最大90% 75%〜
プレイステーションストアカード 最大90% 75%〜
楽天ギフトカード 最大90% 87%〜
nanacoギフトカード 最大95% 85%〜
WebMoneyギフトカード 最大90% 75%〜
Lineプリペイドカード 最大88% 70%〜
※換金率は日々変動しています詳しくは買取サイトのHPをご覧ください

買取デラックスの店舗レビューはこちら


ギフトグレース

ギフトグレース Amazonギフト券買取

ギフトグレース 店舗情報

換金率 最大95%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業(定休:日曜日0時〜月曜日8時)
振込スピード 特急プラン:30分~60分
通常プラン:2時間から5時間
翌日プラン:翌日
振込手数料 総額1万円以上の利用は振込手数料0円(ギフトグレースが負担) 総額9,999円以下の場合、振込手数料は一律216円
備考 古物商許可番号:東京都公安委員会 第304361307130号

ギフトグレース 換金率一覧

ギフトカード 初回 2回目以降
Amazonギフト券 最大95% 80%〜
iTunesカード 最大95% 80%〜
Googleplayカード 最大95% 80%〜
楽天ギフトカード 最大95% 85%〜
nanacoギフト 最大95% 85%〜
WebMoneyギフト 最大93% 80%〜
JCBプレモカード 最大93% 80%〜
※換金率は日々変動しています詳しくはHPをご覧ください

ギフトグレースの店舗レビューはこちら


バイカ (Buyca)

バイカ buyca

バイカ(Buyca) 店舗情報

換金率 最大95%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業
振込スピード 最速10分
振込手数料 無料
運営者情報 七福堂

バイカ(Buyca) 換金率一覧

ギフトカード 初回 2回目以降
Amazonギフト券 最大95% 80%〜
iTunesカード 最大92% 78%〜
※換金率は日々変動しています詳しくはHPをご覧ください

バイカの店舗レビューはこちら


買取本舗

買取本舗

買取本舗 店舗情報

換金率 最大95%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業
振込スピード 60分
振込手数料 振込手数料0円(買取本舗が負担)
備考 七福堂がサービスを運営

買取本舗 換金率一覧

ギフトカード 初回 2回目以降
Amazonギフト券 最大95% 80%〜
iTunesカード 最大95% 75%〜
※換金率は日々変動しています。詳しくは買取サイトのHPをご覧ください

【要注意】Amazonギフト券を不当に騙しとる詐欺事件で逮捕者が出ました | Amazonギフト券詐欺の手口を徹底解剖します まとめ

Amazonギフト券は、普通に利用すれば大変便利で価値のあるギフト券です。

しかしそれを悪用しようとする人は、どの時代にも必ずいます。

そのような被害に遭わないためにも、Amazonギフト券は自分の為にしか利用しないのが理想です。

どんな事があっても、人からギフト券コードを聞かれることは決してありません。

そんな時は真っ先に疑って下さい。

今後、国の政策でますます広がる電子マネー。

このような事件に巻き込まれないように十分に注意したいですね。

不要なAmazonギフト券を処分したいなら買取サイトがおすすめ

Amazonギフト券は非常に人気のギフト券で、もし換金したいとお考えの場合は、全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードと同じように買取業者、ギフト券 買取サイトで売却すれば、非常に高い換金率で買取してもらうことが出来ます。

しかし、街にある金券ショップやチケット販売店ではAmazonギフト券やnanacoギフトカード、楽天ポイントギフトカードのような電子ギフト券は買取不可のお店がほとんどです。

理由は、電子ギフト券はPOSAシステムという仕組みを利用しているため、金券ショップでは、ギフトカードが使用済みか未使用かといった判断が非常に難しいためです。

そのような事情から、電子ギフト券の買取はギフト券 買取サイトという電子ギフト券専門の金券ショップで行われています。

電子ギフト券買取専門のギフト券 買取サイトでは以下のようなギフト券を取り扱っています。

買取可能なギフト券

  • Amazonギフト券
    (最大94%)
  • nanacoギフトカード
    (最大92%)
  • 楽天ポイントギフトカード
    (最大91%)
  • WebMoneyギフトカード
    (最大88%)
  • iTunesカード
    (最大84%)
  • GooglePlayカード
    (最大84%)

買取してくれる電子ギフト券の種類はそれぞれのギフト券 買取サイトによって変わりますが、ハッピーチョイスがご紹介しているギフト券 買取サイトでは概ね上記の換金率を適用して買取してくれます。

ご覧の通り、Amazonギフト券やnanacoギフトカード、楽天ポイントギフトカードは非常に高い換金率を実現できます。WebMoneyギフトカードやiTunesカード、Googleplayカードは一見すると換金率が低いように見えますが、他の換金方法と比較すると非常に高い換金率になります。

電子ギフト券は利用する人によってはメリットを感じにくいギフト券もあるかもしれません。

万が一不要にお感じの電子ギフト券があればこれからご紹介する買取業者、ギフト券 買取サイトを利用して換金してみてはいかがでしょうか?

上記の最大換金率で現金したいのであればお勧めのギフト券 買取サイトをご紹介します。

ギフト券 買取サイトでは日々換金率が変更しています。いくつかのギフト券 買取サイトのHPを換金当日にご覧になって買取に出す買取業者をご検討いただくことがさらに高く換金する秘訣です。

参考にしていただければ幸いです。

Amazonギフト券を利用した詐欺事件に注意

ハッピーチョイスの記事の中でもこれまで、詐欺グループによる、Amazonギフト券を利用した詐欺行為が行われいることはご紹介させていただきました。

近年では、Amazonギフト券以外、iTunes ギフトカードやGoogle Play ギフトカードといった様々な電子ギフト券を不当に入手しようとする詐欺被害が多く警察に届けらています。

詐欺グループの手口は、料金未払いがあり、今すぐに支払いをしなければいけないというように、切羽詰まった状況に言葉巧みに誘導し、コンビニエンスストアや家電量販店でAmazonギフト券を利用して支払いするように要求してくるといった手口が多いようです。

このような詐欺行為に引っかからないためにも、Amazonギフト券をはじめとする電子ギフト券のギフトコードは絶対に人に教えないように注意して下さい。

Amazonギフト券のギフトコードを教えてしまった後に、被害に気付き、警察に被害届を出した後では、詐欺グループに教えてしまったギフト券は使われてしまっている可能性が非常に高いので、被害額が戻ってくる可能性は非常に低くなります。

現在のところ、Amazonギフト券を利用した詐欺被害の総額は20億円以上と言われています。

このような状況から、不正に入手された、Amazonギフト券のカードタイプの買取を控える買取業者も出てきています。

Amazonギフト券は換金性の高い商品券なので、詐欺グループに取っても非常に詐欺を行いやすいアイテムのようです。

このような被害に遭わないためにも、普段からご家族の方との連絡方法を工夫し、他人のなりすましに気をつけたり、公共料金や支払いに関しては、把握していないものについては支払いの用紙が届くまではすぐに支払わないなど、対策を取ることで未然に防ぐことが出来ます。

この記事をご覧の方も、ご自身は大丈夫だと思っていても、周りの方であまり知識のない方がそのような被害に逢う可能性は全くないとは言い切れません。

十分に注意して下さい。

詳しくはこちらをご覧ください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハッピーチョイス編集局

ハッピーチョイス編集局では暮らしに役立つ情報をなるべくわかりやすくご紹介しています。大手の既存メディアでは、なかなか取り上げることの少ないコアな情報をいち早くお届けすることをモットーにしています! ハッピーチョイスのツイッターもフォローお願いします!

-Amazonギフト券換金

Copyright© Happy Choice , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.